In フォーミュラ1, フォーミュラ1

スピードの帝王、アイルトン・セナ

完璧を追い求めたセナは、最も有名なドライバーの一人となった。
フォーミュラ・ワン
そのドライバーは、ステアリングを握る技術だけでなく、その人柄や大義への揺るぎないコミットメントでも称賛された。 セナは、1988年、1990年、1991年に3度のF1世界選手権を制覇した傑出したドライバーであっただけでなく、サーキットの内外で自身のキャリアに取り組んだカリスマ性と激しさでも記憶されている。 世界的な人気でF1の発展に大きく貢献した特別な人物。

アイルトン・セナ・ダ・シルバは1960年3月21日、ブラジルの裕福な家庭にサンパウロで生まれた。 実業家のミルトン・ダ・シルバと妻のネイデ・セナ・ダ・シルバの息子である。 両親は裕福で、最高の教育を受ける余裕があった。

カート、すべての始まり

4歳のときに初めてカートを手にしたアイルトンは、すぐに父親が自宅に練習用のコースを作り、腕を磨いた。

13歳で母国ブラジルのカート競技に参加し始めたセナは、すぐにその才能を発揮し、わずか1年後には初優勝を飾った。

アイルトン・セナはカートで勝利を重ね、1977年には南米カート選手権と ブラジルカート選手権を 制した。 10代から20代にかけてカートのレースを続け、国内外で何度か優勝した。

カートでの彼の成功は、以下のようなレース界の著名人の注目を集めた。
エマーソン・フィッティパルディ
エマーソン・フィッティパルディがセナを引き取り、ヨーロッパのフォーミュラ・フォードへの移籍を実現させた。

セナのレーシングキャリアにとって、カートでの初期は非常に重要な時期だった。 正確なマシンコントロール、戦術的な判断、レーシングラインの深い理解など、競争の激しいカートの世界で培ったスキルは、F1でのキャリアを通じて大いに役立った。

加えて、セナはカートでの経験から、スポーツへの深い理解と成功への激しい決意を植え付けられ、F1史上最も偉大なドライバーのひとりとなった。

初期

カートで名を馳せたアイルトン・セナは、1981年にイギリスのフォーミュラ・フォード選手権に参戦してシングルシーターレースのキャリアをスタートさせた。 デビューシーズンで12勝、14回のポールポジションを獲得してチャンピオンに輝いたセナは、ドライバーとしての絶大な才能を見せつけた。

そこからセナはF3に進み、コンペティションを席巻し続けた。 1983年にはマーティン・ブランドルを抑えてイギリスF3選手権を制し、再び驚異的なスピードとドライビングスキルを見せつけた。

スポットライトを浴びて

フォーミュラ・フォードと フォーミュラ3でのセナの活躍は注目されず、いくつかのF1チームから注目された。

1983年7月、セナはウィリアムズのドライバーとしてイギリスの ドニントン・パーク・サーキットを走った。そのテストでは、アイルトン・セナが現役世界チャンピオンのケケ・ロズベルグよりも速かったと伝えられている。 セナのラップタイムは常にロズベルグより速かったと言われ、ウィリアムズチームを感心させた。 しかし、目覚ましい活躍にもかかわらず、セナには1984年シーズンのレースシートは与えられなかった。

その後、1983年12月にセナはフランスのポール・リカール・サーキットで マクラーレンのテストを行った。 スピードとテクニカルな能力で再び印象づけたが、やはりウォーキングからのオファーはなかった。

結局、彼は1984年シーズンにトールマンをドライブすることになった。

セナがフォーミュラ・フォードとフォーミュラ3で活躍した期間は比較的短かったが、当時最も有望な若手モータースポーツの才能のひとりとして確立する上で大きな役割を果たした。 これらのシリーズでの活躍は、彼が最高レベルのレースで成功するためのスピード、技術、決断力を持っていることを証明した。 彼はワールドチャンピオンになるべくしてなった。

加えて、こうした下位シリーズでの成功によってセナはドライビングスタイルを確立し、テクニックを磨くことができた。 フォーミュラ・フォードとF3でのセナの活躍は、後にモーターレース史上最も裕福なキャリアのひとつとなる基礎を築いた。

センナ3

デビュー

1984年、セナはトールマン・チームからF1デビュー。 ルーキー・シーズンからファステストラップと3度の表彰台を獲得し、その実力はすぐに証明された。 1984年のモナコGPでは、セナが優勝したアラン・プロストに1周で2秒差をつけていたにもかかわらず、レースディレクターのジャッキー・イクスが急きょレースを中断。 セナはレースには敗れたものの、F1世界選手権の新星として一躍注目を集めた。
これは、後に物議を醸すことになる一連のエピソードの最初のものに過ぎなかった。 アラン・プロスト アイルトン・セナが世界中のサーキットでバトルを繰り広げる。 それはまた、アイルトンが公国の狭いストリートでどんな魔法が使えるかを世界に示した最初の機会でもあった。

1985年、セナはロータスに移籍し、F1でその名を知られるようになる。
初戦のポルトガルGPでは2勝を挙げ、7回のポールポジションを獲得してランキング4位に入った。

1986年、セナはチャンピオンシップで4位に入り、1987年には3位に入った。

1988年、マクラーレンに移籍したセナは、ライバルでありチームメイトでもあったアラン・プロストとコンビを組む。 2人のドライバーはシーズンを支配し、全16戦中15勝を挙げ、最終的にはセナが プロストに3ポイント差をつけてチャンピオンに輝いた。

その後もセナと プロストは激しいライバル関係を続け、コース内外で衝突を繰り返した。 1989年、セナは日本GPでプロストと衝突し、両ドライバーをレースから退けてプロストにチャンピオンを譲った。 翌年、セナとプロストは同じレースで再び激突し、セナが故意にプロストと接触してチャンピオンに輝いた。

1998年から1993年にかけて、アイルトン・セナはF1世界選手権で3回優勝(1998年、1990年、1991年)、2位2回(1989年、1993年)。

コース上での駆け引きはしばしば物議を醸したが、セナはその驚異的なスピードと献身、そしてレースへの情熱でドライバー仲間から広く尊敬されていた。 特にウェットコンディションでマシンから最大限のパフォーマンスを引き出す能力で知られ、モナコ・サーキットの名手として6度の優勝を飾った。

セナ1

セナの傑作レース

エストリル・サーキットで開催された1985年F1世界選手権第6戦ポルトガルGP。 当時、ロータス・ルノーに所属していたアイルトン・セナは、このスポーツの新星と目され、2度目のF1シーズンで大きな可能性を示していた。

予選でセナは、アラン・プロストやニキ・ラウダといった経験豊富なドライバーを抑えてポールポジションを獲得。 レースではセナが好スタートを切ったが、すぐにミケーレ・アルボレートのフェラーリに抜かれてしまう。 しかしセナはあきらめず、5周目にアルボレートをパスしてトップに返り咲いた。

その後はセナがレースを完全にコントロールし、速いラップを連発して後続を引き離していった。 エンジントラブルで一時はヒヤリとしたものの、セナはマシンをフィニッシュラインまで走らせ、F1初優勝を飾った。

セナのレースでのパフォーマンスは目を見張るものがあった。 彼の予選ラップはF1史上最高のものと評価され、上位からレースを支配する彼の能力は、これから起こることを予感させるものだった。 この勝利はF1における新時代の幕開けでもあり、セナは本格的なタイトル争いに加わり、史上最高のドライバーのひとりとしての地位を確立した。

セナ2

ドニントン・パーク 1993

1993年にドニントンパークで開催されたヨーロッパGPでのアイルトン・セナのパフォーマンスは、F1史上最高のドライビングスペクタクルのひとつとされている。

レースは土砂降りの雨の中で行われ、馬力に劣るマクラーレンを駆るセナは4番手からスタートすると、1周目だけで3人のドライバーを抜き去り、あっという間に上位に食い込んだ。 レース中もリードを広げ続け、2位のデイモン・ヒル以外はすべて周回遅れにした。

濡れた路面を驚異的なスピードと正確さで駆け抜けるセナの能力は見事としか言いようがなく、コーナーでマシンを滑らせ、大胆なオーバーテイク・マヌーヴを披露する彼のドライビング・スキルが発揮された。

レース中、セナは誰よりも4秒以上速いラップタイムを記録したことがあったが、これは危険なコンディションでの彼の技術と勇気の証である。

結局、セナは1分23秒という驚異的なタイムでレースを制し、F1史上最も偉大なドライバーのひとりとしての地位を確固たるものとし、レース界の伝説の一人に名を連ねることになった。

イモラの悪夢

悲劇的なことに、セナのキャリアは1994年、イタリアのイモラ・サーキットで開催されたサンマリノGPで突然、壊滅的な結末を迎えた。

レースウイークを通じて、大きなアクシデントに見舞われた。 練習走行中にローランド・ラッツェンバーガーがシムテックに乗っていて死亡し、当時ジョーダンを駆る若手有望株だったルーベンス・バリチェロは深刻なアクシデントに見舞われたが、奇跡的に生還した。

スタート直後、JJ・レトのベネトンがコースの真ん中でスタック、ペドロ・ラミーが接触し、グランドスタンドにタイヤが飛んで負傷者多数……。 あとは歴史だ。 サンマリノは “事故 “のために記憶されるだろう。

レース中、ミハエル・シューマッハの後を追ったセナのマシンは高速でコンクリートウォールに激突し、頭部に致命傷を負った。 この事故はモーターレース界に衝撃を与え、F1の安全規制に大きな変更をもたらした。

セナの遺産

早すぎる死にもかかわらず、セナが残した遺産は歴史上最も偉大なドライバーの1人であることに変わりはない。 彼の驚異的な才能、激しい決意、そしてレースへの情熱は、何世代ものドライバーにインスピレーションを与え、その思い出はいまも世界中のファンに愛されている。

ブラジルの子どもたちに教育資源を提供する非営利財団 “アイルトン・セナ研究所 “を設立し、同国の生活水準と教育機会の向上に貢献した。 財団での彼のたゆまぬ努力は、彼という人物、彼の遺産、そして彼と彼のチームがブラジルの人々を助けるために行ってきた仕事に対する永遠の証である。

結論として、アイルトン・セナがF1とモータースポーツ界に与えた影響は計り知れない彼は本当にユニークな才能の持ち主で、勝利のために自分自身とマシンを極限まで追い込んだ。 ドライバーとして、人道主義者として、そして精神的な人物としての彼の遺産は、何世代にもわたって人々を鼓舞し、影響を与え続けるだろう。 私にとってセナは、サーキットで見た中で最も才能のあるレーシングドライバーだった。

 


Pictures, top to bottom:
-The Lotus 99T of Ayrton Senna used in the 1987 Formula One season, Dima Moroz, Creative Commons Attribution 2.0
- Ayrton Senna in 1988, Instituto Ayrton Senna, Creative Commons Attribution 2.0
- The Lotus 97T of Ayrton Senna used in the 1985 Formula One season, Dima Moroz, Creative Commons Attribution 2.0
最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

F1ベストドライバーアイルトン・セナ, RTR Sports
F1ベストドライバーアイルトン・セナ, RTR Sports