In フォーミュラ1, フォーミュラ1


フォーミュラ1
は、世界中で15億人のファンを持つと推定される、世界で最も人気かつ収益性の高いスポーツのひとつである。そのため、スポンサーにとっては多大なマーケティングとブランディングの可能性がある。 しかし、F1というスポーツは、環境への影響や持続可能性に関してますます厳しい目を向けられている。 このプレッシャーは、ビジネス目標の達成と社会や環境への積極的な貢献のバランスを取らなければならないスポンサーにも及んでいる。 このブログでは、F1のスポンサーシップがブランドにとってどのような価値を生み出し、同時にスポンサーが企業の社会的責任(CSR)の取り組みを通じて有意義な影響を与えることができるかを探る。

F1スポンサーの力と可能性

F1は、他に類を見ないほどグローバルなリーチとエンゲージメントの機会を提供する。 70年以上の歴史の中で、ヨーロッパ、アジア、南北アメリカ、中東の国々の文化的な織物に織り込まれてきた。 グランプリは巨大な国際的イベントであり、テレビ視聴率やソーシャルメディアとの相互作用は数十億にのぼる。 この知名度と名声が、F1が巨額のスポンサー契約を結ぶ理由だ。 DHL、ロレックス、アラムコ、ハイネケン、ペトロナスといった企業が毎年数千万ドルを支払っている。 を支払っている。 レビューでは、スポンサーシップがブランドの認知度や親近感を高めることが一貫して示されている。 たとえば、ニールセンの調査によると、F1選手権の前スポンサーである エミレーツのブランド認知度は、F1サーカスのスポンサーになってわずか2年で、35%から77%に上昇した

これらのパートナーシップはまた、広範なホスピタリティ、従業員のエンゲージメント、ネットワーキングの機会も提供している。 F1ホスピタリティの華やかさと興奮は、スポンサーがステークホルダーと関係を築くことを可能にする。 ブランドはまた、F1の卓越したエンジニアリングと最先端技術を活用して、自社の革新性とパフォーマンスを強調することもできる。 2021年にF1の予算上限時代が到来することで、スポンサーはチームの資金不足を補う重要性をさらに増している。 こうした理由から、専門家は2023年には世界のF1スポンサー収入が20億ドルを超えるだろうと予測している。

持続可能性がF1とスポンサーのカギに

しかし、F1は環境への影響に対する批判の高まりに直面している。 2019年のF1レースとテストの飛行距離は115,000マイルを超えた。 ロジスティクス、施設、レースには膨大なエネルギー消費と二酸化炭素排出が伴う。 消費者調査によれば、ファンにとっても持続可能性がますます重要になってきている。 YouGov』誌によれば、ミレニアル世代のF1視聴者の71%が、環境に配慮したスポーツの発展を望んでいるという。

これを受け、F1は2019年に持続可能性戦略を策定し、2030年までにネット・ゼロ・カーボンを達成することを目標に掲げた。 効率的なロジスティクス、プラスチック使用量の削減、責任ある調達、合成燃料の探求などの取り組みが含まれる。 レース主催者はまた、観客の排出量を減らすために、公共交通機関のインセンティブを提供するなどの措置を講じている。 F1は2025年に向けて、施設のエネルギー使用、廃棄物、持続可能な素材に関する野心的な中間目標を設定しており、こうした取り組みは加速している。

スポンサーにとっては、ビジネス的なリターンだけでなく、社会的な価値を生み出す責任あるパートナーシップの必要性が高まっている。カタール航空、セールスフォース、アラムコといったブランドが最近契約を結んでおり、F1のスポンサーシップに対する商業的関心が依然として高いことは明らかだ。 しかし、ファンはスポンサーの貢献度を監視しており、F1の持続可能性推進に賛同するブランドには報奨金を出すだろう。 ニールセンの調査によると、60%のファンがスポンサーはチームがより環境に配慮するよう支援すべきだという意見を持っている。

2024年フォーミュラ1カレンダー

F1スポンサーのためのベストプラクティス事例

多くのF1スポンサーは、目的や価値を示すためにCSRの取り組みを取り入れている。 以下は、社会的インパクトのためにパートナーシップを活用しているブランドの実例である:

ハイネケン(2016年よりF1グローバルパートナー)

アラムコ(アストンマーティンのF1チームパートナー)

AWS(F1インサイトパートナー)

f1-csrインパクトのあるF1スポンサーシップのための5つの重要なヒント

F1スポンサーシップを検討しているブランドにとって、最大限の価値とポジティブなインパクトを生み出すための5つのヒントを紹介しよう:

  1. チームやスポーツのサステナビリティ戦略の中核となる。 排出量、材料、多様性などに関する測定可能な目標を共同で策定する。
  2. 持続可能性、安全性、包括性、その他のCSR優先事項を促進するキャンペーンを通じてパートナーシップを活性化する。 消費者を積極的に活動に参加させる。
  3. チケットの寄付、パドック見学、エンジニアリング・ワークショップなどを通じて、恵まれないグループのためにユニークなアクセスと体験を可能にする。
  4. スポンサーの役割を活用し、インセンティブ、ボランティア活動、環境コミットメントなどを通じて、社内で持続可能性を高める。
  5. 影響を受けた生活、参加レベル、カーボンオフセットなどのKPIを通じて、パートナーシップの影響を追跡・報告する。

F1における社会的責任の未来

F1は、エキサイティングなレースを披露すると同時に、環境と社会の進歩を支持するスポーツとして、自らを再定義する旅の始まりにある。
規制、消費者の行動、社会的期待の変化を通じて、圧力は高まり続けるだろう。 価値観主導のパートナーシップを通じてこの進化を受け入れるスポンサーは、ブランドの評判とファンのセンチメントにおいて報酬を得るだろう。
2022年にグリーンピースがシェルによるフェラーリのスポンサーシップに抗議したときのように、それを無視する者は反発に直面する。 しかし、創造性、革新性、そしてコミットメントがあれば、スポンサーがF1を真の気候変動対策と社会的インパクトのためのプラットフォームとして利用するチャンスはある。
サステイナビリティの推進がスポーツ、ブランド、そして消費者のランドスケープを再構築するなか、F1における責任あるスポンサーシップは、他の業界にとって強力な手本となり得る。

F1とCSRの融合は本物なのか、それともマーケティング上の演出なのか? 課題は、真のインパクトとグリーンPRの魅力のバランスを見つけることにある。 皮肉屋は、こうした試みは単なる見せかけのグリーンウォッシュだと主張する。 しかし、批判がある一方で、責任へのシフトは感じられる。

私たちは、レースと責任が共存する時代の瀬戸際に立っている。 テクノロジーが進歩し、社会の期待が変化するにつれて、F1とCSRの結びつきはますます深まっていくだろう。 これからのレースに向けてギアを上げていく中で、真の勝利は単にゴールラインを通過することではなく、意味のある変化をもたらすことにある。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

F1スポンサーシップとCSR:ポジティブなインパクトを与える, RTR Sports
F1スポンサーシップとCSR:ポジティブなインパクトを与える, RTR Sports