In フォーミュラ1, フォーミュラ1

F1は世界で最も規制の厳しいスポーツのひとつとして知られている。 国際自動車連盟(FIA)は、安全性、公平性、競争力のあるレースを維持するための複雑な罰則システムを通じて、F1のルールを監督し、執行している。F1におけるペナルティは、軽微なタイムペナルティからシーズン全体の失格処分まで多岐にわたる。 F1ペナルティの種類とその適用方法を理解することは、チーム、ドライバー、そしてファンにとっても極めて重要だ。

スチュワード

F1レギュレーションの施行は、FIAによって各レースに任命されたスチュワードに委ねられている。 スチュワードは4人で、そのうちの1人はF1経験者だ。 スチュワードは競技を監督し、競技規則や技術規則に違反する可能性のある行為を調査する。 彼らは違反の度合いに応じて罰則を与える権限を持っている。 スチュワードは自律的に活動するが、必要であればFIAにインシデントを照会し、さらなる検討を求めることができる。 レースウイークエンドにおける彼らの判断とペナルティの決定は最終的なものである。

ペナルティの種類

ドライブスルーとストップゴーの罰則

ドライブスルーペナルティと ストップゴーペナルティは、ドライバーがタイヤや修理のためにピットストップせずにピットレーンを通過することを要求するもの。 ドライブスルーペナルティは、許可された最高速度でピットを通過し続けること。 ストップ・ゴーの場合、ドライバーは指定されたペナルティー・エリアで一定時間(通常5秒または10秒)完全に停止してからレースに復帰しなければならない。 これらのペナルティは、ピットレーンでのスピード違反、ピットストップからの危険なリリース黄旗の状況下での追い越しなど、レース中の軽微な違反に対して適用される。 ピットで停止している時間や走行中に失った時間が罰として与えられる。

シャルル・ルクレール

5秒および10秒のタイムペナルティ

他のドライバーをコース外に追い出すなどの軽微な違反があった場合、レース全体のタイムに5秒または10秒のタイムペナルティが加算される。これはレース後にスチュワードによって適用される。 タイムペナルティは、ドライバーの成績に最小限の影響しか与えないように設計されている。 ドライバー同士の事故が、どちらにも非がないレーシング・インシデントとみなされた場合、最高20秒までのタイムペナルティが課されることがある。

グリッド・ペナルティ

グリッドペナルティは予選に適用されるもので、ドライバーは予選結果よりもグリッドポジションを下げてスタートすることが義務づけられる。 一般的には、シーズンごとに決められた数を超えてエンジンやメカニカルコンポーネントを交換したり、最低限のライフサイクル以外でギアボックスを交換したり、その他の技術的な違反があった場合に査定される。 エンジンやギアボックスのマイナーチェンジは通常、5位か10位のグリッド降格をもたらすが、パワートレインの大幅なアップグレードはグリッド後方からのスタートを誘発する可能性がある。

ペナルティポイント

ペナルティポイントはドライバーのFIAスーパーライセンスに加算される。 コース上でのインシデントや競技規則違反は、他の規定ペナルティに加えてペナルティポイントの対象となる。 ドライバーは12カ月間に12ポイントのペナルティを受けると、自動的に1レースの出走禁止となる。 禁止令を出すと12ヶ月の期間がリセットされる。 反則点は、科されてから12カ月が経過すると失効する。 この制度は、最初の罰則後も行動を改めない再犯者をターゲットに設計されている。

レース失格

スチュワードが科すことのできる極めて厳しいペナルティは、レース結果からの即時失格である。 その理由には、レース後の技術検査不合格、燃料流量制限の超過、特に危険な運転違反などが含まれる。 失格となったドライバーは、その時点で獲得していたポイントや表彰台のクレジットを失う。 予選タイムも抹消され、次のレースではピットレーンからのスタートを余儀なくされる。 また、最も悪質な違反に対してはレース禁止が言い渡されることもある。

シーズン失格

チームのフルシーズンのパフォーマンスの合法性に疑問を投げかけるような重大な技術的違反があった場合、FIAはそのチームをコンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権から完全に失格させることができる。 このペナルティにより、シーズンを通して獲得したすべてのポイントが剥奪される。 燃料流量計を不正に迂回したり、禁止されているトラクションコントロールシステムを使用したりといった違反行為に対する究極の最終手段である。 優勝ボーナスと賞金をすべて失うという莫大な代償は、大きな技術的不正行為に対する抑止力となっている。

マックス・フェルスタッペン-レッドブル

罰則の導入

スチュワードは、レースウイーク中のペナルティを決定する唯一の権限を持つ。練習走行中に起きた軽微な違反については、コース制限を超えたラップタイムや安全でない方法で行われたラップタイムを削除することができる
予選
グリッドペナルティーが適用される。 各レースの前に行われるドライバー・ブリーフィングでは、コース特有のイエローフラッグの手順など、臨時の特別ルールの概要が説明される。

スチュワードは、違反を犯したドライバーのチームボスに無線で連絡し、ドライブスルーやストップゴーのペナルティを科す。 チームはドライバーにピットインを指示し、ペナルティの手続きを行う義務がある。通告から3周以内にペナルティを受けなかった場合、さらなる罰則または失格となる場合がある。 タイムペナルティ、グリッドペナルティ、ポイントペナルティは公式通知によってチームに伝えられ、レース後にレースオフィシャルによって自動的に適用される。

スチュワードの判断や新たな証拠の分析を必要とする審査中のペナルティは、以下のステップを踏む:

  • 調査対象の競合他社および関連する第三者に通知すること。 これにより、証拠を検討し、弁護の準備をすることができる。
  • 被告人が自分の言い分を述べる公聴会の開催。
  • スチュワードの審議と評決。
  • 反則が支持された場合、処分を下す。
  • 決定の詳細をすべての競技者および一般に公表すること。

このプロセス全体は、レースウィークエンドに迅速な裁定を下しながらも、透明性を保つように設計されている。 レース後、スチュワードの決定について新たな証拠が出た場合、不服を申し立てる手段は限られている。

罰則の重さの要因

罰則を決定する際、スチュワードはこれらの緩和要因と加重要因を考慮する:

  • 違反の重大性と性質。 車の性能に直接影響を与える技術的な違反は、より厳しく扱われる。
  • 繰り返されるインスタンスと孤立したインスタンス。 度重なる違反は、減点方式による厳しい制裁が正当化される。
  • 意図的か非意図的か。 故意の不正行為や危険運転は、処罰がエスカレートする。
  • アドバンテージを得た。 罰則は、違反から利益を取り除くことを目的としている。
  • 他の競合他社への影響。 他のドライバーのレース結果に影響を与えるようなインシデントは、罰則の厳格化につながる可能性がある。
  • 損害が生じた。 損害や負傷につながるような事件には、より強い罰が与えられる。
  • 公聴会における協力。 罪を認めて悔い改めれば、場合によっては刑罰が軽減されることもある。

スチュワードは、状況要因を評価し、適切なスポーツ制裁を決定する際に大きな裁量権を持つ。 FIAは、重大な矛盾やルールの誤った解釈の証拠が出てきた場合、例外的にスチュワードの判断を覆す権利を保持する。

F1でペナルティが重要な理由

F1の広範な違約金制度が存在する主な理由は3つある:

  1. 安全性の確保– 危険な運転や安全でない状態の車に対して厳しい罰則を科すことで、パフォーマンスのために安全性を犠牲にすることを抑制する。
  2. 競争力の維持– 技術的およびスポーツ的な規制は、競争を緊密に保ち、財政的な持続可能性のために支出を抑制することを目的としている。 罰則は野放図な開発を防ぐ。
  3. 公平性の促進– ルールはすべてのチームとドライバーに平等に適用される。
    ドライバー
    . 厳格な執行が公平な競技場を提供する。

ペナルティはF1をマスターするための挑戦の一部だ。 ルールの範囲内でパフォーマンスを見つけ、一線を越えることなく限界まで追い込むことがゲームの命題である。 ドライバーにとってもチームにとっても、FIAの厳格なスポーツ規約が描く線にとどまることが、チャンピオンとそれ以外のグリッドを分けることになる。

時に厳しさや行き過ぎに見えるかもしれないが、F1の罰則の包括的な枠組みは、モータースポーツの最高峰でレースの安全性、競争力、公平性を保つために不可欠なものだ。 スチュワードは、優秀だがときに気負いすぎるドライバーや、一点集中型のエンジニアを取り締まるのが仕事だ。 60年以上もの間、このシステムは、常にエスカレートする賭け金と野心に直面しながらも、多かれ少なかれ成功を収めてきた。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

F1ペナルティの種類とその適用方法:FIA規則, RTR Sports
F1ペナルティの種類とその適用方法:FIA規則, RTR Sports