In スポーツ・スポンサーシップ

単なるライダーではなく、並外れたアスリートなのだ!

今日のグランプリ・バイクのような高性能車を使いこなすために必要な体力のレベルは信じられないほどだ。 時速0キロから100キロまでわずか1秒ちょっとで到達するためにスロットルを開けるとき、あるいは減速するとき、300馬力のバイクがライダーに伝えるストレスを想像できるだろうか? ライダーは例外なく、単なる才能以上のもの、つまりアスレチック・トレーニングを持っている。 土曜日にスプリントレースが導入されたことで、レースウイークエンドにライダーは2倍の努力をしなければならなくなった。

フィットネス事業と強力なコミュニケーション戦略

これはセクターの運営者にとってはごく普通のことで、ほとんど言うまでもないことだ。 観客もまた、息をのむようなデュエルを観戦することに慣れているため、ライダーが競技のために準備しなければならないことを忘れがちだ。

フィットネス事業についてはどうですか? 今のところ、彼らはこのコミュニケーション戦略を十分に活用していないが、以下に添付するビデオクリップを見れば、この分野が目新しいものではなく、ライダーがフィットネス業界にとって完璧な試金石となることがわかるだろう。

ここ数年、ライダーに要求される肉体的な努力はさらに増しており、レースは最後の曲がり角で勝負が決まることが多い。 バイクライダーが肉体的な持久力に乏しく、疲労の結果として貴重なコンマ1秒を失ってしまうのであれば、完璧なモーターサイクルを持つことに何の意味があるだろうか? 優れたメカニック・クルーと同様に、ライダーにとっても特別なトレーニング・プログラムは不可欠である。

持久力、瞬発力、爆発力、そして強さを組み合わせた総合的で多様なトレーニングが必要なのはそのためだ。 非常に頻繁だ、 自転車 バイクはジョギングと違って関節に衝撃を与えないので)トレーニングに使われる。 ケトルベル 抵抗バンドと TRXだ。 ライダー、そしてしばしばF1チャンピオンに選ばれるもうひとつの興味深いトレーニング用品がある。 バタック マシンだ。 これは、LEDクラスターターゲットを備えた特殊なマシンで、反応と周辺視野を向上させるために、スポーツ選手のトレーニングに特別に使用される。

適切な用具に加えて、的を絞ったトレーニング、計画的な食事、休息とエネルギー回復のための時間、そして多くの忍耐力が必要なのだ。

では、本当の秘密は何なのか?

完全な献身と、他の何かが組み合わさっている。 ライダーは フィットネスマシンのヘビーユーザーである。 クロスフィットの専門ジムで見かけるような器具であれ、体操競技用のリングであれ、ローイングマシンや ワットバイクであれ、それぞれの機械は望ましい体型を実現するために機能的である。 そしてもちろん、1年のうち9カ月は高いパフォーマンスが要求される。 シナリオをさらに複雑にするために、ライダーは移動するレース地ごとに異なる時差にもさらされる。 アスレチック・トレーニング、集中力、そして最高のアスレチック・トレーナーのサポートによる犠牲が不可欠であることは間違いないが、それだけでは十分ではない。 サプリメント会社はこのような厳しいシナリオを利用することもできるし、ライダーは男性の健康にとって素晴らしい証言となるだろう。

あなたの最高のトレーニング機器が、チャンピオンたちの最高のパフォーマンスを支えていることを世界に知らしめるチャンスを逃す必要があるだろうか? 御社が製造に特化しているのであれば フィットネス機器自転車スポーツウェア、あるいはサプリメントや食品全般の製造に携わる方で、二輪車の世界を探求したいとお考えの方は、ぜひ当社にご連絡ください。 連絡先Eメールはinfo@rtrsports.comです。

この記事をお楽しみいただけましたか? このチャンスをお見逃しなく!

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

運動器具、フィットネス、MotoGPのスポンサーシップ, RTR Sports
運動器具、フィットネス、MotoGPのスポンサーシップ, RTR Sports