In スポーツ・マーケティング, フォーミュラ1

週末
フォーミュラ1
オースティンのサーキットでF1が開催される週末は、スポーツとマーケティングの両面で非常に重要な意味を持つ。

スポーツの観点から見ると、F1にはいくつかの祝うべき理由がある。 まず、マックス・フェルスタッペンと ルイス・ハミルトンのライバル関係が、ここ数十年で最もエキサイティングでエキサイティングな世界選手権のひとつをサーカスに与えている。 もうひとつは、ここ数カ月のサーキット・スペクタクルのおかげもあってか、サーキット・オブ・ジ・アメリカズの観客動員数が驚異的な数字となったことだ。

しかし、それはおそらく スポーツ・マーケティング 四輪のトップ・コンペティションが祝福する理由を見つけなければならないのは、おそらくスポーツ・マーケティングのレベルだろう。 リバティ・メディアが企画した野心的な再始動計画は、デジタル・プレゼンスとブランド開発の両面で、最初の明確な成果を示しつつある。 このF1は明らかに近代化し、未来に向かって自らを投影している。
モータースポーツの頂点
モータースポーツの最高峰 “という埃っぽい男爵のジャケットを脱いで、より親しみやすく横断的な服を着ている。

ウインクするようなグラフィック、巧みに管理されたソーシャルメディア、そしてオンラインとオフラインのアクティベーションの数々は、若い観客と、モダンで陽気、カラフルで明らかにフレッシュなコミュニケーションをより茶目っ気たっぷりにウインクするプロモーションによって、オープンホイールのトップシリーズを急速に新時代へと導いている。 ノリスからルクレール、ラッセルからフェルスタッペンまで)新世代の若くて才能のあるドライバーたちが、チームやスポンサーのために身を粉にして働き、その一方でステアリングを握っているときのレベルは非常に高い。

イタリア、 イギリスフランスドイツといった歴史的な国々では、F1も楽なものである。

アメリカは、サーカスにとって常に大きな難問である。サーカスは常にスターがひしめく州でレースをしてきたが、異なるスポーツやエンターテインメントの環境に慣れた大衆の心をつかむことはできなかった。 アメリカンフットボールや 野球(旧大陸では意外にもあまり縁のないスポーツである)の話をするまでもなく、モータースポーツそのものがアメリカでは大きく異なっていることを思い出せば十分だろう。オーバルでのレースや、インディアナポリスや デイトナといった偉大なクラシックレースがいまだにシーンを支配している。

NBAとF1:ファン層を広げるためにプラットフォームを統合する

アメリカのプロバスケットボールリーグであるNBAと F1が、アメリカGPの開催に際して結んだパートナーシップは、このことを念頭に置いて読む必要がある。

両リーグの協力のもと、数多くの取り組みが開始されたが、イベント全体を通して、例えば、優勝トロフィーの贈呈など、アメリカのバスケットボールから借用したディテールが非常に印象的だった。 シャキール・オニール (伝統に則り、ほとんど節酒のない儀式で)。 なかでも、NBAの30チームが次世代F1マシンをバーチャルとはいえドレスアップし、ソーシャルメディアに投稿する作戦や、NBAのドライバーと選手によるチャリティを兼ねた射的大会は非常に興味深かった。

民俗的カラフルな側面を除けば、これらはすべて強力なスポーツ・マーケティングの根拠と明確な目的を持った活動である。 ブランドの認知度を高めるため、そして何よりも、長期的に新たな観客を生み出すニモニックな魅力を生み出すためである。

学校側から見ると、このようなクロスプラットフォームの運営(つまり、異なるプラットフォーム間、この場合は観客による作業)には、2種類の根本的な理由がある:

  • 認知度の向上
  • 価値協会

ビジネスの目標は明らかに、アメリカでF1製品を成長させることであり、非常に成功しているリーグを活用しようとしている。

NBAとF1:認知度の向上

アメリカにおけるF1の認知度を高めることは、NBAとフォーミュラ1のパートナーシップの最も単純な目的であるが、おそらく最も重要な目的でもある。 すでにブランド認知の段階を過ぎ、F1を “トップ・オブ・マインド “のブランドとして位置づけているヨーロッパ人にとっては、クレイジーに聞こえるかもしれないが、北米のすべての人々がトップ・フォーミュラを知っているわけではない。

ここで忘れてはならないのは、アメリカの観客のプロフィールが非常に多面的であることだ。アメリカの観客は、背景、伝統、文化、消費習慣の点で、ヨーロッパの観客よりもはるかに階層化され、多様化している。 要するに、これほど広くて多様性のある国では、ブランドの認知度と知識を広めることが第一の課題なのだ。

その意味で、NBA、その選手たち、そしてそのチームは最高級のチャンネルなのである。 実際、アメリカのバスケットボールは野球と並んで、アメリカで最も人気のあるスポーツとして表彰台の二段目を占めている(一段目は、間違いなくサッカー)。

ナショナル・バスケットボール・アソシエーションは、1シーズンで約90億ドル(約9,000億円)の収益を上げる産業である。
シーズンあたり90億ドルの収入
全米22の州に30のチームがある。 昨年のフェニックス・サンズとミルウォーキー・バックスの決勝戦の全国視聴者数は1試合あたり約1000万人で、レブロン・ジェームズ率いるキャバリアーズとステファン・カリー率いるウォリアーズが出場した2017年の1試合あたり2000万人以上を考えると、興味深い数字ではあるが減少傾向にある。

リーグのソーシャルメディアを利用するチームや選手個人に至るまで、F1の世界に関連するコンテンツを伝えることは、アメリカの非常に多くのバスケットボールの観客にオープン・ホイーラーを紹介し、F1のロゴをできるだけ多くの人の目に触れさせるために、最も簡単で、かつ最も効果的な方法である。

では、人気が決定要因なら、NBAではなく、アメリカのスポーツ界を席巻しているアメリカンフットボールリーグのNFLを使えばいいのではないか。

その理由はおそらく2つある。 一方では、NBAは今まさに新シーズンを迎え、チャンピオンシップの再開をめぐるメディアの大きな話題が、さらなる原動力として利用される。 もうひとつは、フットボールの内容や選手にほとんど関心がないであろうヨーロッパやアジアの観客にとって、NFLリーグの人気が限定的であることだろう。

NBAとF1:価値の関連性

すでにこのページで何度か紹介しているように、スポーツ・マーケティングとスポンサーの世界では、次のようなことが行われている。
スポンサーシップ
価値連想が大きな役割を果たしている。 成功したチームに昇格するようブランドをアプローチすることは、そのチームとスポーツの価値観、資質、特殊性をそのブランドに投影することになる。 これは一言で言えば、レッドブルが常に行ってきたことであり、自社のエナジードリンクをアドレナリン全開の若々しい「エクストリーム」なスポーツに関連付けることで、今日のような並外れたブランドとして位置づけることになったのである。 しかし、それはまた、何千ものグローバル・ブランドが、地球上のあらゆるフィールド、トラック、競技場で、スポーツ・スポンサーシップによって日々行っていることでもある。

この種の推論は、簡潔にするために簡略化しているが、行動心理学の研究において確かな科学的根拠を持つものであり、NBAと F1のようなパートナーシップの根底にあるものと同じである。

ここで、アメリカの観客の目にはF1が少し空っぽの箱のように映っていることを想像する必要がある。 サーカスには、ヨーロッパのようにサーカスを構成するのに十分な連想や特徴を、アメリカの大衆の心に植え付ける時間がなかった。 アメリカ文化に根差したこのスポーツに彼を近づけることは、F1に対する認知的、感情的な考えを形成する最初の方法だ。

NBAは国際的で、近代的で、豊かで、文化的に多様で、社会政治的にも素晴らしいリーグである。 また、デビッド・スターンから始まり、現在はアメリカ人がコミッショナーと呼ぶアダム・シルバーが長期的なプロジェクトを管理し、誠実さとプロフェッショナリズムを持っているリーグでもある。要するに、卓越性である。

したがって、NBAをF1と並べるということは、後者を前者の価値と資質で豊かにし、冒頭で述べた悪名高い箱を埋めることを意味する。 F1がこのような取り組みによって何千人ものアメリカ人ファンを獲得できたと期待する人は、棒の端から端まで見誤っているだけでなく、長い目で見れば的外れである。 テクノロジーの進化によってエンターテインメントの選択肢が増えた今、ファンはスポーツの楽しみとその文化や理解に徐々に近づいていかなければならない。

結論として

間違いなく、F1とNBAのパートナーシップは、F1のマーケティングとバスケットボール界のマーケティングを最もうまく調和させるために、文脈を考慮する必要がある。 パイロット同士の射撃競技や、殿堂入りを果たした選手が非実用的な乗り物に乗ってカップを届けることで、アメリカ征服が保証されると考えるべきではないが、こうした活動をそれ自体が目的だと誤解するような過ちも犯すべきではない。

その証拠に、グランプリのオープニングではいつもユニークなカントリーシンガーが登場する。 ジョシュア・レイ・ウォーカー 国歌斉唱をしながら、上空をヘリコプターが疾走する。 オースティン ダラス・カウボーイズのチアリーダーがポンポンを振り、パラシュート降下兵が星条旗を上空から滑らせ、牛飼いが自由の象徴である鷲を空中に放つ。

ステファノ・ドメニカリとリバティ・メディアの面々はこのことをよく知っている。 2022年にマイアミのサーキットにF1が戻ってくるのを待つ今、アメリカは慎重な和解戦略をとるのが適切かもしれない。

その一方で、国内外で最も成功を収めているアメリカン・リーグのひとつが、その道の一端を担うことを選んだ。 確かに究極の一手ではない。 しかし、最初の一歩としてはまだいい。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

NBAとF1:スポーツ・マーケティングがクロスオーディエンスであるとき, RTR Sports
NBAとF1:スポーツ・マーケティングがクロスオーディエンスであるとき, RTR Sports