In フォーミュラ1, フォーミュラ1

1977年の設立以来40年以上にわたり、ウィリアムズF1チームはモータースポーツの最高峰カテゴリーで最も成功を収め、象徴的な存在となってきた。 現在までにウィリアムズが獲得したコンストラクターズチャンピオンは9回、ドライバーズチャンピオンは7回で、フェラーリに次ぐ歴代2位、マクラーレンに次ぐ歴代2位となっている。

驚くべきことに、ウィリアムズが獲得した7つのドライバーズタイトルのうち2つは、1980年の生意気なオーストラリア人ドライバー、アラン・ジョーンズと 1982年の冷静沈着なフィンランド人ドライバー、ケケ・ロズベルグというまったく異なるキャラクターによって、ほぼ連続したシーズンに獲得された。 サーキットの外では対照的な性格だったジョーンズとロズベルグだが、F1が混乱と転換期にあった時代に、弱小チームのウィリアムズで頂点を極めることができたという共通点がある。

アーリーキャリアの比較

ジョーンズとロズベルグが異なる道を歩んだ一方で
フォーミュラ1
への道を歩んだが、ふたりともドライビング・キャリアの初期に逆境に直面した。 ジョーンズは母国オーストラリアでミニとクーパーのレースからスタートした。若き日のジョーンズは1967年、名声を得るためにヨーロッパへと旅立ったが、フォーミュラ・フォードに乗る余裕すらないことに気づいた。 フォーミュラ・アトランティックやフォーミュラ5000のような下位フォーミュラでは、ミスを犯すアグレッシブなドライバーという評判を得ながら、なかなか印象を残すことができなかった。

ロズベルグはレーシングカートからフォーミュラVを経て F2に参戦したが、信頼性の低さと一貫性のなさが相まって上位に食い込むことはできず、1977年から1979年にかけて3勝を挙げるにとどまった。 ヨーロッパでの最初の数年間は、自分のカートをレースに運び、トランスポーターの荷台で生活していた。

ジョーンズと ロズベルグは不運なスタートを乗り越え、1975年に小さなヘスケス・チームからデビューし、ロズベルグは1978年にセオドア・フォードからF1に参戦した。 しかし、ウィリアムズでレースに勝てるマシンを手に入れ、大ブレイクを果たすまでには、さらに数シーズンの努力が必要だった。

1977年にシャドーの ジョーンズが7位、1980年にフィッティパルディの ロズベルグが10位だった。 しかし、フランク・ウィリアムズは彼らの生の速さを見抜き、ワールドチャンピオンに必要な要素である強力なマシンでそれに対抗した。

ロズバーグ

対照的なキャラクター

F1で頂点に立つまでのキャリアは似ているが、ジョーンズとロズベルグの性格はこれ以上ないほど異なっている。 このオーストラリア人は、ファンやライバルの間で意見が分かれるほどの大物だった。 彼は生意気で強気で、言葉を濁すよりも率直に自分の考えを言う傾向があった。

彼のドライビングスタイルは、アグレッシブで力強いという彼の性格と一致していた。 ジョーンズはすべてのコーナーでアタックを仕掛け、限界ぎりぎりまでマシンを奮い立たせた。 クルマが彼の好みに合えば、彼は瞬く間に速くなった。 しかし、セットアップが完璧でない場合、彼の最大限の攻撃アプローチがミスにつながることもあった。

対照的に、ロズベルグは“卑劣なフィンランド人ケケ “というニックネームを得た。 コースの外では控えめで思索的だったが、ハンドルを握ると驚くほど冷静で一貫していた。 彼の順応性の高さは最大の長所のひとつで、クルマの問題を回避し、あらゆるチャンスを最大限に生かすことができた。 ロズベルグはまた、ウェットコンディションの名手としても知られるようになった。

熱血漢のオーストラリア人と物静かなフィンランド人は、それぞれまったく異なるキャラクターを持ち、独自の方法でレースに臨んでいた。 対照的な性格を持つふたりだが、その共通の信念と内なる決意が、F1の頂点に立つことを可能にした。

ウィリアムズでの勝利

1980年代前半、フランク・ウィリアムズのチームでドライブしていたジョーンズとロズベルグは、F1で最も重要な要素であるスピードを兼ね備えていた。 1980年と1982年のウィリアムズのマシンは、技術的に最も先進的で洗練されていたわけではなかったが、その強力なコスワース・エンジンは、ふたりのドライバーのアグレッシブなドライビング・スタイルに完璧にマッチしていた。

ジョーンズは1980年、 カルロス・ロイテマンとともに5勝を挙げ、ウィリアムズ初のドライバーズ選手権を制覇。 ロイテマンに1周の差をつけて優勝した。 さらにアルゼンチン、フランス、イギリス、カナダでも勝利を収め、タイトルを手にした。

ロズベルグがチャンピオンに輝いたのは、そのわずか2年後の1982年だった。 フィンランド代表の今シーズンは、アメリカとベルギーで2位に入っただけで、あまり良いスタートを切ることができなかった……。 その後、スイスGPで1勝を挙げただけだったが、ロズベルグはウィリアムズの信頼性と燃費の良さのおかげでポイントを積み重ねた。 ラスベガスでの最終戦で5位に入り、タイトルを決めた。 ロズベルグを驚きのワールドチャンピオンに導いたのは、生のスピードではなく、一貫性だった。

つまり、ジョーンズが1シーズンの圧倒的なペースでライバルを圧倒したのに対し、ロズベルグのタイトルは、どんな形であれポイントを積み重ね続けるという不屈の決意の報いだったのだ。 アプローチは異なるが、どちらも最終的にドライバーの栄冠を手にするためには極めて効果的だ。

alan_jones_-_williams_fw07_at_rascasse_during_practice_for_the_1979_monaco_gp_49984746103

フォーミュラ1以外の人生

サーキットでの活躍だけでなく、ジョーンズとロズベルグはF1以外の趣味や活動を通じても有名人としての知名度を高めていった。 F1でのキャリアを通じて、オーストラリア人はプレイボーイのイメージを築き上げ、モデルと交際し、ヨーロッパのパーティーシーンで社交的だった。

ジョーンズは航空への情熱も追い求め、パイロット免許を取得し、エアレースにも出場した。 彼は「ハミング・バーズ」というスタント飛行チームを結成し、オーストラリア全土で公演を行った。 曲技飛行の危険な体験は、彼の行動力とアドレナリンの欲求に訴えるものだった。

対照的に、ロズベルグは商才と起業家精神を自負していた。 彼は自身のキャリアの中で、フィンランド人アスリートのためのタレントエージェンシーなどの会社を設立した。 ロズベルグは常にF1後のキャリアとプロフィールを見据えていた。

両ドライバーはサーキットで成功を収めながらも、サーキットの外でも興味や情熱を燃やす多面的なキャラクターだった。 ジョーンズはスリルを追い求めるプレイボーイのイメージを築き、ロズベルグは知性でビジネス界の信用を確立した。

F1後の人生

ドライビングの日々が終わると、ジョーンズとロズベルグはまったく異なるキャリアを歩むことになる。 オーストラリアに帰国した彼は、大好きな空を飛ぶことを追求し、有名な航空ショーのパイロットとなった。また、オーストラリアのテレビ局でF1の解説者としても成功を収め、率直な意見で視聴者を魅了した。

ロズベルグはチームオーナーとしての道を歩み、自身のチーム『チーム・ロズベルグ』を設立してスポーツカーレースに参戦している。 チームはDTMドイツ・ツーリングカーへと発展し、2003年と2004年には息子のニコ(ニコ自身も将来のF1チャンピオン)がF3でドライブした。 ケケは引退後、ウィリアムズとメルセデスのアンバサダーも務めた。

そのため、2人のワールド・チャンピオンは、それぞれの道でレースに関わり続けるセカンド・キャリアを築き、成功を収めた。 ジョーンズが放送を通じてメディア・パーソナリティとしての地位を築いたのに対し、ロズベルグは分析的なアプローチで自身のチームと息子をトップへと導いた。

永続的な遺産

ウィリアムズのジョーンズとロズベルグがチャンピオンに輝いたシーズンは、ともにF1史における分岐点となった瞬間だった。1980年のジョーンズのタイトルはウィリアムズにとって初めてのもので、新興の独立系チームがフェラーリやロータスといった伝統的な強豪チームに打ち勝つことができることを証明した。

1982年のロズベルグの勝利は、FISAとFOCAの抗争がF1を引き裂くという政治的混乱のなかでもたらされた。 彼の大逆転優勝は、メーカーを相手に成功を目指す小規模チームに希望を与えた。

ジョーンズとロズベルグはまた、F1で勝つためには伝統的なレース国に生まれなければならないという説を否定した。 オーストラリア人とフィンランド人がモータースポーツの最高峰を制覇したことで、中南米など新たな地平から未来のチャンピオンへの扉が開かれた。

アラン・ジョーンズとケケ・ロズベルグの最高の才能が、ウィリアムズ・チームのエンジニアリングの独創性と相まって、F1の未来を切り開くパイオニアとなったわけだ。 彼らの優勝は、頂点に到達するために巨額の予算や最高の血統は必要ないことを証明した。

最終サマリー

1980年と1982年、ウィリアムズはアラン・ジョーンズとケケ・ロズベルグというまったく異なる個性を持つ2人のドライバーを擁してワールドチャンピオンに輝いた。 オーストラリア人選手とフィンランド人選手は、コース上では対照的なアプローチをとったが、究極の賞を獲得するために必要な決意と信念は共有していた。

二人とも、天賦の才能と接骨精神で、下部組織での難しいスタートを乗り越えた。 彼らのアグレッシブさと一貫性は、それぞれタイトルを獲得したシーズンのコスワースエンジンを搭載したウィリアムズのマシンに完璧な出口を見出した。

ジョーンズは航空に、ロズベルグはビジネスに情熱を燃やし、ふたりはサーキットを離れて幅広い活動を展開した。 そして引退後も、放送局や球団オーナーとして、彼らは自分たちが飾ったスポーツとの関わりを続けることができた。

歴史的なタイトル獲得によって、ジョーンズとロズベルグはF1の未来への扉を開いた。 彼らは、どのような経歴のドライバーでも頂点を目指せること、小さな独立チームが大きな組織に打ち勝つことができることを証明した。 この先駆的な遺産は、オーストラリア人とフィンランド人がウィリアムズの偉大な2人のチャンピオンであり続けることを意味する。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

ウィリアムズの勝者たちアラン・ジョーンズとケケ・ロズベルグがF1を制覇, RTR Sports
ウィリアムズの勝者たちアラン・ジョーンズとケケ・ロズベルグがF1を制覇, RTR Sports