In MotoGP

ジェームス・ハントは1976年にワールドチャンピオンに輝いた象徴的なF1ドライバーである。 不遜な性格、超高速ドライビングの腕前、そして享楽的なライフスタイルへの愛で知られていた。

ハントはまさに時代の象徴であり、スポーツ史上最も危険な時期のひとつを走っていた。 若い頃から早すぎる死まで、ハントの人生は山あり谷ありで、F1史上最もエンターテインメント性が高く、魅惑的なドライバーのひとりとしてその遺産を確固たるものにした。

1947年、イギリスのサリー州に生まれたハントは、モータースポーツへの情熱とともに育った。 父親は実業家として成功し、ハントもその跡を継ぐことを期待されていた。 しかし、彼には別の計画があった。 彼は学校を中退し、レーシングドライバーになる夢を追い求めた。 初めてハンドルを握ったのは1966年のヒルクライムでミニに乗ったときで、そこからレースへの思いは募るばかりだった。

ハントがモータースポーツに参戦した当初は、クラッシュや災難に見舞われた しかし、成功への決意は固く、1973年にはヘスケス・レーシングのドライバーになった。 それは止まらない上昇の始まりだった。

ジェームス・ハント

ハントはすぐに、スポーツの危険に対して淡々とした態度、そして大胆不敵な姿勢で評判になった。 彼は大酒を飲み、タバコを吸い、夜遅くまでパーティーをすることで知られていたが、トラック外での悪ふざけがトラックでの成功の妨げになることはなかった。 可能な限り速く走り、勝つために必要な限りリスクを冒す。

1975年、ハントはマクラーレンに移籍し、オーストリア人ドライバーのニキ・ラウダと伝説的なライバル関係を築いた。 ふたりは正反対で、ハントはのんびりとしたパーティー好きで、ラウダは几帳面で真面目なテクニシャンだった。 両者のライバル関係は1976年シーズンに頂点に達し、F1史上最も偉大なシーズンのひとつとして歴史に刻まれることになる。

勝利と論争

1976年のイギリスGPは7月18日、ブランズハッチで開催された。 76周で争われたF1第9戦。 ジェームス・ハントは第1コーナーでクラッシュに巻き込まれ、赤旗が提示された。 ハントはダメージを負ったマシンをピットに戻したが、コースを1周する代わりにクーパー・ストレートのスリップロードを走った。 スチュワードによると、ハントは赤旗が提示されたときにコース外にいたため、再スタートは認められなかったという。

このニュースはイギリスの観衆の怒りを買い、ハントの名前を大合唱した。観衆のトラブルを恐れたスチュワードは、ハントの再スタートへの参加を認めると発表した。 ハントは見事に復活レースを制した。 レース直後、フェラーリ、ティレル、フィッティパルディの各チームはハントのマシンが含まれていることに抗議した。 大会から2カ月後の9月、ハントの失格が決定し、ニキ・ラウダが優勝した。

ジェームス・ハント

 

1976年のシーズンは悲劇に見舞われ、多くのドライバーが事故で命を落とした。 しかし、このシーズンはハントのワールドチャンピオンとしてのレガシーを確固たるものにしたシーズンでもあった。

1976年、ハントの最大のライバルだったニキ・ラウダは、ドイツのニュルブルクリンクで命を落としかねないアクシデントに見舞われた。 ラウダは重傷を負い、重度の火傷を負ったが、モンツァで開催されたイタリアGPで思わぬ復活を遂げた。 ハントはラウダと3ポイント差で最終戦の日本GPを迎えた。

レースは豪雨の中で行われ、ラウダは身の危険を感じてわずか2周でリタイア。ハントは3位でフィニッシュし、1ポイント差でチャンピオンに輝いた。

ハントのチャンピオン獲得は、彼の粘り強さとドライバーとしての技術の高さを証明するものだった。 彼は困難を乗り越えて世界チャンピオンになり、その不遜な性格は多くのファンを魅了した。 しかし、彼の成功は長くは続かなかった。1979年にF1から引退し、レース後の数年間は個人的な苦悩と健康問題に悩まされた。 1993年、45歳で死去。

ジェームス・ハントのレース映像へのリンクです。

オフ・ザ・トラックでの生活

サーキットを離れたハントの人生は、個人的な苦悩に彩られていた。 アルコール依存症とうつ病に苦しみ、人間関係はしばしば波乱に満ちていた。 1983年、ハントは肝臓に転移した膵臓がんと診断された。 彼は治療を受けたが、1993年6月15日、残念ながら45歳でこの世を去った。

ハントの早すぎる死はモータースポーツ界に衝撃を与え、興奮と冒険に満ちた人生の悲劇的な幕引きとなった。 しかし、レーシングドライバーとしての彼の遺産は、新しい世代のファンにインスピレーションを与え続けている。 スポーツに対する彼の異端的なアプローチと不遜な性格は世界中のファンを魅了し、1976年のチャンピオン獲得はF1史上最高の瞬間のひとつとなっている。 レースの場でも場外でも見せるその大らかな性格で知られる、まさに時代の象徴だった。 彼はF1史上、最も魅惑的で面白いドライバーのひとりとして永遠に記憶されるだろう。

トラックでの成功に加え、ハントはコメンテーターや放送キャスターとしてもインパクトを残した。 引退後はBBCのコメンテーターとしてレースを分析し、モータースポーツの世界についての見識を広めた。 ウィットとユーモアで知られ、彼の解説はいつも楽しく、ためになるものだった。

彼の遺産は、型破りで不遜なアプローチが時として偉大さにつながることを思い出させてくれる。

ジェームス・ハントキャリア

ジェームス・ハントのF1でのキャリアは1973年から1979年まで。 この間、ヘスケス・レーシングマクラーレンウルフ・レーシングなど複数のチームでレースに参戦。 以下は彼のシーズンの内訳である:

  • 1973年:ハントがヘスケス・レーシングからF1デビュー。 14レースに出場し、そのうち6レースでトップ6に入った。 ランキング8位でシーズンを終えた。
  • 1974年:ハントはヘスケス・レーシングのドライバーを続け、1974年のレース・オブ・チャンピオンズでF1初勝利を挙げる。 ランキング3位でシーズンを終えた。
  • 1975:マクラーレンに移籍したハントは2勝を挙げ、ニキ・ラウダに次ぐランキング2位でシーズンを終えた。
  • 1976:1976年シーズンはハントにとって決定的なシーズンとなった。 そのシーズンは6勝を挙げ、そのうちの1勝はシーズン終盤の日本GPでの優勝だった。
  • 1977年:ハントがマクラーレンに移籍した1977年は、リタイアとクラッシュの連続だった。 ランキング5位でシーズンを終えた。
  • 1978年:ハントはウルフ・レーシングに移籍。 どのレースでもトップ3に入ることができず、苦しいシーズンを送った。
  • 1979年:ハントのF1最後のシーズンはウルフ・レーシングチームに所属。 モチベーションの欠如を理由にモナコGPを最後に引退した。

映画の中のハント

ジェームス・ハントの技術と個性を紹介する素晴らしい映画、写真、ビデオがたくさんある。 いくつか例を挙げよう:

  • 「ラッシュ』(2013年):1976年シーズンのジェームス・ハントとニキ・ラウダのライバル関係を描いた伝記映画。 信じられないようなレースシーンがいくつも登場し、コース外でのハントの性格も垣間見ることができる。
  • 「ジェームス・ハント-夏から来た少年』:このドキュメンタリーは、ハントの幼少期から死に至るまでの人生を詳細に描いている。 家族、友人、同僚へのインタビューも含まれている。

 


写真、上から下へ:

  • ジェームス・ハント、1977年スウェーデンGPの前に行われたカンファレンスにて(Uploader’s Father, digitalized and modified by Mr.choppers, Creative Commons 表示 – 継承 3.0
  • 1976年イギリスGPで喜ぶジェームス・ハント, Martin Lee, Creative Commons Attribution-Share Alike 2.0
  • ジェームス・ハント(ヘスケス・マーチ308、ブランズハッチ・ピットレーン、シモニーズ・デイリー・メール・レース・オブ・チャンピオンズ、イギリス、1974年), Gillfoto from Juneau, Alaska, United States, Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0
Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

ジェームス・ハント:F1最速のヒッピー, RTR Sports
ジェームス・ハント:F1最速のヒッピー, RTR Sports