In フォーミュラ1, フォーミュラ1

3月から12月まで24戦が行われる2024年のF1カレンダーは、モータースポーツのトップシリーズ史上最長となる。 実際、2024年のF1シーズンは3月2日にバーレーンの砂浜で幕を開け、12月8日にアブダビの壮大な舞台で幕を閉じる。

2024年F1カレンダーの地域化

24のイベントを開催する際のオーガナイザーの主な使命のひとつは、間違いなく持続可能性である(生態系だけでなく、シーズンの長さを考えれば経済的、人事的)。 そのため、適用される基準は地域性である。つまり、高速移動と低コストを可能にする、隣接する競技の大きなブロックを作ることである。 まさにこの原則のために、日本は4月7日の鈴鹿戦からシーズン序盤に移され、アゼルバイジャンのバクーGPはモンツァの直後に位置づけられ、ヨーロッパラウンドを締めくくる。 興味深いのは、スペイン、オーストリアイギリスや ラスベガスルサイルアブダビでの最終戦など、3連休のトリプルヘッダーが多いことだ。

中国も5年ぶりにカレンダーに復帰し、2024年のF1カレンダーにおけるアジア大陸でのレースは7戦目となる。

2024年フォーミュラ1カレンダー

2024年F1カレンダー

  1. 3月2日バーレーン、サヒール
  2. 月9日サウジアラビア・ジッダ
  3. 月24日オーストラリア、メルボルン
  4. 4月7日-日本、鈴鹿
  5. 4月21日中国・上海
  6. 月5日マイアミ
  7. 5月19日-エミリア・ロマーニャ、イモラ
  8. 月26日モナコ
  9. 月9日カナダ・モントリオール
  10. 月23日スペイン、バルセロナ
  11. 月30日オーストリア、スピルバーグ
  12. 7月7日イギリス、シルバーストーン
  13. 7月21日ハンガリー、ブダペスト
  14. 7月28日-ベルギー、スパ・フランコルシャン
  15. 8月25日オランダ、ザンドヴォールト
  16. 9月1日イタリア、モンツァ
  17. 9月9日-アゼルバイジャン、バクー
  18. 9月22日-シンガポール
  19. 10月10日 –アメリカ、オースティン
  20. 10月27日 メキシコ、メキシコ・シティ
  21. 11月3日ブラジル、サンパウロ
  22. 11月23日-ラスベガス
  23. 12月1日カタール、ルサイル
  24. 12月8日 –アブダビ、ヤス・マリーナ

課題と機会

の最初の2レースが行われた。 バーレーン e サウジアラビア の祝祭を適切に祝うため、日曜日ではなく土曜日に開催される。 ラマダン、 イスラム世界にとって、それはまさに 3月10日(日ジッダ・グランプリの余波を受け(安全なロジスティクスを考慮した結果、レースはジッダで開催された バーレーン 前週末に予定)。 これは、サーカスの驚異的な国際化と、4輪のトップ・シリーズがますます幅広い層の観客に受け入れられていることを示す多くの兆候のひとつにすぎない。

Drive to Survive(生き残るためのドライブ)』によるアメリカの爆発的な人気は、それだけでなく、FIAやさまざまな運営団体に、星条旗のF1への大きな憧れだけでなく、北米全体のF1への憧れを賢く管理することを迫っている。 メキシコ、カナダ、アメリカは合計で5つのコンペティションに参加している。急成長している市場にしては素晴らしい数だが、その飽和のしきい値を理解するのはまだ難しい。

スポンサー
スポンサー
選手権に関わるスポンサーやブランドにとって、非常に長いF1 2024のカレンダーは、さらなる認知度とエンゲージメントの可能性を確保する絶好の機会である。 冬休みが徐々に短縮され、現在では3カ月もない。このため、スポーツのニュース性が失われることはなく、年間を通じてより広範囲に報道されるようになり、投資家やパートナー、熱狂的な観客に再び有利になっている。

その一方で、この規模の選手権は経済的、技術的、組織的、そして人間的にも相当な挑戦であり、チーム、ドライバー、そしてスタッフが、中断がほとんどなく、有名な夏休みも3週間あまりに短縮された約10カ月に及ぶキャンペーンにどう対処するかが興味深い。

抱負と確認事項

すべてのことを考慮すると、2024年のF1カレンダーが、チャンピオンシップの猶予の状態を確認するものであることは明らかだ。 このような大規模なシーズンは、確固たる全般的な熱意と、世界の隅々まで行き渡った一流の組織の 確かさに支えられて初めて可能となる。 過去2年間にこのシリーズが記録した多くの完売は、このスポーツが健全であり、地理的な境界線以前に、時間的な境界線さえも超えて、まだ成長する余裕があることの証しである。 古今東西のサーキットがF1を望んでいるのは事実だが、その一方で、使える期間は数週間しかなく、物流上の要求も厳しいと言わざるを得ない。 現在、ドメニカリとそのスタッフは、世界で2番目に権威のあるスポーツリーグを手にしている。

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
A graduate in Public, Social and Political Communication from the University of Bologna, he has always been passionate about marketing, design and sport. Even before finishing his studies, he started working in sports marketing and discovered the importance of everything outside the playing field. Since 2012 he has been with RTR Sports, where he is now Head of Communication and Marketing Officer for projects related to Formula 1, MotoGP and the best of other two- and four-wheel motor sports.
Recent Posts

Leave a Comment

2024年F1カレンダー – 全24レースとサーキット, RTR Sports
2024年F1カレンダー – 全24レースとサーキット, RTR Sports