In スポーツ・スポンサー

チームやアスリートに投資して支援しようとする企業は、その目的が何であるかを明確に把握し、純粋に金銭的な支援なのか、それともさまざまな方法で開発・利用される長期的なプロジェクトなのかを最初から確定しておかなければならない。

スポンサーシップも寄付も金銭的な投資を伴うが、前者がマーケティングツールであるのに対し、後者は地域社会に対する善意のジェスチャーである。 寄付と スポンサーシップはどちらも興味深い事業だが、目的は異なる。 どちらも
スポーツ・スポンサーシップ
この2つの事業には 特にマーケティングの面で大きな違いがある。

まず第一に、スポンサーシップは、スポンサー企業に、チーム、アスリート、イベントのイメージとマーケティング権を獲得する可能性を与える。例えば、主要なアスリートの名前、名声、イメージを商業的、コミュニケーション目的で使用する可能性がある。 スポーツ・スポンサーシップは不可欠なマーケティング・ツールであり、非常に効果的であることは間違いない。

一方 寄付 を目的に使用してはならない。 コマーシャル そして マーケティング として使われることが多いが PRツール寄付は純粋でシンプルなものであるべきだ 親善の印 人々や企業が、援助を必要としている団体や個人に、自分たちの欲しいものを寄付することである。
寄付の結果としてマーケティング上の見返りを期待することは、確かに非倫理的である。

したがって、その区別は明確でなければならない。

では、なぜスポーツに関しては、寄付とスポンサーシップがしばしば混同されるのだろうか?

深入りするのを避けて言えるのは、社会的責任キャンペーンは 寄付と長期的なスポンサーシップの境界線上にあることが多いということだ。 そうではないことは明らかだろう。 例えば、少年サッカーチームのスポンサーシップ・キャンペーン。 この場合のスポンサーシップとは、キットの費用、スタジアムの費用、あるいはコミュニケーション資料への自身のロゴをカバーすることである。 スポンサーとして、あなたは戦略的な目的を持ち、チームを支援するために緊密に協力し、同時にあなたが携わっている支援活動を示し、宣伝する。

少年サッカーチームに寄付をすること自体は、イメージの見返りを期待することなく、その投資がどのように使われるかに影響力を持つことなく、慈善的な支援をすることを意味する。
援助者は、チームの決定に対して影響力を持つことは期待できない。

寄付金に対する税制優遇措置

慈善団体として正式に登録されているチームや団体に寄付をした場合、その経費を控除できる可能性がある。 この種の寄付は、寄付をした年に会社が上げた利益から差し引くことができるため、納税額が少なくなることが期待できる。 これに関する詳しい情報は、(英国の企業であれば)Gov.ukで見ることができる。 同サイトは、寄付とスポンサーシップの違いを次のように明記している。「スポンサーシップへの投資は寄付とは異なり、あなたの会社はスポンサー団体から見返りを受け取ります

MotoGPにおけるスポンサーシップと寄付

MotoGPに投資しているのであれば、そのスポンサーシップは寄付ではなくスポンサーシップである可能性が高い。

いずれにせよ、何らかの形でこのスポーツをサポートすることに興味がある方は、info@rtrsports.com。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

スポンサーシップと寄付の違いは何ですか?, RTR Sports
スポンサーシップと寄付の違いは何ですか?, RTR Sports