In フォーミュラ1, フォーミュラ1, モータースポーツ

モータースポーツの世界は、その本質的な魅力と世界的な注目を集める能力によって、マーケティングやスポンサーシップ戦略にとって肥沃な土壌となる。 特に、以下のようなアスリート・スポンサーシップは重要である。
フォーミュラ1
ドライバーやMotoGPライダーなどのアスリート・スポンサーシップは、伝統的なチーム・スポンサーシップと比較して、ブランドに多くの際立った利点を提供する。 この記事では、このような利点を探り、ダイナミックなモータースポーツ環境において、企業が知名度、エンゲージメント、ブランドと証言の関連付けの機会を最大限に活用する方法を明らかにすることを目的とする。

アスリート・スポンサーシップの独占性。

アスリート・スポンサーシップは、個々のアスリートとの直接的なコラボレーションに基づき、彼らの個人的なストーリー、業績、個性を引き立てる ものである。このタイプのスポンサーシップは、ブランドと視聴者の間に即時的かつ個人的なつながりを生み出し、スポーツファンの心に深く響く本物の物語を提供する能力によって区別される。

チームスポンサーとは異なるアスリート・スポンサーシップは、自動車やオートバイ、レーシングスーツやユニフォーム、移動手段、ピットパネル、ホスピタリティ、そして一般的に追跡可能なあらゆる素材を通じて、組織全体に焦点を当てたビジビリティを提供する。このアプローチは、ドライバーが世界中のファンにとって憧れの的であることが多いモータースポーツにおいて、特に効果的である。

ブランド独自のメリット

ターゲットを絞った可視性と真正性

アスリートと提携することで、ブランドはターゲットを絞ったビジビリティの恩恵を受けることができる。 ブランドは、アスリートのヘルメット、スーツ、個人のソーシャルメディア・プラットフォーム、そして公の場への出演を通じて、消費者との信頼できる個人的なつながりを維持しながら、ファンのユニークな興味や嗜好に共鳴するようにメッセージングや活性化戦略を調整し、正確かつ効率的に特定の人口層にリーチすることができる。

サーキットでのスキルだけでなく、ドライバーのパーソナリティを活用することで、ブランドアドボカシーを刺激するような、違った感情的なつながりを生み出すことができる。 前述したように、この戦略はチーム・スポンサーシップとは対照的で、この場合、ブランドは集団的な文脈に組み込まれ、時には個人的なアイデンティティの強さを失う。

深い関与とロイヤルティ

アスリートが個人的なレベルでファンを魅了することは、スポンサーブランドにとってより有意義なエンゲージメントにつながる。 アスリートのサクセスストーリー、克服した課題、ユニークな個性は、観客との感情的なつながりを生み出し、忠誠心を刺激し、自発的なブランド宣伝(ブランドアドボカシー)を促す。

キャンペーンにおけるクリエイティブな柔軟性

アスリートのスポンサーシップは、ブランドに無限の創造的自由を提供し、おそらくより伝統的なパートナーが課す制限の犠牲にはならない。 アスリートと直接仕事をすることで、高度にパーソナライズされたコンテンツ、体験、広告キャンペーンを開発することができ、混雑したメディア状況の中で際立って目立つことができる。 皮肉たっぷりに、そして自分自身を深刻に受け止めないという意志があれば、どんなものができるかを示す一例が、ウーバーがオーストラリアGPの際にアルファロメオ・ザウバー・チームのドライバー、バルテリ・ボッタスと制作した最新映画である。
アルファロメオ・ザウバー・チームのドライバー、バルテリ・ボッタスのオーストラリアGPでの映像だ。
.

アスリートのスポンサーシップにおける優れた事例:ケーススタディと勝利の戦略

バルテリ・ボッタス x Uber

バルテリ・ボッタス x Uber

バルテリ・ボッタスとUber:スピードとアクセスのコンビネーション

ウーバーがスポンサーを務めるF1ドライバー、バルテリ・ボッタスのケースは、ターゲットを絞ったスポンサーシップの威力を象徴している。 ボッタスの知名度とポジティブなイメージを利用したウーバーは、スピードと効率性、ドライバーと輸送サービス間の共有価値だけでなく、近さ、アクセスのしやすさ、ドライバーの人間的、個人的な特徴など、大衆の共感を得ることを強調したプロモーション・キャンペーンを展開した。 このキャンペーンでは、ボッタスが日常的なシチュエーションでオーストラリアへの愛を表現するプロモーション映像など、いくつかの取り組みが行われた。 このキャンペーンは、 メルボルン・グランプリの開催に合わせて実施され、このイベントを音頭取りとした。その結果、ユーバー・カーシェアのユーチューブ・チャンネルだけで約60万回再生された。

クリスティアーノ・ロナウドとナイキ卓越したシナジー

アスリート・スポンサーシップのもうひとつの輝かしい例は、世界的なサッカー・アイコンであるクリスティアーノ・ロナウドとナイキの長年にわたるパートナーシップである。 このパートナーシップにより、ナイキはロナウドの並外れたパフォーマンスとカリスマ性をブランドと結びつけることができ、専用のウェアとシューズのラインを作り、世界的に大成功を収めた。 この戦略には、壮大なCMの制作、限定イベント、ソーシャルメディア・イニシアチブなどが含まれ、ナイキは一流のスポーツウェア・ブランドとしてのイメージを固めてきた。 もっと詳しく知りたい方は、ナイキとロナウドの生涯パートナーシップに関する記事をご覧いただきたい。
サッカー選手には10億ドルという超大金が保証されている。
.

アスリート・スポンサーシップ VS チーム・パートナーシップ:勝利への戦略, RTR Sports

レブロン・ジェームズとBeats by Dreとのパートナーシップ

NBAのスター選手であるレブロン・ジェームズと、ヘッドフォンやオーディオ機器のメーカーであるビーツ・バイ・ドレとのパートナーシップは、アスリートのスポンサーシップがいかにスポーツの枠を超え、ポップカルチャーや消費者のトレンドに影響を与えるかを示す完璧な例である。 ジェームズの人気と影響力を通じて、Beatsは音質だけでなく、有名アスリートのライフスタイルに関連するファッショナブルで魅力的なブランドとしての地位を築くことに成功した。
以下は、レブロンとマンチェスター・シティのスター、アーリング・ハーランドを起用した最新CMのひとつである。
.

結論アスリート・スポンサーシップの物語力

これらの例は、アスリートのスポンサーになることが、単にブランドの知名度の問題ではなく、観客の心に深く響くストーリーを語り、永続的な感情的つながりを生み出す機会であることを示している。 ワールドクラスのアスリートと提携することで、ブランドは価値、情熱、願望を伝えることができ、イメージを強化し、意味のある本物の方法でリーチを広げることができる。

したがって、アスリートのスポンサーシップは、さまざまなコミュニケーションやビジネスの目的に適応できる強力で柔軟なマーケティング戦略として登場し、競争が激化する市場で際立つための独自のプラットフォームをブランドに提供する。

ターゲットを絞った知名度、本格的なエンゲージメント、並外れたクリエイティブの柔軟性を提供するこれらのパートナーシップは、視聴者がスポーツに抱く情熱と興奮を最大限に活用し、ブランドの存在感と消費者とのつながりを強化します。

スポンサーになっていただけますか?

あなたのブランドにとって、アスリート・スポンサーシップがもたらす変革の力を探る準備はできていますか?
ここをクリック
をクリックして、モータースポーツというエキサイティングな世界でスポンサーシップがどのようにブランドを成長させ、繁栄させることができるかについて詳細をご覧ください。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

formula 1 sponsorship
アスリート・スポンサーシップ VS チーム・パートナーシップ:勝利への戦略, RTR Sports