In スポーツ・スポンサーシップ, スポーツ・マーケティング

デジタル変革の時代におけるブランディングは、単なるロゴの配置やスポンサー付きイベントをはるかに超えて進化している。 ブランドと顧客の関係の力学は変化しており、マーケターとして私たちは適応する義務がある。 だから、スポンサーシップについて語るとき、私たちが大切にしている指標を再考し、本当に重要なものを測定するときが来ている。

ブランド目標の進化:認知度を超えて

スポンサーの目標が多面的であることは誰もが認めるところだ。 実際、ブランドの認知度を高め、製品やサービスに興奮を呼び起こすことが第一の目的かもしれない。 しかし、私たちが長年にわたって観察してきたように、 スポンサーシップの本質は単なる意識にとどまらない

新しい市場に参入するため、意義のある活動に賛同するため、あるいはオーディエンスとの確かなつながりを確立するためなど、ブランドがスポンサーになる理由はさまざまだ。 スポンサーシップの価値を真に評価するためには、このような微妙な目標に直接共鳴する指標を特定しなければならない。

虚栄の指標は避ける

大きな数字や光沢のある指標に振り回されるのは魅力的だ。 しかし、ここで新たな発見がある。すべての指標が同じように作られているわけではないということだ。 ソーシャル・メディアのインプレッションを考えてみよう-驚異的な数は印象的な報告書になるかもしれないが、ブランド目標への具体的な貢献はどうだろうか?

ブランド管理者として、私たちが最も重視すべきは、組織の願望とオーディエンスの行動や嗜好を結びつける指標である。 私たちは、エンゲージメント率、プロモーションの質、ロゴの視認性といった指標を提唱しています。 これらの “主要な “指標は、あなたがスポンサーになっているスポーツやイベントに関係なく不可欠です。 結論は? 主要な指標を包括的なビジネス目標に合わせる。

スポンサーシップ・メトリクス

スポンサーシップROIの優先順位付け

効果的なスポンサーシップの核心は、そのROIを測定し明確にする能力にある。 スポンサーシップのROIは、リターンに対する支出だけではありません。それは、他のマーケティング活動と比較して、スポンサープロモーションがオーディエンスにどのように響くかというニュアンス的な見方です。

Hookit Valuation Model(HVM)は、本物のメディアコストと同等のエンゲージメント費用に焦点を当てることで、これに光を当てている。 結果は? マーケティング担当者が適切に予算を配分できるようにするための、リンゴとリンゴの比較。

ブランド嗜好:未知の領域

ブランド認知は基礎的なものだが、将来はブランド嗜好に属する。 スポンサーシップがブランドの認知や選択にどのような影響を与えるのか、もっと深く掘り下げる必要がある。 デジタルのエコシステムが手元にあることで、私たちはリアルタイムのセンチメント、キャンペーンの効果、スポンサー活動の全体的な反響を測定する手段を手に入れた。 終盤戦? ブランド嗜好を促進する、本物の永続的な関係を育む。

地域密着型セールス・リフトの追求

スポンサーシップ計測の至宝は、紛れもなく、売上向上と直接関連付けることだろう。 普遍的に受け入れられる方法論はつかみにくいかもしれないが、販促活動と販売動向を結びつける新たなモデルは有望である。 私たちは、スポンサーシップに費やされたすべてのドルの販売効果を追跡できる革命の瀬戸際にいる。

独立した検証:必須条件

古くから言われている“Trust but verify”(信頼するが、検証せよ)という格言が、今ほど適切な時代はない。 当初は、スポンサー・パートナーから提供された指標に傾注することもある。 とはいえ、透明性と客観性は最も重要である。 Hookitのようなプラットフォームは、偏りのないビューを提示し、スポンサーシップの真の影響に関する包括的なスナップショットをブランドに提供する。

前途洋々:重要なメトリクスの導入

デジタル時代、
スポンサーシップはもはや当てずっぽうのゲームではない
. 指標は私たちの羅針盤であり、ブランドが十分な情報に基づいた意思決定を行い、予算を最適化し、真のつながりを育むための指針となる。 Hookitのようなプラットフォームは、私たちのブランド投資が本物の測定可能なリターンをもたらすことを保証してくれる。

結論として、スポンサーシップがダイナミックで、視聴者の目が肥えていて、測定基準が革命的である世界。 ブランド・アドボケイトとして、私たちの使命は明確です。これらのシフトを受け入れ、関連する指標の力を活用し、スポンサーシップの未来を再定義することです。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

スポンサーシップの指標を再考する:ブランド投資を最大限に活用する, RTR Sports
スポンサーシップの指標を再考する:ブランド投資を最大限に活用する, RTR Sports