In カテゴリーなし

FIAフル電動シリーズの急激な成長は、すべてのプロ選手権やリーグ、そしてスポーツ・マーケティングに携わる人々に対して、スポーツとスポンサーの両レベルで重要なシグナルを与えている。 大きくなりたいのであれば、今こそスポーツ種目の将来と、それに伴うビジネスチャンスについて考え始める好機である。

フォーミュラEがメーカー、投資家、スポンサー、利害関係者の注目を急速に集め、モータースポーツやその他のスポーツにおけるスポンサーシップの “次なる大物 “の役割を担っているのは偶然ではない。 モータースポーツ選手権は単なるスポーツイベントではなく、基本的には自動車メーカーやバイクメーカーのマーケティング演習であり、研究開発プラットフォームであることを忘れてはならないし、忘れてはならない。
MotoGP
フォーミュラ1フォーミュラE、そして同様のスポーツは、メーカーが観客に自らの強さを示し、未来のクルマやバイクに搭載する技術を開発するためのツールである。

フォーミュラEと自動車メーカー

上記の観点から出発するならば、フォーミュラEがこれほどまでにメーカーに評価されるようになった理由は自明である。電動モビリティは大衆自動車産業の未来であり、自動車メーカーによる研究開発イニシアチブの現在でもある。 その一方で、今はなき時代の魅力を今に伝えるガソリンエンジンや内燃機関は、投資家から環境や持続可能性の問題に目を向けて仕事をするよう求められている設計者の頭の中では、わずかな伸び代しかない。 このような状況において、メルセデスの経営陣がF1選手権における シュトゥットガルトのスターレーシングカーの将来的な存在に疑問を呈し、フォーミュラEとの強力かつ長期的な関係にコミットする用意があることは驚きではない。

フォーミュラEとスポンサー

メーカーの視点に立てば驚くことではないが、スポンサーや潜在的な投資家がフォーミュラEに大きな関心を寄せていることは非常に印象的であり、これこそがこの選手権が優れた状態にあることを示す真のシグナルである。
この選手権が素晴らしい状態にあることを示す真のシグナルである。
.

このブログの他のページでも何度か触れたように、企業がスポンサーになりたがるのにはそれなりの理由がある。 フォーミュラE環境 持続可能性 レースが開催される都市中心部のファンをターゲットにする可能性、国際的な風味を持つ チャンピオンシップ そして最後が、次の機会である。 一流メーカーやスポンサーとの連携.

一方では、このシグナルはこのシリーズの将来に良い希望を与えてくれる。 もうひとつは、より重要なことだが、スポーツ・スポンサーシップと スポーツ・ マーケティングの役割と将来についての一般的な考察につながることである。

スポンサーシップ、フォーミュラE、業界の現状


フォーミュラEのスポンサーシップ
は、スポンサーシップ業界に 無視できない重要なシグナルを与えている。 ここ数年、「業界の危機」、「資源の縮小」、「スポーツに対する企業の自信のなさ」などをよく耳にする。 フォーミュラEは、私たちが描くことができる多くの例のひとつであり、ひとつの重要な真実を明確に示している。つまり、企業は提案や価値、将来の展望、そしてそれに関わる人々に価値がある分野には、依然として注意を払い、資源を投入することを厭わないということだ。

前の行で取り上げた自動車メーカーに関する議論は、基本的にスポーツのスポンサーシップにも当てはまる。 もしそれがマーケティングであるならば、ブランド(そして顧客)を未来へと導くための材料や価値体系が必要である。 企業が何百ものコミュニケーション戦略を手にしている状況において、現在の市場に見合った対抗策を提示できないままスポンサーシップのための資金を見つけることは、信頼性からはほど遠い

この問題を別の視点から見てみよう顧客、世間の注目、市場が変わったのであれば、スポンサーシップの根底にある動機や方法論も変わらなければならない。 これはこの物語の新しい章を開くもので、もしあなたがあらゆる可能性を調査する気があるのなら、何ページも何ページも書くことになるかもしれない。 申し訳ないが、ここは理論的で概念的な長い議論の場ではない。 しかし、例証のために2、3の観察をしておく価値はある。

かつて、優れたスポンサーシップ・プログラムの焦点は、知名度(特にテレビネットワーク)だった。 ブランドの露出が重要で、画面に映る時間が長ければ長いほど、ブランドの認知度は高まり、したがってスポンサー企業の満足度と収益も高まる。 このビジネスに携わる人々にとって、現代は明らかに状況が激変している。 もちろん、ビジビリティは依然として重要だが、ビジュアル、メディア、コマーシャルの過密によって顧客や消費者の視聴時間が汚染されていることは間違いなく、スポンサーシップの論理に影響を与えている。 かつては10チャンネルだったのが、今では1000チャンネルになっている。 かつては1紙しかなかったスポーツ新聞が、今では1000誌もあり、専門報道機関も細分化されすぎている。 もちろん、インターネットの役割は言うまでもない。

現代のスポーツ・スポンサーシップが提供する知名度は、ブランドが価値観を共有し、未来への俯瞰力を持つ種目、大義、イベントと結びつく必要性に取って代わられ、それが均質で効果的なコミュニケーション戦略の基礎となっている。 企業は今、消費者や業界団体から、持続可能性、平等、尊重といったポジティブな価値観の支持を求めるプレッシャーを受けている。 言うまでもなく、スポンサーの論理もこの新しいシナリオに適応することが不可欠である。

スポンサーシップとフォーミュラE:電気自動車と新しいコミュニケーションの形

電動四輪車選手権に話を戻そう。 企業は今、あらゆるコミュニケーション戦略にとって不可欠ないくつかの重要課題に関心を寄せていることは明らかである。環境持続可能性に関するトピックとの結びつきの必要性、高度な技術レベルを持つ専門分野との関係構築の必要性、複数の市場で同時にグローバルなコミュニケーションを行う必要性、そして最後に、大手自動車産業や大手ブランド(およびそれぞれの消費者)のような多くの高ランクの対話相手を持つ必要性などである。 皮肉なことに、これが最も驚くべき点かもしれないが、この選手権が発揮している商業的、ビジネス的原動力は、おそらくスポーツ種目としての強さよりも大きい。 フォーミュラEは着実な成長パターンをたどっているが、少なくともスポーツの面では、F1のような歴史的シリーズやファンが愛する他の人気レース競技に取って代わったと言うのは間違いだろう。

スポーツ・マーケティングに携わる人々にとって、これはまた別の興味深い点である。 おそらく、スポンサーシップ業界史上初めてのことだろう、 この種目は、スポーツとしての重要性や面白さをはるかに超えた、ビジネスやコミュニケーションの力を持っている。 偉大なスポーツである前に、フォーミュラEは、その関係者全員(内部の人間も外部の人間も)にとって、素晴らしいコミュニケーションとネットワーキングの機会であると言えるかもしれない。

フォーミュラEのスポンサー費用

上述した背景が示すように、フォーミュラEのスポンサーシップ・コストは、一流の交渉の席に座って期待されるような水準にある。 フォーミュラ1の費用にはまだほど遠いものの、フォーミュラEのスポンサーパッケージはMotoGPの費用を大きく上回っている。
MotoGP
やその他多くのモータースポーツ、そしてモータースポーツ以外のスポーツのコストを大きく上回っている。 ここでは正確な数字を示すことを意図していないが、フォーミュラEのエントリーレベルのパッケージは年間約30~40万ユーロにのぼる。 ホスピタリティ、広範なコミュニケーション・サポート、ブランド露出のための大規模施設などを含めれば、この数字は数百万ユーロに上るだろう。

上記のように、スポンサーはこれらの金額を支払うことで、圧倒的なコミュニケーション資産を手にすることができ、さらに重要なことは、アウディ、ポルシェ、BMWなどの世界的に有名なグループのパートナーとなることで、同じく一流のブランドと関連するビジネスチャンスを得ることができる。 チームスポンサーの展望を一目見て、危機に瀕しているブランドのレベルを理解しよう。

フォーミュラEおよびその他の主要なモータースポーツ選手権におけるスポンサーシップに関する情報提供やご要望は、下記までご連絡ください:
info@rtrsports.com
または弊社ウェブサイトrtrsports.com/jaまでご連絡ください。

この記事をお楽しみいただけましたか? このチャンスをお見逃しなく!

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
A graduate in Public, Social and Political Communication from the University of Bologna, he has always been passionate about marketing, design and sport. Even before finishing his studies, he started working in sports marketing and discovered the importance of everything outside the playing field. Since 2012 he has been with RTR Sports, where he is now Head of Communication and Marketing Officer for projects related to Formula 1, MotoGP and the best of other two- and four-wheel motor sports.
Recent Posts

Leave a Comment