In スポーツ・マーケティング, スポーツニュース

タイトルスポンサー、別名「ネーミングスポンサー」、「ゴールドスポンサー」、「ワールドワイドスポンサー」と呼ばれるスポンサーシップは、スポーツチームのスポンサーシップに関しては、サッカーのような特定のスポーツのキットサプライヤーを除いて、最高レベルの重要性を持つ。 タイトルスポンサーという最上位の地位は、この役割を担うブランドにとって、マーケティングとブランディングのユニークな融合をもたらす。

タイトルスポンサーは、スポーツチームに関連するマーケティング権のかなりの部分をブランドに与える戦略的投資である。 コミュニケーションにおけるチーム名やイメージの使用からプロモーション活動まで、タイトルスポンサーはチームの知名度の最前線に位置づけられる。 これによりスポンサーは、チームの名声と観客のリーチを活用し、最適なブランド露出を行うことができる。

さらに、バスケットボール、モトGP、F1自転車競技のような一部のスポーツでは、タイトルスポンサーの影響力が、チームの名称やリバリーやユニフォームの色にまで及ぶことがある。しかし、サッカーのようなスポーツでは、このレベルのブランディングの影響はあまり見られない。

2022065134756_2022-03-06_dvv_pokalfinale_-_sven_-_5ds_r_-_0006_-_5dsr0946

以下は、タイトル・スポンサーをうまく利用した例である。

タイトル・スポンサーとは何ですか?また、この特定のプログラムにはどのような特典がありますか?

  • タイトルスポンサーの ロゴをチームのマシン、バイク、キット、その他の公式ウェアに表示すること。
  • ロゴがチームの印刷物、例えばテレビの背景、雑誌やニュースレター、ポスターや見出し紙などに表示されること。
  • タイトルスポンサーがスポーツチームのウェブサイトやソーシャルメディア・チャンネルで大きく紹介される。
  • タイトル・スポンサーの製品をチームのファンに頻繁に紹介。
  • スポンサーの製品やサービスを紹介するコンペティションやオファーを活用したチームのリーチ力
  • 見本市などのイベントにおいて、タイトルスポンサーが選手、ドライバー、ライダー、アスリートにアクセスできること。
  • スポーツチームが参加または出場するイベントにおいて、ホスピタリティ・イベントやB2Bの機会を企画する。

タイトル・スポンサーシップの威力は、その多様な活用方法にある。 タイトルスポンサーのロゴがチームのマシン、バイク、キット、その他の公式ウェアに表示されるのは当然のことである。 しかし、ブランドの知名度は、テレビの背景、雑誌、ニュースレター、ポスター、さらにはチームの公式レターヘッドなど、チームの印刷物にまで及んでいる。

さらに、タイトルスポンサーは、チームのウェブサイトやソーシャル・メディア・チャンネルを通じて、デジタルで大きな注目を集めることになる。 スポンサーの製品は頻繁にチームのファンに紹介され、製品と直接関わる機会を提供する。 チームのリーチは、スポンサーの製品やサービスをフィーチャーしたコンペティションやオファーにも活用される。

このようなブランディングの利点に加え、タイトルスポンサーは、トレードショーなどのイベントにおいて、選手、ドライバー、ライダー、アスリートへの独占的なアクセスを得ることができる。 これにより、ホスピタリティ・イベントの開催や、スポーツチームが参加または出場するイベントでのB2Bの機会を創出する道が開かれる。

しかし、タイトルスポンサーを管理するには、自由に使える膨大な可能性を考慮すると、時間と専門知識が必要である。 そこで、RTRスポーツマーケティングのような経験豊富なスポーツマーケティングエージェンシーが活躍し、わかりやすく専門的な方法でソリューションを提供します。

2022_miami_gp_-_red_bull_rb18_of_sergio_perez

タイトルスポンサーかプレゼンティングスポンサーか?

スポーツ・スポンサーシップに参入する企業にとって、タイトル・スポンサーとプレゼンティング・スポンサーの違いを理解することは極めて重要である。 タイトル・スポンサーは通常、チームのメイン・パートナーであり、プレゼンティング・スポンサーはイベントの重要なパートナーである。 どちらの役割も同様のマーケティング権を提供するが、活動の性質やスポンサーの業種によって若干の違いが生じる可能性がある。

名称の違いこそあれ、どちらのタイプのスポンサーシップも、マーケティングの機会とスポンサーシップの権利を提供する点ではまったく同じである。 どちらも、名前や画像の使用、スポンサーのロゴの目立つ位置、チームやイベントのウェブサイトやソーシャル・メディア・チャンネルでの紹介、ホスピタリティ・パッケージへの参加など、知名度を提供する。 スポンサーシップ・アクティベーションとは

スポンサーのネーミングライツの重要性

F1からMotoGPまで、モータースポーツのハイテンションな世界では、スポンサーのネーミングライツは最大限の知名度と露出を求めるブランドにとって、マーケティング・ミックスの極めて重要な要素となっている。 このような権利は基本的に、スポンサーが指定された期間、スポーツイベントやチーム、あるいはスタジアムに名前やロゴを付けることを認める契約であり、重要なブランド認知につながる。

経済学的な観点からも、スポンサーのネーミングライツから得られる価値は計り知れない。 一方では、スポンサーはチームやイベントに多額の資金を投入し、技術的な進歩やレーシングギアの改良からチーム運営全般まで、あらゆることを促進する。 このスポンサーシップによる資金流入は、チームやイベントが競争力を維持し、ファンに爽快なパフォーマンスを提供し続けるために重要な役割を果たす。 一方、この協会は、スポンサーに世界中の観客に広く知名度を提供する。 レースが展開されるたびに、何百万もの視線がスクリーンに釘付けになり、アクション満載のコンテストを追いかけている。 スポンサーのロゴがエキサイティングなレースや有名ドライバーと結びつけられて忘れられなくなることで、スポンサーのブランド認知度やリコールが急上昇する。 レースがスリリングであればあるほど、スポンサーにとってプラスになり、投資に対するリターンが大きくなる可能性がある。

F1やMotoGPのレースは世界中で開催されるため、スポンサーシップのネーミングライツは、多様で熱狂的な観客に国際的な露出を提供する。 このような知名度の高いイベントはメディアの注目を集め、その結果、さまざまなプラットフォームや地域で大々的に報道される。 スポンサーのロゴが脚光を浴びるたびに、ブランドの知名度と認知度のサイクルが持続する。

このような継続的な露出のサイクルは、ブランド・ロイヤルティという長期的な利益にも貢献する。 モータースポーツのファンはしばしば、お気に入りのチームやイベントをサポートするブランドに親近感を抱く。

スポンサーシップ・ドル、スポンサーロゴ、そして世界中でレースを観戦する何百万人もの観客が複雑に絡み合うことで、今日のモータースポーツ界におけるタイトル・スポンサーシップの重要な役割が浮き彫りになっている。 それは
フォーミュラ1
であろうとMotoGPであろうと、スポンサーシップのネーミングライツを確保することは、ブランドが成長エンジンに燃料を供給すると同時に、ペースの速いプロレースの世界に付加価値を与えることを可能にする戦略的な動きである。

RTRスポーツマーケティング


RTRスポーツマーケティング
モータースポーツを効果的なコミュニケーションツールとして活用することで、ブランドのマーケティングおよび商業的目標達成を支援することに専念している。 冠スポンサーシップ、プレゼンティング・スポンサーシップ、スポーツ・マーケティング全般のいずれにおいても、RTRスポーツ・マーケティングはブランドがこれらの機会をナビゲートし、最適化するお手伝いをいたします。 タイトル・スポンサーがどのようにあなたのブランドにとって有効かについての詳細は、Eメール(info@rtrsports.com)でお問い合わせください。

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

タイトルスポンサーとは何ですか?, RTR Sports
タイトルスポンサーとは何ですか?, RTR Sports