In フォーミュラ1, フォーミュラ1

これはランキングではなくリストであり、もし私が心から選ぶとしたら、セナが常に1位だろう……。

アイルトン・セナアイルトン・セナ

セナは、ファンジオ、アスカリ、ハミルトン、クラーク、シューマッハ、プロスト、ファリーナ、スチュワート、フェルスタッペン、ラウダ、その他のF1ドライバーを凌ぐ、史上最高のF1ドライバーとしてファンの間で知られている。 アイルトンはマクラーレンで1988年、1990年、1991年と3度のワールドチャンピオンに輝いている。 セナは出場した162レースのうち41勝を挙げ、成功率は25.3%だった。 アイルトンの卓越したドライビング・スキルと比類なきカリスマ性……純粋なマジックは、サーキットでアイルトンを目の当たりにした幸運な人なら誰もが認めるところだろう。

ファン・マヌエル・ファンジオ

謙虚で気さくなジェントルマンだったファンジオは、常に適切なタイミングで適切なマシンに乗ることで知られていた。 これには、チームへの忠誠心を何よりも重んじるエンツォ・フェラーリが腹を立てた。 おそらく、フェラーリより偉大なドライバーはファンジオだけだろう。 また、1957年に46歳でタイトルを獲得した最年長ドライバーでもある。 この記録はミハエル・シューマッハに抜かれるまで46年間続いた。 印象的なのは、グランプリの優勝回数が24回であるのに対し、グランプリの優勝回数は52回(51回)であることだ。 ファンジオは出場したGPの46%で勝利している。

ジム・クラーク

クラークはF1のコックピットに座ったことがないほど控えめな男だったが、おそらく史上最も才能に恵まれたドライバーだった。 1963年と1965年に2度のF1ワールドチャンピオンに輝き、1965年にはインディアナポリス500でも優勝した。 1963年のベルギーGPでは、クラークが2位に5分近い大差をつけて優勝。 クラークは出場した72レースのうち25勝を挙げ、成功率は34.7%だった。

スターリング・モス

モスは今でも、語り部であり、冒険家であり、比類なきドライバーである、典型的な英国紳士であり続けている。 モスはワールドタイトルを獲得したことはないが、1955年から1958年にかけてはランキング2位、3位を3度獲得している。 モスは参加した66レース中16レースで勝利し、成功率は24.2%だった。

ジャッキー・スチュワート

フライング・スコット “として知られるスチュワートは、1969年にマトラで、1971年と1973年にはティレルで 3度の世界タイトルを獲得している。 スチュワートは出場した99レースのうち27勝を挙げ、成功率は27.3%だった。 当時のチームメイトだったセバートが巻き込まれた事故により、早すぎる引退を余儀なくされたが、その後はマシンの安全性向上に努め、現在もF1に積極的に参加している。

ミハエル・シューマッハ

ミハエル・シューマッハ

忘れられないチャンピオンであるシューマッハは、ハミルトンと同じように、それぞれ7回の世界選手権を制した。 1994年と1995年の最初の2回のワールドチャンピオンはベネトンのステアリングを握って獲得したもので、それ以外はフェラーリが獲得したものだった。 トッド、ローリー・バーン、ロス・ブラウンとともに、マラネッロ・チームとそのファンに5度のワールドチャンピオンをもたらし、多くの人々にとって再現不可能な時代を築いた。 F1史上最も成功したドライバーである。 シューマッハは出場した308レースのうち91勝を挙げ、成功率は29.5%だった。

ニキ・ラウダ

ジェームス・ハントとのライバル関係や、1976年の大事故後の奇跡的な復活で知られるラウダは、フェラーリで1975年と1977年、マクラーレンで1984年に3度の世界タイトルを獲得している。
ラウダは出場した177レース中25レースで勝利し、成功率は14.1%だった。
ニキはモータースポーツの世界に忘れがたい足跡を残した。

ネルソン・ピケ

1952年8月17日、リオデジャネイロ生まれのネルソン・ピケは、F1で最も偉大なドライバーのひとりだが、しばしば過小評価される。 1978年から1991年にかけて、ブラバムとウィリアムズの2チームで3度のワールドチャンピオンに輝いた。 ピケはカートでキャリアをスタートさせ、1971-72年にブラジルのナショナルチャンピオンになった。 1976年にはフォーミュラVeeチャンピオンに輝いた。 ピケは1978年にF1デビューを果たし、1979年にはブラバム・チームに定着した。 ブラバム在籍中、ピケは1981年と1983年に2度のチャンピオンに輝き、1984年には9回のポールポジションという記録を打ち立てた。 ピケは開催された207レースのうち23レースで勝利。

アラン・プロスト

プロストは歴史上最も偉大なドライバーの一人であり、最初の3回はマクラーレン、最後の3回はウィリアムズでワールドチャンピオンを獲得している(1985年、1986年、1989年、1993年)。
ニキ・ラウダ、ミハエル・シューマッハに次いで、スクーデリア・フェラーリで十分な個性を発揮し、彼を中心に納得のいくチームを作り上げたおそらく3人目のドライバーとなった。 プロストは出場した199レース中51レースで勝利し、成功率は25.6%だった。 レースへの緻密なアプローチから “プロフェッサー “の異名を持つセナとのライバル関係は、20世紀のF1において最も説得力があり、物議を醸した。

ジル・ヴィルヌーヴ

ジル・ビルヌーブは一度もチャンピオンになったことがないにもかかわらず、F1ファンの心をつかんだ。 その華麗で勇敢なドライビングスタイルで知られ、しばしばマシンの限界を超えたプッシュを見せた。 ビルヌーブは1977年から1982年までフェラーリで F1を戦い、そのキャリアは比較的短かったが、モータースポーツ界に強烈な印象を残した。 息子のジャックは、これまで果たせなかった偉業を成し遂げる。 1997年、ウィリアムズでF1ワールドチャンピオン。

フェルナンド・アロンソ

2005年と2006年にベネトンで2度のワールドチャンピオンに輝いたアロンソは、現代で最も成功したドライバーのひとりである。 フェルナンドはフェラーリでワールドチャンピオンになれず、2010年、2012年、2013年の3度、総合2位に終わった。 377レースを走り、106回の表彰台を獲得した。 グランプリで32勝を挙げ、先勝率は8.5%だった。

ルイス・ハミルトン

ルイス・ハミルトン

世界で最も高給取りのスポーツマンの一人であるハミルトンは、シューマッハと同じく7度のワールドチャンピオンに輝いた史上最も成功したドライバーの一人である。
332レースに出走し、197回の表彰台に立った。 ハミルトンは出場した332レース中103勝を挙げ、成功率は35.7%だった。
2008年、2014年、2015年、2017年、2018年、2019年、2020年の7度のタイトルは、ルイスがマクラーレンをドライブしていた2008年の初タイトルを除けば、すべてメルセデスで獲得したものだ。 ルイスはF1のアイコンであり、世界的なスーパースターである。

セバスチャン・ベッテル

ベッテルは2010年に23歳と134日でタイトルを獲得した最年少ドライバーである。 299レースに出走し、122回の表彰台と53回の優勝を果たし、成功率は17.7%だった。 F1参戦2年目にトロ・ロスを駆ってイタリアGPで優勝し、レッドブルに移籍して財を成した。 2010年から2013年にかけて、オーストリア代表として4度の世界選手権タイトルを獲得した。 2015年にはフェラーリに移籍し、2度タイトルに迫り、2017年と2018年はランキング2位だった。 アストンマーティンでのキャリアは2023年の引退まで続く。

マックス・フェルスタッペン

マックス・フェルスタッペン

マックス・エミリアン・フェルスタッペンは1997年9月30日、ベルギーのハッセルト生まれ。 2021年、2022年、2023年にF1世界選手権を制覇。 その年齢とアプローチを考えると、彼はあらゆる記録を打ち砕く運命にあるように思える。フェルスタッペンは17歳でF1デビューを果たし、同カテゴリーの史上最年少ドライバーとなった。 18歳と228日、2016年のスペインGPで初優勝を飾った。 マックスは本能的でアグレッシブなドライビングスタイルで知られ、時には同僚たちと対立することもある。 2023年、フェルスタッペンは22戦中19勝を挙げたが、2位が2回、5位が1回だった……。 F1史上最多ポイントを記録した。 185レースに出走し、54勝を挙げた彼の勝率は29.2%で、RedBullの年齢と競争力を考えれば、この数字はもっと良くなるはずだ。

このリストに名を連ねるドライバーたちはそれぞれ、並外れたスキル、ユニークな個性、そして魅力的なストーリーによって、F1の歴史に忘れがたい足跡を残してきた。 史上最高のF1ドライバーたちであることは間違いない。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

Haas formula 1
tifosi formula 1