In スポーツ・マーケティング, フォーミュラ1

ペトロナス – メルセデスF1:スポンサー契約から素晴らしいパートナーシップを生み出す

ペトロナスとメルセデスのパートナーシップは、スポンサーシップが最大限の報酬を得るためにはパートナーシップにならなければならないという事実を示す完璧な例である。 両ブランドはそれぞれの分野で互いの勝利に貢献してきた。

ペトロナスは2010年にメルセデスAMGフォーミュラ1チームのタイトルパートナー兼テクニカルパートナーとなった。 その結果、メルセデスAMGペトロナスF1チームとして知られるようになった。 エネルギーとソリューションの世界的企業である同社は、ネット・ゼロ・カーボンの目標を共有している。
フォーミュラ1
– このパートナーシップはごく自然なものだ。 しかし、ペトロナスとメルセデスの提携がこれほどの成功を収めるとは誰も予想していなかっただろう。

マレーシアの石油会社の専門知識と革新性により、メルセデスAMG F1チームはコンストラクターズ選手権で8連覇(2014~2021年)、ドライバーズ選手権で7連覇(2014~2020年)を達成した。 サーキットでの成功がパートナーシップの成功を確信させるのに十分でないなら、年俸7500万ドルの新たな契約延長がそうさせるのかもしれない。 2026年まで続くこの新しい契約は、2つのブランドが共に仕事をすることにいかに満足しているかを証明している。

彼らの成功は、スポンサーシップが機能するための鍵、つまりスポンサーシップをパートナーシップへと進化させる必要があることを浮き彫りにした。 メルセデスAMGペトロナスF1チームのCEOであるトト・ヴォルフは、「チームとペトロナスはもはや単なるパートナーではなく、家族であり、これから先もずっとひとつのチームであり続けるだろう」と語った。

ペトロナスもまた、二酸化炭素排出量削減を目指すメルセデスをサポートすることを約束しており、この友情がすぐに終わることはなさそうだ。 彼らはより持続可能な燃料の開発に取り組んでいる。 このパートナーシップの全特徴をご覧いただき、ペトロナスがなぜメルセデスのスポンサーになることを決めたのかをお確かめください。

ペトロナスF1スポンサーシップ

ペトロナスの利益は?

2010年にメルセデスと提携するまでは、ペトロナスは決して小さな会社ではなかった。 マレーシアを拠点とする同国最大の企業体であり、古くから東南アジア全域で最大級の企業である。 マレーシアのすべてのガスと石油資源を支配し、35カ国で事業を展開している。 会社の大きさは、マレーシアのクアラルンプールにある象徴的なペトロナス・タワーの高さ1,438フィート(451.9メートル)に象徴される! しかし、ペトロナスの支配力は東南アジアに限られていた。 メルセデスは、ペトロナスが世界市場に参入するための車であり、彼らは確かにスタイリッシュに参入した。

ペトロナスは、トップF1チームのスポンサーとしてのメリットを享受している。 F1は世界で最も急成長しているスポーツのひとつであり、「F1が生き残るための原動力」のようなマーケティング・イニシアティブのおかげでもある。
ドライブ・トゥ・サヴァイブ
Netflixの『Drive to Survive』シリーズのようなマーケティング・イニシアチブのおかげで、F1そのものが世界的なブランドになっている。 ペトロナスがこのスポーツの最大手チームのスポンサーであることを考えれば、もちろん彼らはこの成長によってもたらされる報酬を享受している。

F1レースを観戦する際、メルセデスのマシンやドライバーのギアにペトロナスのロゴを見ないわけにはいかない。 F1参戦を正当化するために2016年に発表された数字が示すように、これはブランドの世界的な露出を大きく増加させた。 ペトロナスの報告書によると、2015年のF1シーズン中、彼らは9億108万ドルの世界的なメディア露出を獲得した。 この数字は、F1レースと、YouTubeやテレビのハイライト番組など、レース当日にまつわるすべてのメディアにおけるブランドの知名度を測るものだ。 この10億ドル近い数字は、メディアへの露出が2012年から2015年にかけて400%増加したことを意味し、F1最大の石油・ガス会社となった。

わずか3年でこれだけの成長を遂げたことは、ペトロナスにとって予想外の驚きであり、スポーツ・スポンサーの力を証明するものだ。 2010年に結ばれた契約は年間3,000万ドルだったが、今回の契約は年間7,500万ドルに上るという! (フォーブス誌による)

メルセデスと提携するメリットは、技術的なレベルにまで及ぶ。 ペトロナスとのパートナーシップは、単にメルセデスのマシンにロゴを貼るだけでなく、チームのテクニカル・パートナーでもある。 つまり、燃料やその他のクルマのスペックを提供するということだ。 このことがペトロナスにどのようなメリットをもたらすのか疑問に思う人もいるかもしれないが……そう、レーストラックは本質的に、より効率的な燃料と潤滑油の実験場になったのだ。 石油会社にとって、研究開発を行うのにこれ以上の環境はないだろう。

ペトロナスF1スポンサーシップ

ペトロナスのスポンサーシップでメルセデスは何を得たか

すべてのスポーツ・スポンサーシップは、スポーツ・チーム/アスリートに経済的な利益をもたらします。 一般的なスポンサーシップでは、チームが多額の資金と引き換えにブランドのロゴを身につけるものだが、ペトロナスとメルセデスのパートナーシップはユニークだ。 ペトロナスはメルセデスにとって単なるスポンサーではなく、チームの一員であり、2010年代の支配に大きな役割を果たした。 テクニカル・パートナーとして、彼らはチームにフルイド・テクノロジー・ソリューション–最も効果的な燃料と潤滑油–を提供してきた。

メルセデスAMGペトロナスF1チームの8年連続コンストラクターズチャンピオン獲得は、彼らの力によるものだ。 2014年から2021年にかけてのこのような支配は、F1ではかつてなかったことであり、この同じ期間にメルセデスAMGのドライバーがドライバーズ世界選手権を7回制覇している。 チームのメインドライバーであり、F1のアイコン的存在であるルイス・ハミルトンが ミハエル・シューマッハの持つ7度のワールドチャンピオン獲得という記録に並んだことで、この成功はさらに大きなものとなった。 ペトロナスとメルセデスはサーキットでともに歴史を刻んできたと言っても過言ではない。

ペトロナスはまた、気候変動問題が深刻化する中、より持続可能な社会を目指すメルセデスの姿勢にも賛同している。昨年、彼らは2026年に期限を迎える契約の早期延長を発表しており、新F1レギュレーションが施行された際には、100%持続可能な燃料を目指して協力することになる。 これに加え、F1全体がネット・ゼロの未来に向け、新しいエンジンレギュレーションではマシンのパワーユニットの50%が電動化される。 今回の早期契約延長は、F1が進化を遂げるこれからの時期を通じて、パートナー同士が互いに協力し合うことを望んでいることを示すものだ。

ペトロナスとメルセデスは、スポーツ・スポンサーシップを最大限に活用しようとするブランドにとって手本となるべき存在だ。 2010年以来、ペトロナスとの関係は、信頼、誠実さ、野心の共有という真のパートナーシップの価値観の上に築かれている」とトト・ヴォルフは語った。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Recent Posts

Leave a Comment

ペトロナスとメルセデスのF1スポンサーシップ:スポンサー契約から素晴らしいパートナーシップを生み出す, RTR Sports
ペトロナスとメルセデスのF1スポンサーシップ:スポンサー契約から素晴らしいパートナーシップを生み出す, RTR Sports