In フォーミュラE, フォーミュラE

モータースポーツ
モータースポーツスポンサーシップエージェンシーとして
モータースポーツのスポンサーシップ・エージェンシーとして、私たちは新興の電動レースシリーズの役割と重要性を熟知しています。フォーミュラEMotoEエクストリームEはここ数年で急成長を遂げましたが、これには大きな理由があります。

このブログでは、電気自動車の最新の進歩と、それが自動車業界にどのような革命をもたらしつつあるかについて紹介する。 電気自動車を所有する利点と、従来のガソリン車ではなく電気自動車を選ぶ人が増えている理由について説明する。 また、ABB FIAフォーミュラEレースについても掘り下げ、これらの高性能マシンがいかに限界を押し広げ、将来の革新への道を切り開いているかについて議論する。 ABB FIAフォーミュラE世界選手権のスリリングな魅力と、世界中の観客が魅了される理由を解き明かす。

最後に、この競技スポーツで勝つために必要なことを詳しく見ていこう。 戦略からテクノロジーまで、最初にゴールラインを通過するためのあらゆる側面を検証する。 電気自動車、ABB FIAフォーミュラEレース、そして究極のフィニッシュラインを超えるために必要なすべてをご紹介します!

フォーミュラEスポンサーシップ

目次

電動レーシング・プロモーションの台頭

電動レースプロモーションの台頭は、モータースポーツ業界の大きなトレンドとなっている。フォーミュラEは持続可能なモータースポーツの先導役として、電気自動車とハイオク・レースを推進している。 このシリーズは2014年の開始以来、絶大な人気を博しており、私たちが後戻りできない気候問題に対する意識を高めるプラットフォームとなっている。

自動車メーカー各社は、世界中の道路をかつてないほど多くのEVで埋め尽くそうと躍起になっている。 フォードや シボレーのような企業が独自の電動デモ機を発表しているほか、eCOPOカマロのドラッグレーサーを製作するなど、さらに踏み込んでいる企業もある。 この電動化へのシフトは、排出量の削減と業界内の持続可能性の促進に役立っている。

サステイナビリティ(持続可能性)対策は、サーキット自体や、次のような公認団体によっても実施されている。 フォーミュラ1 そして MotoGP。 例えば、フォーミュラ1が最近発表した。 2030年までにイベントをカーボンニュートラルにする計画 レースウィークエンドに再生可能エネルギーを使用したり、チームやスタッフの移動の効率化を図ったりといった取り組みだ。 一方、MotoGPはヨーロッパのいくつかのサーキットで、太陽光で発電するソーラーパネルや、レース中に風力発電でクリーンなエネルギーを生み出す風力タービンなど、グリーンテクノロジーを活用している。

スポンサーシップは、モータースポーツ・イベントにおける持続可能性を推進する原動力となっており、アンコモンの『No Turning Back』キャンペーンはその代表例である。 このキャンペーンは、アンリアル・エンジンを活用して、ドライバーに決意を持ってゴールラインを越えさせるようなハイテンションなレースを再現することで、気候変動問題に対する意識を高めると同時に、業界にその名を刻みました。

フォーミュラEを筆頭に、電気自動車によるレースプロモーションの台頭はモータースポーツ業界に革命をもたらしている。 自動車メーカーが急速にEVに移行し、公認団体も持続可能性に向けて行動を起こしていることから、この傾向が将来も続くことは明らかだ。

持続可能なモータースポーツをリードするフォーミュラE

フォーミュラE は2014年の初開催以来、持続可能なモータースポーツのパイオニアとなるべくイニシアチブをとっており、以下のような有名ブランドの電気自動車のみを展示している。 ジャガー マセラティ, 日産 そして ポルシェ このオール・エレクトリック・モータースポーツ選手権は、バッテリー技術を推し進めただけでなく、気候変動に正面から取り組むための前進でもある。 フォーミュラEは、何が何でも勝つことだけに焦点を当てた “軍拡競争 “シリーズになるのではなく、そのルーツに忠実であるべきだという意見もあるが、電気自動車が消費者の間で勢いを増していることは否定できない。

No Turning Back」キャンペーンでは、Unreal Engineを使用してハイテンションなレースを再現し、ドライバーの意欲と決意を刺激します。 このキャンペーンは、フォーミュラEの持続可能性へのコミットメントを認知させ、シリーズが発足以来、いかに進歩してきたかをアピールするために実施された。 この活動の目的は、より多くの人々にこのミッションに参加してもらい、フォーミュラEのサポーター・グループをさらに拡大することだった。

ABB FIA世界選手権の第8シーズンは、4大陸にまたがる8つの新しい都市をフィーチャーすることで、私たちが後戻りできない気候問題への関心を高めた:サンティアゴ・デ・チリ(チリ)、三亜(中国)、ローマ(イタリア)、パリ(フランス)、ソウル(韓国)、ジャカルタ(インドネシア)、ロンドン(イギリス)ニューヨーク(アメリカ)である。 今シーズンは、電気自動車を通じた持続可能な輸送ソリューションを推進することで、業界に足跡を残そうとする自動車メーカーとスポンサーとのパートナーシップも増加した。

中国やイギリスのように、2030年と2035年以降にガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する国がある。 さらに、サーキット自体やFIAのような公認団体によって、再生可能エネルギーの使用、イベント中の排出量の制限、サーキットで使用される材料のリサイクルなど、数多くの対策が実施されており、レース環境はより環境に優しいものとなっている。 さまざまなステークホルダーによるこれらの取り組みは、関係者全員がモータースポーツ界における持続可能性にいかに真剣に取り組んでいるかを明確に示している。

全体として、フォーミュラEは、モータースポーツを通じてだけでなく、バッテリー技術の進歩や 充電インフラの開発などの研究を支援することで、クリーンエネルギー・ソリューションの世界的な普及を推進する上で不可欠な役割を果たしている。 これは、関係者全員がモータースポーツ界における持続可能性にいかに真剣に取り組んでいるか、そして、モータースポーツは責任を持って対処すれば、真に持続可能なものになりうることを明確に示している。

ABB FIA 世界選手権シーズン9 – 気候問題に対する意識向上

ABB FIA世界選手権は、世界をリードする電気自動車レースシリーズである。 2023年1月に開幕したABB FIA世界選手権のシーズン9には、以下のようなさまざまなメーカーの電気自動車が参戦している。 ポルシェ, ジャガー, 日産, マセラティ そして DSだ。 今シーズンは、可能な限り持続可能な脱炭素化に取り組むという、持続可能なモータースポーツにとって重要な節目となる。

私たちが後戻りできない気候問題に対する意識を高めるという選手権の目標は、イベントのあらゆる段階で環境に配慮した対策を講じることで達成されている。 たとえば、レース中のピットストップに従来のディーゼル発電機を使用する代わりに、チームは水素燃料電池やソーラーパネルで発電し、車両への充電やライトやカメラなどその他の設備に電力を供給している。 さらに、レーシングカーから発生する排出ガスを削減しつつ、パフォーマンスを損なわない方法も検討している。

各国政府は、エコカーの購入に補助金やインセンティブを提供することで、持続可能な交通手段を受け入れるよう市民を後押ししている。一方、自動車メーカーは、世界中の道路をかつてないほど多くのEVで埋め尽くそうと競争している。 また、フォーミュラEのような選手権に参加するチームには、サーキットの近くに風力タービンや水力発電所などの再生可能エネルギーを使用することを義務づける規制を実施し、サーキットで開催されるイベントの二酸化炭素排出量を大幅に削減している。

サーキットと公認団体の両方が実施したサステイナビリティ対策が、今シーズンが開催期間中、環境に優しい慣習を推進しながら、後戻りできない気候問題に対する意識を高めることに焦点を当てるために不可欠であったことは明らかだ。 ほぼ10年前に始まって以来の進歩は称賛に値する。

サーキットとサンクション機関の双方で実施されている対策

世界が脱炭素化とサステイナビリティに向かうなか、モータースポーツもいち早くそれに追随してきた。 サーキット自体も公認団体も、可能な限り環境に優しいイベントにするための措置を講じている。

サーキットレベルでは、太陽光発電、LED照明システム、風力タービンなどの対策を実施し、エネルギー消費を削減している。 制裁機関もまた、効率向上のために電気と燃料の両方を使用するハイブリッド・エンジンを導入することで対策を講じている。 F1は、車両からの排出ガスをさらに削減するために、バイオ燃料や水素を含む潜在的な選択肢を模索している。

電動化へのシフトは、自動車メーカーがレースシリーズ専用に設計された新しいEVモデルを投入するきっかけにもなった。 モータースポーツ界における持続可能な取り組みへの注目の高まりは、化石燃料の代わりに再生可能エネルギー源を動力源とするあらゆる形態の輸送手段を実現する、カーボンニュートラルな未来へと私たちを押し進めている。

このシフトは、設立当初から支援してきた石油会社からのスポンサー料に依存しているため、誰にとっても歓迎されるものではないかもしれない。 スポーツ・エンターテインメントを通じた生態系への影響を減少させるためには、後退は許されないことは明らかだ。

電動レーシング・プロモーションに関するFAQ

なぜ電気自動車が推進されているのか?

電気自動車は、排出ガスを削減し、燃料費を削減し、代替交通手段を提供する手段として奨励されている。 より環境に優しいエネルギー源への移行が進むにつれ、電気自動車は消費者にとっても企業にとってもますます魅力的な選択肢となっている。 電気自動車のレースイベントのスポンサーになることで、企業はブランドの露出を増やすと同時に、長期的には社会に利益をもたらすグリーン・イニシアチブを支援することができる。

政府は電気自動車を推進しているのか?

そう、政府は電気自動車を推進している。 いくつかの国では、EV購入に対する税額控除や充電インフラの提供など、EVの普及を支援する政策やインセンティブを実施している。 各国政府は、大気汚染や排出ガス削減のためにEVに目標を設定しており、EVの可能性を認識していることを示している。 これらの措置は、世界各国の政府が電気自動車の可能性を認識し、その普及に向けた措置を講じていることを示している。

電気自動車を買う動機付けは?

電気自動車の購入を促すには、包括的な戦略が必要である。電気自動車の購入を促すには、エコロジーと経済的な利点を消費者に知らせることが不可欠である。 第二に、電気自動車を購入する人に対し、税額控除やリベートなどのインセンティブを提供すべきである。 最後に、モータースポーツに特化したスポンサーシップ・エージェンシーと提携することで、企業は持続可能性へのコミットメントを示すと同時に、潜在的な顧客の間でブランドの認知度を高めることができる。

電気自動車の最大の課題は何ですか?

電気自動車の最大の課題は、航続距離の制限と充電時間の長さだ。 そのため、長時間の移動や通勤には実用的でなく、充電インフラへのアクセスが不十分な特定の地域では使用が制限されることもある。 電気自動車は、バッテリー技術やその他の要素に関連するコストが増加するため、従来の内燃エンジン車よりも価格が高くなる傾向がある。 最後に、電気自動車は従来の内燃エンジン車と同じような性能をまだ持っていない。

電気自動車のマーケティングは?

電気自動車のマーケティングには、認知度とエンゲージメントを高めることに重点を置いた包括的なアプローチが必要である。 デジタルメディア、ソーシャル・メディア・キャンペーン、体験型マーケティング・イベント、ターゲット広告、F1やフォーミュラEのようなモータースポーツ・イベントのスポンサーシップなどを活用し、希望するオーディエンスにリーチすることは、電気自動車のプロモーションを成功させるための効果的な戦略である。 さらに、製品のユニークな特徴に関するビデオストーリーなどのコンテンツを作成することで、潜在顧客との感情的なつながりを生み出し、ブランドへの関心を高めることができる。

結論

フォーミュラEは持続可能な競技の気候問題を先導している。 世界中の自動車メーカーも、かつてないほど多くのEVで道路を埋め尽くそうと躍起になっている。 これらすべての施策を組み合わせることで、電動レースがモータースポーツの世界で強力な力を持ち続け、かつてないほどの意欲と決意でドライバーにゴールラインを越えさせることができるだろう。

RTRスポーツマーケティングで、あなたの電動レースプロモーションを次のレベルへ。私たちの経験豊かなチームが、スポンサーシップの機会を最大限に生かし、モータースポーツの成功において新たな高みに到達するお手伝いをします。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

電動レーシング・プロモーションの活性化, RTR Sports
電動レーシング・プロモーションの活性化, RTR Sports