In カテゴリーなし, スポーツ・スポンサー, スポーツ・マーケティング

2021年のMotoGPがいよいよ開幕する。 私たちは、カタール・サーキットの輝くカーブの間で開催された2つのスリリングなレースを目撃し、2輪の最高峰クラスがポルトガルの初レースでヨーロッパにやってくることを楽しみにしている。

その45分間は、スタンドが空席でなければ、昨年からの出来事をすべて忘れることさえできた。 サーキットでの光景は、私たちに笑顔を取り戻させ、カーブに次ぐカーブ、オーバーテイクに次ぐオーバーテイクで高まる不安、動悸を感じさせてくれた。 これほど多くのドライバーが最終ラップまで接近し、ポジションの入れ替わり、加速、多かれ少なかれアグレッシブな手合わせ、そして最終コーナーまでの勝敗の行方がわからないような展開の連続を、私は見たことがない。 まさにスペクタクル。 まったく予期していなかった表彰台、非公式マシンで初優勝を目前としたルーキーの活躍は、MotoGPが予測不可能で、誰もが表彰台に上がる可能性のある、異なるレースを楽しめることを証明した。

見ていて楽しく、価値観の合うスポーツ

そしてこれが、MotoGPが投資に最適なスポーツプラットフォームである理由の一つであることは間違いない。 スペクタクル、情熱、スピード、アクション、テクノロジー、革新、研究、チームスピリット、細部へのこだわり、エネルギー、強さ、決意、粘り強さ、勇気、楽しさ、アドレナリン……などなど。

MotoGP チームにはライダー1人につき2台のマシンがあるが、2つの異なる作業チームがあり、チームオーダーはなく、ライダーは自分のためにレースをするが、チームはピットの両側のために働き、発展する。 そのため、MotoGPにアプローチするスポンサーは、2台のモーターサイクルの視認性から恩恵を受けると同時に、個々のライダーの特性に合わせてコミュニケーション内容を調整することができる。 この意味で、チャンスは非常に大きく、プラットフォームが提供するすべてを活用し、ブランドや企業に沿ったコンテンツを構築する創造性があればよい。 また、コース上で何が起こるかによって出番はたくさんある。自分がスポンサーになっているチームが勝つかもしれないし、表彰台を争うかもしれないし、あるいは悪いレースをするかもしれない。 それゆえ、勝利を祝うと同時に、努力、粘り強さ、決してあきらめない決意、再挑戦の意志、敗北の後に立ち上がる意志を評価することができる。 スポンサーシップを利用するために、必ずしも優勝チームに縛られる必要はない。サーキットでの結果は、ほとんど “付随的なもの “と見るべきだろう。

世界的な知名度、全レースをフォローする忠実な観衆、デジタル/ソーシャルメディアの成長

ブランドがMotoGPに投資すべきもうひとつの理由は、この種目が世界的な知名度を提供し、観客を惹きつけることだ。 200カ国以上でライブ信号が受信され、シーズン中に432以上の家庭が視聴し、22,000時間以上の放送が行われた。 MotoGPもまた“若い “プラットフォームであり、デジタルデータがそれをますます裏付けている。 全体のデジタル・プロフィールは、18~34歳が62%、34~54歳が28%。 MotoGPのウェブサイトは6ヶ国語に対応し、アプリとともに、ハイライト、記者会見、ドキュメンタリー、未公開コンテンツなど、さまざまな独自の独占コンテンツをユーザーに提供する。 これに関する興味深いデータがある:

  • 9700万セッション
  • 2600万人のユーザー
  • 2億9800万ページビュー
  • 3700万回の動画再生
  • 5億4600万分の視聴

ソーシャルメディアについてはどうだろう?

彼らは常に成長を続けており、MotoGPはスポーツ界におけるフィードバックの面でトップランクに位置している:

  • 20億インプレッション
  • 30億本の動画を視聴
  • 4億件の直接接触
  • 50億分表示
  • 3,000万人のソーシャルメディア・ファン

フェイスブックもMotoGPでリードしており、約1,400万人の「いいね!」を獲得、次いでインスタグラムが1,060万人のフォロワー、ユーチューブが405万人の登録者、ツイッターが270万人のフォロワー、TikTokが46万5,000人のフォロワーを獲得している。

LinkedInを通じて、パートナーが利用できる企業や舞台裏のコンテンツも共有される。

スタンドからの応援を熱望する忠実な観客は、特に購買意欲が旺盛である。

2020年シーズンは、ご存知のように世界的な大流行の影響を受け、スタンドや芝生で王者に声援を送る人々の姿を初めて見ることができなかった。 しかし、例年の数字を見る限り、ブランドがMotoGPに投資する際には、サーキットにいる観客も重要な要素であると考えざるを得ない。

2019年には286万人以上の観客がサーキットでレースを観戦したが、この数字は年々着実に増加している。 サーキット観戦者の70%以上が35歳以下で、80%が翌年も来場すると答え、65%がMotoGP関連商品を購入したことがあり、78%がMotoGP関連商品を購入する傾向があると回答している。 各レースでは、MotoGPパートナーやその他多くの企業が製品を販売・宣伝している商業エリアに一般の人々がアクセスすることができる。 これもまた、どのブランドにとっても、楽しさとエンターテインメントの文脈の中で、購買意欲の強い時期にターゲットとなるオーディエンスにアプローチするのに有効なツールである。

これらは、スポーツ・スポンサーシップを含むマーケティング・プランを定義する際に考慮され、慎重に評価されなければならない数字や情報である。 MotoGPにとって、若くて情熱的で、購買意欲の高い観客を獲得できる可能性があることは、大きなプラスであることは間違いない。

MotoGP VIPビレッジを通じたホスピタリティ・アクティビティ:忘れられない週末を体験できるまたとない機会

閉鎖的なイベントや社会的な距離が縮まる以前の数年間、ホスピタリティは常に、ゲストや従業員にユニークな体験をさせたいと考える顧客やパートナーが使用する特別なツールだった。 スタート地点の見えるテラスから練習やレースを観戦し、さまざまな特別サービスを受けることができる。 効果的なビジネス方法顧客との関係を強化し、あるいは単純に、顧客にとって忘れられない楽しい一日を体験してもらう。

それゆえ、MotoGPが電話会社、テクノロジー企業、テレビ局、エナジードリンクなど、さまざまな製品分野で世界有数の企業を巻き込むスポーツであることを理解するのは難しくない。 多くの企業が、このスポーツが提供する数え切れないほどの機会を目にし、ますますその可能性を高めている。

どのようなバイクに投資すべきか、もっと一般的に言えば、どのようなスポーツに投資すべきかについて、企業から問い合わせがあった場合、それは次のようなものである。 RTRスポーツマーケティング株式会社など。 スポーツ・マーケティング・エージェンシーそれは、それぞれの種目や選手権が提供する数、価値、機会に基づく市場の評価である。 私たちの中のファンに影響された直感的な選択ではなく、各ブランドが自ら設定した目標を達成するための戦略的アプローチなのだ。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Silvia Schweiger
Silvia Schweiger
ロンドンを拠点に25年以上モータースポーツを専門とするスポーツ・マーケティング会社、RTRスポーツ・マーケティング社のエグゼクティブ・マーケティング&コマーシャル担当アソシエイト・ディレクター。
Recent Posts

Leave a Comment

MotoGPが企業にとって投資するのに最適な環境である5つの理由, RTR Sports
sponsorship wheel