In フォーミュラ1, フォーミュラ1

F1史上最も偉大なドライバーの一人とされるアラン・プロストは4度のワールドタイトルを獲得し、1980年代から1990年代にかけて最も激しいライバル争いの主人公となった。 ラウダ、マンセル、セナとの忘れられない対決
セナ
レースの最もエキサイティングなページを書いた人たち。

マイナーフォーミュラの始まり

1955年生まれ。 フランスだ、 プロストは14歳でカートのキャリアをスタートさせ、1973年にはF1世界選手権とF1世界選手権で優勝した。 フランス・ジュニア選手権 その 世界ジュニア 1974年にはこのカテゴリーでフランスチャンピオンになった。 エリートだ。 1976年にシングルシーターに転向すると、すぐにフォーミュラ・ルノー・チャンピオンを獲得。 1978年、プロストはF3に参戦し、1979年にはフランスとヨーロッパの両選手権を制した。 ジャッキー・スチュワートが彼を「新しいジャッキー・イクス」と呼ぶほど、彼の才能は結晶のようだ。 1980年にマクラーレンでF1デビューを飾ったプロストはすぐにポイントを獲得するようになったが、マシンの競争力不足からルノーからのオファーを受け、1981年にルノーに移籍。 この年は奉献の年であり、彼は「リトル・ナポレオン」というニックネームを得る最初の成功を収めた。 さらに2勝を挙げ、最終順位は5位となった。 1982年と1983年、プロストは自分が第一級のスターであることを証明し、ルノーで合計6勝を挙げた。

アラン・プロスト

マクラーレンでの大ブレイクとラウダとの二刀流。 プロスト 1985年と1986年にマクラーレンでワールドチャンピオン

1984年、プロストはマクラーレンに復帰し、ニキ・ラウダとの壮絶な挑戦を開始した。
ニキ・ラウダ
. オーストリア人はハーフポイント差でタイトルを獲得した。 85年には役割が逆転し、ラウダが抱えていた数々の信頼性問題がプロスト初のワールドチャンピオンへの道を開いた。 ラウダ自身が「彼は私が会った中で最も完璧なドライバーだ」と強調したように、相互の尊敬からなる二元論である。 続く1986年にはチャンピオンに輝き、1987年には4位入賞を果たした。

セナとの伝説的なライバル関係 1989年、マクラーレンでワールドチャンピオンに輝いたプロスト

1988年にマクラーレンが アイルトン・セナを雇ったとき、F1史上最も情熱的なライバル関係が始まった。 この2人のチャンピオンは、レースに対するスタイルもアプローチも正反対で、ともにナイフを歯と歯の間に挟んでレースに臨んだ。 第1戦は1988年にF1世界選手権を制したセナが制した。 2人のスタードライバーの対決は1989年の日本GPでクライマックスを迎え、故意の接触でプロストがタイトルを手にした。 激しい口論があったにもかかわらず、セナはこう認めた。 同じ年、プロストは環境を変えることを決意し、ウォーキング厩舎を去った。

アラン・プロスト

フェラーリの経験と物議を醸した解雇

1990年、プロストはフェラーリの挑戦を受け入れ、マンセルとプロストのスターコンビが誕生した。 アランは5勝を挙げてランキング2位となったが、マラネッロ・チームとの関係は結果からは想像できないほど強固なものではなかった。 クライマックスは1991年末、不調のマシンのステアリングを握っていたプロストが、マラネッロの赤いマシンをローリーに例えた発言を理由にフェラーリを解雇されたときだった 1992年、プロストはリジェF1のテストとTF1のテレビ解説の合間を縫って1年間のサバティカルを過ごした。

アラン・プロスト

1993年、ウィリアムズでプロスト・ワールドチャンピオン

その後、1993年にウィリアムズで4度目のワールドタイトルを獲得し、F1ドライバーを引退した。

紛れもない記録とドライビング・スタイル

2つの異なるチームで51勝、106回の表彰台、4度の世界タイトルを獲得したプロストは、いくつかの記録を保持している。 コーナー間の流動的で効果的なスタイルから、彼は“プロフェッサー“と呼ばれた。まだセンスと即興の余地がたくさんあった時代に、彼はレース前にセットアップ、タイヤ、軌道を徹底的に研究した。 セナはおそらく、より才能があり、本能的で、心を込めて運転し、ミスを最小限に抑えた。マクラーレンのボスであるロン・デニスは、「彼らの才能のコンビネーションが我々を無敵にした。

プロスト・グランプリ厩舎の賭け

ドライバーからチーム監督へのステップアップは短く、プロストは新たな冒険に乗り出すことを決意。 すぐにリジェを引き継ぎ、名前を変えてプロスト・グランプリを創設し、1997年にF1デビューを飾った。 年間予算約1億円の野心的なプロジェクト。 トゥルーリ、パニス、アレジ、ハイドフェルドといった才能あるドライバーたちが表彰台を獲得したものの、勝利には恵まれなかった。 プロストは2001年にチームを売却しなければならなかったが、後悔はしていない。

アラン・プロスト

アイスレースの幕間

F1だけでなく、プロストは常にドライビングを愛し、そのひとつが アイスレースだった。 グリップのないサーキットで強力なレーシングカーを支配するという挑戦は、彼にとって新たな試練だった。

2003年にはアンドロス・トロフィー選手権に出場し、イヴァン・ミュラーに次ぐ2位、翌年は3位、2005年も2位だった。 2006年、プロストは再び表彰台の最下段に立ったが、2007年、アランはついにシリーズチャンピオンに 輝いた。その後、2009年、2010年、2011年と2位が続き、2012年には3度目の優勝を果たした。

彼の適応能力とスムーズなドライビングは、チャンピオン特有のドライビング・センシティビティのおかげで、グリップの低いコンディションでも優れたパフォーマンスを発揮することができた。 プロストにとって、この脱線は魅力的な挑戦であり、シングルシーターとはまったく異なる状況だったが、彼はそこで新たな刺激を見出した。 F1サーカスの外でも、ドライバーとしての彼の多才さをさらに証明した。

F1の技術開発に貢献したプロスト

ドライバーとしての才能に加え、プロストの過小評価されがちな点は、F1における技術革新への貢献である。 当初から科学的な思考を持ち、エンジニアと積極的に協力してマシンと戦略を改善した。 的確なフィードバックを与える彼の能力によって、エレクトロニクスや エアロダイナミクスなど、当時としては画期的なソリューションに磨きをかけることができた。プロストは、重量バランスから燃費まで、細部にまで気を配ることの重要性を理解していた。 マクラーレンが1980年代を席巻した完璧主義。 フェラーリでも、1990年にランキング2位を獲得したマシンを進化させるために決定的な意見を出した。

メディアとの複雑な関係

その才能は折り紙付きだが、プロストはしばしばマスコミと物議をかもした。 彼の冷淡さと理性は、情熱的なチャンピオンの期待にはそぐわなかった。 特にセナの直感力に比べれば。 しかし、時が経つにつれて、その人物の奥深さが浮かび上がってきた。 プロストは、大げさな宣言よりも具体性を重視した。 彼は言葉ではなく、丹念な仕事を信条としていた。 独創的で几帳面、即興性に乏しい。 時に誤解されてきたアプローチの多様性。

私生活と情熱

2度結婚し、4人の子供の父親でもあるプロストは、常にスポットライトから私生活を守ってきた。 テニス、スキー、セーリングに熱中し、引退後はサーキットを離れてこれらの情熱を育んできた。

ドライバー時代はプレイボーイとして有名だったが、レース場を離れると、ゴシップや社交から遠ざかり、何よりも家族のために身を捧げた。 私はどんな勝利よりも家族を大切にする男だ。

結論

アラン・プロストは4度のワールドチャンピオンに輝いただけでなく、マシンとレースの準備に細心の注意を払い、ドライビングに科学的なアプローチをとったことでも歴史に名を残すだろう。 ラウダ、マンセルセナといった強敵と最後まで戦い抜いたとき、その控えめなアプローチにもかかわらず、常に全力を尽くす強さを見出していた。その強靭な精神力と激しい競争心は、おそらく “プロフェッサー “というニックネームには似つかわしくないものだったのだろう。

結論として、 プロストのキャリアは、そのスポーツにおける功績と革新的なアプローチの両方において類まれなものであった。 彼の遺産は数字だけにとどまらない。偉大な技術力、合理性、先見性の模範である。 サーキットで勝利し、F1以外での再出発に成功したチャンピオン。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

アラン・プロスト、F1の “教授, RTR Sports
Haas formula 1