In カテゴリーなし, スポーツ・スポンサーシップ, スポーツ・マーケティング

間違いない
MotoGP
が国際的な超人気マーケティング・プラットフォームであることに疑いの余地はない。
スポーツ・スポンサーシップ・エージェンシー
やマーケティング担当者は、世界のトップブランドと大規模で横断的なオーディエンスを結びつけるとき、2輪レースの最高峰クラスを大いに頼りにしてきた。 高速レースのスリル、最先端技術、一流の競争による興奮、これらすべてが、あらゆる業界のあらゆる規模のブランドにとって完璧な環境を作り出している。

一部の企業にとって、MotoGP世界選手権は世界的な知名度を得るための適切なトランポリンとなっている。 例えば、エナジードリンクの大企業であるモンスターは、2つの車輪の頂点における努力と勇敢で率直なマーケティング戦略によって、国際的な地位を獲得した。 あるいは、イタリアの発電機メーカーであるプラマックは、ドゥカティ・サテライトチームとの長年にわたるパートナーシップのおかげで、その名を地図に刻むことになった。

MotoGPのスポンサーのおかげで大きな利益を得た企業のリストをすべて作成することは不可能だ。
MotoGPスポンサー
90年代のタバコ会社から今日の暗号ブランドまで、MotoGPのスポンサーはあまりにも多い。 その中から10社を紹介しよう。うまくデザインされたプログラムとうまく運営されたアクティベーションのおかげで、国際的なスポーツマーケティングの殿堂入りを果たした企業である。 MotoGPスポンサーのロゴのほとんどは、テレビやソーシャルメディアなどで目にしたことがあるはずだ。

MotoGPは、サーキットを走るすべてのバイクメーカーの広告塔であるにもかかわらず、ここではメーカー名を伏せる。 ドゥカティ、ホンダ、ヤマハなどは、マーケティングと販売の両方の観点から、世界チャンピオンになることが何を意味するかを熟知している。

しかし、本題に入り、良いスポーツマーケティングエージェンシーのブログになろうじゃないか。 MotoGPレースで最も有名なブランドトップ10のリストはこちら。

1 – レッドブル

現代のモータースポーツといえば、レッドブルのロゴを思い浮かべずにはいられない。 マーケティング界の異才ディートリッヒ・マテシッツは、ブランドがエキサイティングでスリリングで感動的なスポーツ種目と結びつくとどうなるかをよく知っている。 時速350kmで300馬力のバイクを操る少年たちほどスリリングでエキサイティングなものはないだろう? MotoGPのスポンサーであるレッドブルは、ライダーからチーム、サーキットからファンゾーンまで、あらゆるところに顔を出している。

2 – モンスター・エナジー

モンスター・エナジーは、エナジードリンクのパーティーには少し遅れてやってきたが、それにもかかわらず、誰がどのようにショップを運営しているのかを素早く理解した。 彼らはどうにかレッドブルの戦略を真似たが、最も派手なパーティー、最もカラフルなグラフィック、そして最も可愛い女の子という形で、少し華やかさを加えた。 モンスターがバレンティーノ・ロッシのような一流ライダーと契約し、彼らを中心とした優れたプログラムを構築したのだ。 仕上げは、ヤマハ・ファクトリー・レーシングとスズキのメインスポンサーだった。 そして出来上がり。 今、弟と呼んでいるのは誰だ?

3 – VR46

彼はスポーツよりも大きな存在だ。 バレンティーノ・ロッシはモーターサイクル・レースのトップ・ネームであるだけでなく、その血統を活かして強固で興味深いブランドを築き上げた。 現在、VR46は数人のライダーにウェアとアパレルを提供し、オン・トラックとオフ・トラックの運営を行い、3つのクラスで若手ライダーのための優れたプログラムを運営している。

4 – プラマック

プラマックはMotoGPレースのおかげで国際的な富を築いた。 発電機製造のリーダーである同社は、その分野では常に優秀であったが、事業の性質上、世界的な脚光を浴びることはなかった。 2002年、プラマックはそろそろレースに出る時期だと判断し、それ以来プレミアクラスに参戦している。 現在、チームはドゥカティのマシンを使用し、ヨハン・ザルコとともにライダーズ選手権4位につけている。

5 – レプソル

オイルと潤滑油のマタドールであるレプソルとHRCチームは、MotoGPで最も長いパートナーシップを結んでおり、26年間続いている。 そのスポンサーシップがいかに効果的でよくデザインされているかを明らかにするには、これで十分だろう。 ホンダ・レーシング・コーポレーションのおかげで、レプソルはバレンティーノ・ロッシ、ミック・ドゥーハン、マルク・マルケス、ニッキー・ヘイデン、ケーシー・ストーナーといった豪華なライダーを擁し、長年にわたって特筆すべき成功を収めてきた。 一方、ホンダはレプソルというトップクラスのパートナーを得ることができ、潤沢な資金だけでなく、燃料やエンジン潤滑油の分野で重要な研究開発も提供することができた。 だから、レーシングバイクを見たことがあるなら、それはオレンジと白と青だった可能性がある。

6 – アルパインスターズ

アルパインスターズは、カジュアルウェアとテクニカルウェアの両方で、レースのトップブランドのひとつである。 イタリアのアソロで1963年に設立され、あらゆるギアを供給してきた。
フォーミュラ1
MotoGP、モトクロス、NASCAR、そしてラリーにあらゆるギアを供給してきた。 マルク・マルケスにとって良いものであれば、毎朝通勤するカジュアルなジョニーにとっても良いものに違いない。

7 – ミシュラン

クレモン・フェランはMotoGPのオフィシャルタイヤサプライヤーであるだけでなく、優れたマーケティング戦略もあって、MotoGPでもトップクラスの知名度を誇っている。 黄色と青を基調としたミシュランのシグネチャー・ブランディングと、世界的に有名なマスコット、ビバンダムは、サーキットサイドや、もちろんすべてのモーターサイクルのフェアリングで目にすることができる。

8 – オークリー

スポーツサングラス。 その通りだ、オークリー。照明が消える前のアドレナリン全開の瞬間、ライダーはオートバイの上で派手なサングラスをかけている写真がよく撮られる。 光沢があり、ハイテクでカラフルなオークリーのメガネは、常にアスリートやライダー、スポーツをする人たちの御用達である。 カリフォルニア州フットヒルにあるこの会社は、チャンピオンやスポーツ界の伝説的人物たちの仕様に忠実な最高級のレンズとフレームを作るため、研究開発に数十億ドルを投資してきた。 バレンティーノやマルクのように自分のシリーズを持つ者もいる。

9 – モチュール

モチュールは寡黙で静かな男だが、なぜかいつも仕事をやり遂げる。 フランス人は派手なマーケティング戦略とは縁遠く、ブランディングも質実剛健でクリーンなものを好む。 それにもかかわらず、モーターサイクルレースのトップシリーズにおける彼らの存在感は、以下のような非常に慎重な組み合わせによって、常に正確なものとなっている。
公式スポンサーシップ
イベント・スポンサーシップとチーム・パートナーシップを非常に慎重に組み合わせている。 大混雑の潤滑油業界にあって、モチュールは優雅さと知性をもってそのスペースを切り開き、MotoGPのトップ・スポンサーであることに疑いの余地はない。 ブラボー。

10 – SKY

イタリアの放送局SKY(あるいは国際放送局のイタリア支局)は、2010年代初頭からモーターサイクルレースに深く関わってきた。 イタリアでは、Skyが独自のMotoGPテレビチャンネルを持ち、サーキットでは解説ブースを備えたテクニカルトラックを走らせる数少ない放送局のひとつとなっている。 また、このスポーツの成功に乗じて、バレンティーノ・ロッシのライダーズ・アカデミーと、3クラスにわたるいくつかのチームを支援することも決定した。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

MotoGPスポンサーシップにおける最も有名なブランドトップ10, RTR Sports
MotoGPスポンサーシップにおける最も有名なブランドトップ10, RTR Sports