In カテゴリーなし, スポーツ・マーケティング

数日前、私はモータースポーツの スポンサーシップに投資することに興味を持っている見込み客と楽しい会話をした。 何から始めようか? 何を評価するのか? 正しい選び方とは?

というのも、たいていの場合、最初に興味を引くのはスポンサー費用に関することで、答えるのはいつも一番難しいからだ。

モーターの世界は、投資を望む企業にとって多くの機会を与えてくれる。 しかし、選択肢は明白ではなく、考慮すべき点は多い。 まず、どの分野が企業/ブランドに最も適しているかを理解し、次にどのようなパートナーシップを検討すべきかを理解する必要がある。

リーグが違えばチャンスも違う。 あらゆるタイプの企業やブランドのために。

最初に考えるべきことは、どの分野に投資するかということだ。 スポーツ・マーケティング・エージェンシーとして、モータースポーツのスポンサーシップを検討する価値はあると思う。
フォーミュラ1
から
フォーミュラE
エクストリームE、そしてMotoGPを筆頭とする2輪モータースポーツまで。 どのモータースポーツ選手権も、エンジン、スピード、技術、革新などのファンという、よく似たターゲット層を持つのが一般的だ。その MotoGP F1を見る人は他のカテゴリーも見る傾向がある。

モータースポーツに関連する価値観という点では、やはり全選手権でかなり一致している。すでに述べたように、国際性、技術、スピード、アドレナリン、革新性、研究、チームワーク、魅力、独占性など、私たちを結びつける価値観があり、さらに電動選手権に関しては持続可能性に関するすべての価値観がある。 モータースポーツは、世界中のさまざまな国や大陸を旅する見世物である。どの地域に投資するのが最も面白いかを知ることは、どの選手権を選ぶべきかの答えを与えてくれる。

したがって、どの分野が最も適しているかを見極めるためには、企業の目的、ターゲット・グループ、価値観、テリトリー、予算がどのようなものかを理解するよう努めなければならない。

B2BかB2Cか:選択を左右するもうひとつの要因

どのリーグに投資するかは、ターゲットとする読者やコミュニケーションを必要とする読者によっても変わってくる。 例えば、私が企業としてB2Bを行い、おそらく国際的な高いレベルでホスピタリティ・ビジネスを行うという目的を持っている場合、F1はおそらく私のプログラムを展開するのに最適な選手権だろう。 しかし、同時に、私は次のような評価もできる。 MotoGPチームとのパートナーシップ これを使えば、より合理的な方法でアドホック・プログラムを開発し、顧客に適合させることができる。 B2Bだ。 ブランド認知が第一の目的でないなら、テーラーメイドのプログラムを構築し、必要なサービスを提供してくれる最も柔軟なパートナーを見つけることだ。

モータースポーツのスポンサーシップ・プログラムを始めるための5つのアイデア, RTR Sports

チャンピオンシップかチームか:どこに投資するのがベストか?

もう1つ重要な点がある。 多くの場合、私たちにコンタクトしてくる企業は、チームのスポンサーになることを最初の、そして唯一の選択肢として考えます。
選手権やドライバーのスポンサーになる
.

些細なことのように聞こえるが、選手権全体のスポンサーシップを考える場合と、1つのレースやチーム、ドライバーのスポンサーシップを考える場合では、実際には大きな違いがあり、チャンスも異なる。 チャンピオンシップのパートナーであること であれ、あなたのブランドを “ムーブメント全体 “と結びつけ、関連付けることができる。 MotoGP または フォーミュラEその結果、あなたが築き上げることができるコミュニケーションは、異なる内容になる。 さまざまなリーグの中で、さまざまなチャンスがあるかもしれない。 たとえばフォーミュラEは市街地のサーキットでレースが行われるため、市街地のレース関係者を巻き込み、楽しませる可能性がある。

一方、サーキットにはチャンピオンシップやチーム、ドライバー、パートナーに関連した商品を購入できる商業エリアがある。 モータースポーツの観衆とコミュニケーションをとり、直接アプローチして彼らを巻き込むことを考えるなら、MotoGPの商業エリアはプロモーションやセールスの絶好のチャンスとなる。 本格的なスタンドやエンターテインメント・エリアを作り、マーケティングや販売の目的に応じて、あらゆる種類のプロモーションを行うことができます。

チームに加わるかどうかの選択には、評価すべき多くの変数がある。
セクターが自由かどうか
評判、他のパートナーの存在、実績、信頼性、提供するプロジェクト。 チームは通常、車両とドライバーの知名度を提供し、それに付随するすべてのマーケティング上の利点を提供する。コミュニケーションやプロモーション活動、ソーシャルメディア・コンテンツの共有、PR、ホスピタリティ活動などにチームのイメージや名前を使用する可能性がある。

どのチームも同じですか?

明らかに違う。 フェラーリや マクラーレンのスポンサーになることと、MotoGPで アプリリアのスポンサーになることは違う。 投資は、個々のチームのパフォーマンス、評判やイメージ、そこでレースをするドライバーに大きく左右される。 しかし、時には、一流だがやや「堅い」チームよりも、「小さい」がより柔軟な「チーム」を選んだ方がいい場合もある。

パイロットのスポンサーになるのはどうですか?

また、予算や個々の目標にもよるが、ドライバーのスポンサーになることも考えられる。 私たちが企業にチームとの提携を持ちかけたところ、ドライバーだけに投資することになったということはよくあることだ。 実際、どのモータースポーツ選手権でも、ほとんどの場合、ドライバーは自分が直接、独自に管理するスペースを持っている(通常はヘルメットやオーバーオールにあるスペース)。

そしてスポンサーは、ドライバーの名声やイメージ、個人的な特徴や資質、ソーシャルメディアやサーキットでの結果を利用し、ドライバーを本物の証言として利用する。

結論として

私たちは、 モータースポーツのスポンサーシップ・プログラムを始めるための5つのアイデアについて話すことから始めたが、それをはるかに超えるものだった。

スポンサーシップを含むマーケティング・プランを扱う場合、正しい選択をし、それを最大限に活用するためには、評価すべき変数や考慮すべき機会が非常に多いからだ。 市場の概要を把握し、あらゆる側面を評価し、個々のブランドに適したプログラムを選択する。

Silvia Schweiger
Silvia Schweiger
Associate Director, Executive Marketing and Commercial at RTR Sports Marketing, a London-based sports marketing company specializing in motorsport for over 25 years. For over 20 years, she has been supporting companies looking to invest in MotoGP, Formula 1 and Formula E to better engage and engage their target audience and achieve their marketing and communication goals. Graduated in Foreign Languages and Literature at the University of Padua, Master in Marketing and Communication in Milan, specialized in sales management in London, she is also involved in content creation. Without sports, life is boring
Recent Posts

Leave a Comment

モータースポーツのスポンサーシップ・プログラムを始めるための5つのアイデア, RTR Sports
モータースポーツのスポンサーシップ・プログラムを始めるための5つのアイデア, RTR Sports