In MotoGP, カテゴリーなし

買収
ドルナ
リバティ・メディアによるドルナ買収は、モータースポーツ界にとって重要な節目となる。 この戦略的な動きは、数カ月にわたる憶測を経て確定したもので、リバティ・メディアがMotoGPの運営を担当するドルナの株式の86%を取得するというものだ。
MotoGP
,
MotoE、
MotoGP、MotoE、スーパーバイク女子サーキット・レーシング・チャンピオンシップ、その他数多くの世界的なレース・イベントを担当する組織であるドルナの株式の86%をリバティ・メディアが取得することになる。 この歴史的な開発により、MotoGPと
フォーミュラ1
が同じ組織の傘下に入ることになり、2輪と4輪のレースの様相が一変する可能性がある。

買収の背景

リバティ・メディアのMotoGP参戦は、いくつかの指標から予想されていた。 ダン・ロッソモンドをドルナの上級職に任命したこと、米国初のスポンサー(eBay)を導入したこと、そして米国の放送局TNTと交渉したことは、MotoGPをリバティ・メディアのポートフォリオに統合するという明確な意図を示すものだった。 さらに、ステファノ・ドメニカリがMotoGPのパドックに頻繁に登場するようになったことや、新生チーム・トラックハウスの出現もその兆候のひとつだ。

アレックス・マルケス

MotoGPへの戦略的影響

リバティ・メディアによる買収は、両者に大きな利益をもたらすことになる。 ドルナは、F1でのリバティ・メディアの成功が証明しているように、モータースポーツの商業的価値を高めることにおいて実績のあるパートナーを得ることになる。 リバティ・メディアにとって、この買収は比較的低コストでモータースポーツにおける多角化と影響力拡大の機会を提供する。

比較分析:MotoGPとF1

MotoGPの売上高はF1の約16分の1であり、リバティ・メディアの管理下における成長の可能性を浮き彫りにしている。F1の収入は2023年には32億ドル(約3,000億円)に急増したが、これはスポンサーや放映権の増加、そして世界的なファン基盤の繁栄が原動力となっている。 これに対し、MotoGPのスポンサーからの総収入は2023年に8,795万ドル、シリーズ全体の収入は4億8,600万ユーロに達している。 この数字の差は、MotoGPがF1の成功戦略のいくつかを再現する大きなチャンスを強調している。

F1の成功からの教訓

リバティ・メディアの過去8年間のF1運営は、MotoGPの進化の可能性を示す青写真となる。 F1の飛躍的な成長に貢献した主な戦略には、以下のようなものがある:

  • 人口動態の拡大:より若く、より多様な世界の視聴者を惹きつける。
  • メディアコンテンツの充実:スポーツのエンターテインメント価値とビジネスの可能性を高めるワールドクラスのコンテンツを制作する。
  • イベント・スペクタクル:レースを記録的な観客動員数を誇る一大イベントへと変貌させる。
  • 利益の再分配:テレビ放映権やメディア放映権からの利益分配を通じて、全チームの健全な予算を確保するシステムを導入する。
  • 象徴的なシリーズ:Netflixでの『Drive to Survive』の成功は、ファンの関心を高め、スポーツの魅力を広めた。

バーニャ

潜在的な課題と機会

有望な見通しとは裏腹に、いくつかの課題と機会が待ち受けている。 主な重点分野は以下の通り:

  • メディアと放送:スポーツのリーチを拡大するため、より柔軟なマルチメディア操作の必要性に対処する。 特に視聴率が低迷または低下している国において、視聴者数を増やすために放送協定を再定義する。
  • 米国市場への浸透:アメリカの大市場を開拓するため、アメリカを拠点とするイベントを増やす。
  • スポンサーシップと収入:新たなスポンサーを誘致し、チームの財政的安定性を高めるため、商業収入分配システムを再評価する。
  • 技術的な規制:技術的な進歩よりもコース上での競争を重視し、レースをよりエキサイティングに、より多くの観客が参加できるように参加規則を調整する。

リバティ・メディアが描くMotoGPの未来

リバティ・メディアの焦点は、MotoGPを 商業的、メディア的、経済的に魅力的なものにすることだ。 これには以下が含まれる:

  • ストーリーテリングとブランディングハイレベルなモーターサイクルレース特有の運動能力、スキル、ドラマを強調するために、スポーツをめぐる物語を強化する。
  • 市場の拡大:スポーツの魅力と財政基盤を拡大するため、新たな市場を開拓し、新たなメーカーを巻き込む。
  • 包括性と持続可能性:MotoEを継続的に統合し、環境に優しい素材や燃料の使用を促進し、ESG(環境・社会・ガバナンス)の原則に沿った取り組みを支援する。

新時代の幕開け

リバティ・メディアによるドルナ買収は、MotoGPに新時代の到来を告げるものだ。 リバティ・メディアの専門知識とリソースを活用することで、MotoGPは商業的にも世界的なリーチという意味でも、大きな成長を遂げることができる。 この変革は、ファン、チーム、商業パートナーにエキサイティングな変化をもたらし、MotoGPをF1と並ぶプレミア・モータースポーツ・シリーズとして位置づけることになるだろう。

リバティ・メディアの実績ある戦略を活用し、モーターサイクルレースというユニークな状況に適応させることで、MotoGPは成長と変革のエキサイティングな旅に出ることになる。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

Ferrari f1
bagnaia