In スポーツ・スポンサーシップ, モータースポーツ

MotoGPスポンサーシップはいくら?モーターサイクルレースのトップクラスのパートナーになるには、いくらかかるのでしょうか? また、MotoGP、Moto2、Moto3のチームとスポンサーシップ・プログラムを計画する際には、どのような要素を考慮すべきでしょうか?

このような疑問にお答えするため、RTRスポーツマーケティングは、2輪レースの最高峰におけるスポンサーシップのコストを見積もる史上初の無料デジタルツール、MotoGPスポンサーシップ・カルキュレーターをご紹介します。

以下のフォームにご記入いただくだけで、オーダーメイドのスポンサーシップ・プログラムの費用がわかります。

最後に一言。MotoGPスポンサーシップ・カリキュレーターは、大まかな数字しか算出できないことをお忘れなく。 これらの数字は福音として受け取るべきものではなく、むしろ投資の桁を知るために使うべきものである。 ひとつひとつのスポンサーシップ・プログラムは、RTRスポーツ・マーケティングのようなプロのスポンサーシップ・エージェンシーによって検証され、構築される必要がある。

もっと知りたいですか? info@rtrsports.comまでメールをお送りください。

なぜMotoGPスポンサーシップ計算機を開発したのか?

まず第一に、私たちはスポンサーシップの価格設定プロセス全体を何とか標準化できないかと考え、ちょっとしたツールを作りたかった。 それはできなかった。スポンサーシップは、同じ屋根の下に置くにはあまりにもオーダーメイドのツールであり、私たちは常に “one size does not fit all “の旗を掲げてきた。 これは常に私たちの歌と踊りであり、今もそうだ。

しかし、理論的な見地から、スポンサーシップ・プロセスの定義に寄与している主な分野が何であるかを理解することは、良い訓練になる。 その点、スポンサーの計算機は非常に親切で、どのマシンにも言えることだが、不必要な質問や雑談で藪を叩くようなことはしない。

つまり、参加したいクラス表彰台獲得への期待ブランディングの大きさパスの枚数、副賞、タイトルなどなどだ。

結果は大雑把なものでしかない。 2021年のヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのオフィシャル・スポンサーになりたいのであれば、大まかな見当をつけることはできるが、現在のマーケティングに必要なニュアンスや繊細さを提供することはできない。 その意味で
MotoGPスポンサーシップ
電卓は、初心者や好奇心旺盛なマーケティング担当者、そしてオフィスでのちょっとした楽しみに最適なツールです。


フォーミュラ1のスポンサーシップ計算機も試してみよう!


MotoGPスポンサーシップのコスト

冗談はさておき
MotoGPスポンサーシップ
を計算することはできない。 プログラムもプロジェクトもそれぞれ違う。 それだけではない。 異なるブランド、異なる時代、異なる年、異なる人々。 私たちの目には、これはうれしいことであり、慰めであり、励みになる。 iPhoneやビッグマック、テスラカーが誰にでも同じ機能を提供するような、標準的な製品やサービスが氾濫する現代において、スポーツは柔軟であり続け、またそれに対応している。

このビジネスでは、人々は依然としてテーブルを囲み、ニーズを話し合い、意見を共有する必要がある。 多少の交渉は必要だ。 “MotoGPのスポンサー費用とは?” わからないし、わからない。 だから、大まかな数字が知りたければ、私たちのスポンサーシップ計算機を使ってください。 しかし、もしあなたが明確で詳細なアイデアを受け取ることを楽しみにしているのであれば、電話で10分間を過ごし、一緒に旅を始めましょう。 失望することはない。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
A graduate in Public, Social and Political Communication from the University of Bologna, he has always been passionate about marketing, design and sport. Even before finishing his studies, he started working in sports marketing and discovered the importance of everything outside the playing field. Since 2012 he has been with RTR Sports, where he is now Head of Communication and Marketing Officer for projects related to Formula 1, MotoGP and the best of other two- and four-wheel motor sports.
Recent Posts

Leave a Comment

MotoGPスポンサーシップ計算機 – MotoGPスポンサーはいくらかかる?, RTR Sports
MotoGPスポンサーシップ計算機 – MotoGPスポンサーはいくらかかる?, RTR Sports