In フォーミュラ1, フォーミュラ1

フォーミュラ1が
2024年シーズンの画期的なカレンダーを発表した。
24グランプリという記録を打ち立てた。 今回のカレンダー延長は、FIA世界選手権の新たな時代を象徴するものだ。
F1世界選手権
F1の歴史を築いてきたヨーロッパの伝統的な開催地を維持しながらも、このスポーツをさらに拡大し、新たな場所でファンに届けたいというFIAのコミットメントを示している。

伝統的なヨーロッパから、アジアや中東を経由してアメリカ大陸まで、世界のあらゆる場所でレースが予定されているこのカレンダーは、F1のグローバルな性質と、多様な観客を惹きつけるその能力を反映している。

pexels-lara-jameson-8828320

土曜日にバーレーンとサウジアラビアで開幕

F1世界選手権の最初の2レースが従来の日曜日から土曜日に変更されたことは、中東のファンにとって重要な意味を持つ。 実際、週末が伝統的なヨーロッパや北米の国々とは異なる力学を持つ可能性のある、新興で多様な市場のニーズに適応しようとする試みである。

たとえば、中東の一部の国では週末が金曜日と土曜日にあたるため、土曜日のレースがその観客にとってより身近なものになる。

さらに、2024年は3月10日がラマダン(断食月)の始まりとなるため、シーズン最初の2レースを土曜日に行うことも考慮された。

この選択は、開催国(バーレーンとサウジアラビア)の宗教的慣習や行事を尊重するものであり、地元のファンや参加者がスポーツイベントと矛盾することなく聖月を守ることを可能にする。 これは現地の文化や伝統に対する大きな敬意を示しており、参戦国の地理的、文化的、社会的状況の違いにカレンダーを適応させるというF1のコミットメントを反映している。

ファンはどう思う?

ファンへの影響に関して言えば、この変化はさまざまな影響を及ぼす可能性がある。

一方では、土曜日にスポーツイベントを観戦することが望ましい、あるいはより現実的である市場において、参加や関与が増える可能性がある。
その一方で、日曜日にF1観戦をすることに慣れている他の地域のファンの中には、他の仕事との兼ね合いや、通常週末に予定されている他のスポーツイベントの観戦に支障をきたす可能性もある。

バーレーンと サウジアラビアで開催される2レースの金曜予選の観客動員数をチェックし、最初の2GPでどれだけのファンが営業日にコース上のマシンを追うことができたかを確認するのは確かに興味深い。

フェラーリ

改善のための実験

F1の世界的な視聴者数を増やすには、こうした新しいスケジュールを採用するのが適切であることが証明されるかもしれない。

このアプローチはファン層を拡大するだけでなく、F1サーカスに新たな商業的、スポンサー的機会を提供する可能性もある。 フォーミュラ1は、モータースポーツの世界だけでなく、革新的でダイナミックなビジネスモデルとしても卓越した存在であることを証明している。

その柔軟な適応力と市場機会の活用能力は、世界のスポーツシーンの最前線に立つビジョンを示している。

この変化と革新に対する寛容さによって、サーカスはレース運営を向上させるだけでなく、商業的プレゼンスを拡大し、世界中のファンとのつながりを強化することができる。

ブランド・ロイヤルティを生み出し、多額の投資を呼び込み、経済成長とスポーツの価値の普及に貢献することができる。 結論として、F1は、柔軟性、革新性、そして考え抜かれたビジネス戦略が、サーキットの内外でいかに具体的な成功につながるかを示す好例である。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

Ferrari Hamilton
b2b sponsorship