In カテゴリーなし, スポーツ・スポンサー

ルーチョ・チェッキネッロのチームと、スーパーボーナス110%介入のリーダーであるレテ110%との間で、2022年と2023年の契約が結ばれた。 Rete 110%」ブランドは、シーズン中、中上とマルケスのユニフォームに、またイタリアGP(ムジェロ)とサンマリノGP(ミサノ)では2台のバイクに施される。

チェッキネロ・マルケス LCR 110

 

謝辞
RTRスポーツマーケティング
LCRホンダMotoGPと Rete 110%– Immobiliare Costieraは、2022年と2023年のMotoGP™シーズンにおけるパートナーシップ契約を締結しました。

ゼネコンであるImmobiliare Costieraと、マンションや大規模な商業・工業施設のスーパーボーナス110%を効果的に管理するために力を合わせる準備ができているサプライヤーやパートナーのグループを、全国で活動させることができるイタリア初のネットワークである。

LCRホンダMotoGPはルーチョ・チェッキネロが率いるチームで、1996年に誕生し、2006年からMotoGP™に参戦、4つのカテゴリー(125cc、250cc、MotoGP、MotoE)で87回の表彰台と25回の優勝を記録している。

2021年シーズン終盤からすでに始まっている両者のパートナーシップは、3月6日にドーハで開催される2022年MotoGP開幕戦カタールGPから更新される。

Rete 110%」ブランドは、LCRホンダMotoGPライダーである中上貴晶とアレックス・マルケスの両選手のスーツの胸と、チームメンバー全員のユニフォームの袖に、シーズンを通して使用される。

2つのイタリアGPに際して、Rete 110%ブランドはムジェロ(5月29日、イタリアGP)とミサノ(9月4日、サンマリノGP)でホンダRC213Vを使用する。 両レースにおいて、Rete 110%は中上のバイクゼッケン30の腹部とマルケスのバイクゼッケン73のフェアリングに表示される。

Rete 110%は、9月4日に開催されるサンマリノGPの第1レースと第2レースで、LCRホンダの両マシンのリアフェンダーに使用され、MotoEでもデビューを飾る。

フェルナンド・ディ・パオロ(レテ110%プロジェクトリーダー
「チームとルーチョ・チェッキネッロは、MotoGPにおける経験、信頼性、スピード、つまりレテ110%の価値観を代表している。 スーパーボーナスは環境維持のための選択でもあることを忘れてはならない。そのため、私たちはLCR Eチーム(電動バイクでMotoE世界選手権に参戦するLCRチーム)にも同席し、今日これらの問題に払わなければならない必要な注意を目撃したかったのだ。
LCRホンダMotoGPチームとの関係を継続し、強化する理由はたくさんあります。 この2年間のパートナーシップは、私たちに大きな満足を与えてくれると確信している」。

ルーチョ・チェッキネロ、LCRホンダMotoGPチーム代表
“信頼と実力の代名詞でありながら、イタリア市場に焦点を当てたこのブランドを世界中に紹介するため、今後2年間もレテ110%とのコラボレーションを継続できることを本当に嬉しく思います。昨年、私たちはすでにいくつかの活動(ファッション・ウィーク中のコルティナ・ダンペッツォでの素晴らしいイベントを含む)を実施し、今後数ヶ月間、多くのエキサイティングなプロジェクトを展開する予定です。2022年以降、Rete 110%はLCR E-Teamをサポートし、電動モビリティに関するプロジェクトと、より環境に優しい未来のための新技術の研究を支援します。私たちは、サーキットの中でも外でも、110%の力を発揮する準備ができています。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Recent Posts

Leave a Comment

LCRホンダMotoGPとレテ110%:2年間のパートナーシップを締結, RTR Sports
LCRホンダMotoGPとレテ110%:2年間のパートナーシップを締結, RTR Sports