In フォーミュラE, フォーミュラE


フォーミュラE
は、近年人気を集めている比較的新しいモータースポーツだ。 持続可能性と電力を重視し、多くのファンやスポンサーを魅了している。 フォーミュラEのスポンサーになることに興味があるなら、いくらかかるのか気になるだろう。 この記事では、フォーミュラEで利用可能なさまざまなレベルのスポンサーシップと、それらに関連する費用について見ていこう。

フォーミュラEスポンサーシップ

フォーミュラEのスポンサーの重要性

スポンサーシップの具体的なコストに踏み込む前に、フォーミュラEとは何か、なぜこれほど注目を集めているのかを理解することが重要だ。
フォーミュラE
は、2014年にスタートしたシングルシーターの電気自動車レース選手権である。 ガソリンエンジンに頼る従来のモータースポーツとは異なり、フォーミュラEマシンは電気モーターを搭載し、充電式バッテリーを使用する。 同シリーズは国際自動車連盟(FIA)公認で、世界主要都市のストリートサーキットで開催される一連のレースで構成されている。

フォーミュラEの人気は、その持続可能性と環境への責任に重点を置いていることにも起因している。 電力と持続可能な技術を推進することで、フォーミュラEは気候変動との闘いにおけるリーダーとしての地位を確立している。 加えて、このシリーズにはBMW、アウディジャガーなど、知名度の高いスポンサーが多数ついている。

では、フォーミュラEで利用可能なさまざまなレベルのスポンサーシップと、それらに関連する費用を見てみよう。

チームスポンサー

フォーミュラEで最も一般的なスポンサーシップは チームスポンサーシップである。 チームは通常、個人投資家や自動車メーカーが所有し、定期的に選手権に参戦している。 チームスポンサーのロゴは、マシンやチームウェア、そしてチームに関連する販促物に目立つように表示される。

フォーミュラEにおけるチーム・スポンサーの費用は、希望する露出度や関与の度合いによって大きく異なる。 低額なものでは、小規模なスポンサーシップ・パッケージで1シーズンあたり100万ドル(約1億円)程度。これには通常、マシンやチームウェアへのブランディングのほか、チームのガレージやパドックエリアへの立ち入りといったホスピタリティも含まれる。 ハイエンドになると、メジャーチームのスポンサーは、独占的なブランディング、VIPホスピタリティ、その他の特典を含む包括的なパッケージのために、1シーズンあたり1500万ドル以上を支払うこともある

レース・タイトル・スポンサー

フォーミュラEで利用可能なもうひとつのレベルのスポンサーシップは、レースタイトルのスポンサーシップである。 これは、ベルリンE-PrixやニューヨークE-Prixなど、選手権カレンダーの特定のレースをスポンサーすることである。 レース・タイトル・スポンサーは通常、そのロゴをレースに関連するすべての販促物や、レース週末のマシンやチームウェアに目立つように表示する。

フォーミュラEのレースタイトルスポンサーシップにかかる費用も、希望する露出度や関与の度合いによって大きく異なる。 大手のレースタイトルスポンサーであれば、独占的なブランディングやホスピタリティ、その他の特典を含む 包括的なパッケージに200万ドル以上を支払うこともある。 これには通常、レースに関連するすべての販促物へのブランド掲載、VIPラウンジへのアクセス、ピットレーンウォークなどが含まれる。

チャンピオンシップ・スポンサーシップ

フォーミュラEの最高レベルのスポンサーシップはチャンピオンシップスポンサーシップである。 これは、チャンピオンシップ全体のスポンサーとなり、シリーズ全体にブランドを関連付けることを意味する。 チャンピオンシップのスポンサーは通常、そのロゴをチャンピオンシップに関連するすべての販促物や、シーズンを通してマシンやチームウェアに大きく表示する。

フォーミュラEのチャンピオンシップ・スポンサーの費用は、一般的にどのスポンサーシップ・レベルよりも高い。 小規模な選手権スポンサーシップの場合、1シーズンあたり500万ドル(約6億円)ほどが相場だ。これには通常、チャンピオンシップに関連するすべての販促物へのブランディング、VIPラウンジへのアクセスやピットレーンウォークなどのホスピタリティ特典が含まれる。 ハイエンドになると、主要なチャンピオンシップのスポンサーは、独占的なブランディング、VIPホスピタリティ、その他の特典を含む包括的なパッケージのために、シーズンあたり2000万ドル以上を支払うかもしれない

上記の費用は概算であり、スポンサーとなる特定のチームやレース、希望する露出度や関与の度合い、スポンサーの交渉力など、さまざまな要因によって大きく変動する可能性があることは注目に値する。 さらに、アクティベーション・コスト(スポンサーシップを促進するためのマーケティングやプロモーション活動を実施するためのコスト)やプロダクション・コスト(ブランデッド・マテリアルを作成するためのコスト)など、スポンサーシップに関連する追加コストが発生する場合もある。

高額になる可能性のあるスポンサーシップにもかかわらず、フォーミュラEはこれまで数多くの有名スポンサーを集めてきた。 BMW、アウディジャガーのほか、ABB、DHL、ハイネケンミシュランなどがスポンサーとなっている。 これらのスポンサーは、持続可能性と革新性を促進するシリーズに自社ブランドを関連付けることの価値を認識しており、ブランド認知度、顧客エンゲージメント、売上の増加という点で、投資に見合うプラスのリターンを得ている。

フォーミュラEは、従来のスポンサーシップに加え、ブランドがシリーズに参加するためのさまざまな方法を提供している。 これらには以下が含まれる:

  • 公式サプライヤー:ブランドは、シリーズの運営に不可欠な商品やサービスを提供することで、フォーミュラEの公式サプライヤーとなることができる。 例えば、ミシュランはフォーミュラEの公式タイヤサプライヤーであり、ABBは公式充電パートナーである。
  • イノベーション・パートナー:各ブランドはフォーミュラEと提携し、シリーズやその先に応用可能な新技術やイノベーションの開発を支援することができる。 例えば、ジャガーはフォーミュラEと提携して新しい電動パワートレイン技術を開発し、現在ではその技術を市販車に採用している。
  • サステナビリティ・パートナーブランドはフォーミュラEと提携し、持続可能性と環境責任を促進することができる。 例えば、DHLはフォーミュラEのオフィシャルロジスティクスパートナーであり、持続可能なロジスティクスを実践することで、同シリーズのカーボンフットプリントの削減に貢献している。

結論として

結論として、フォーミュラEのスポンサーになることは大きな投資となり得るが、持続可能性と革新性において先頭を走るこのシリーズと関係を持つことは、ブランドにとってまたとないチャンスとなる。 スポンサーシップにかかる費用は、希望する露出度や関与の度合いによって大きく異なるが、従来のチームやレースのタイトルスポンサー以外にも、ブランドが利用できる機会は数多くある。 適切なアプローチと戦略さえあれば、フォーミュラEのスポンサーになることは、ブランド認知度とエンゲージメントの向上という点で大きな利益をもたらす、価値ある投資となりうる。

フォーミュラEスポンサーシップのエキサイティングな世界をナビゲートする方法について詳しくお知りになりたい方は、今すぐRTRスポーツマーケティングにご連絡いただくか、info@rtrsports.comまでメッセージをお送りください。

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

フォーミュラEのスポンサー費用, RTR Sports