In スポーツ・スポンサー, スポーツ・マーケティング, フォーミュラ1, フォーミュラ1

F1の世界
フォーミュラ1
は、速いクルマと並外れたドライバーだけのものではない。 この数十億ドル規模の産業は、スポンサーシップの複雑なネットワークに基づいている部分もある。 しかし、なぜ企業はこのスポーツに多額の資金を投じるのだろうか?
その答えは、F1におけるスポンサーの心理と、それがファンの行動に与える影響を理解することにある。 以下は、このテーマに光を当てるための簡単なコメントである。

F1とスポンサーの歴史的関係

F1とスポンサーの結びつきは何十年も前からある。 20世紀半ば以来、ブランドはF1が持つ巨大なリーチ力と、毎週毎週、1年に10カ月も続くコミュニケーションの流れを作り出すことができる世界中の観客に与える影響力に気づいてきた。
いまや年間10カ月続く
. あらゆる製品分野の企業にとって非常に魅力的な市場を巡回する、複雑で巡回型のプロモーション・プラットフォーム。 スポンサーは単にスポーツをサポートするだけでなく、熱心なファン層を利用し、ファンがお気に入りのチームやドライバーに抱く(抱く

アライメントとブランド・アソシエーション

企業は、自社のイメージや価値観に合致するF1チーム、あるいは自社ブランドの確立を望むF1チームのスポンサーを選ぶ。 例えば、高級ブランドはトップクラスのチームと協力することで、卓越性と向上心を連想させるかもしれない。 例えば、IWC、 リシャール・ミルタグ・ホイヤーなど、高級時計製造分野だけに焦点を絞ったケースをご覧いただきたい。

とはいえ、F1に参戦するどのチームも、技術、 チームワーク 、信頼性、魅力など、どの企業も自社ブランドに反映させたいと考える一定の価値観を共有している。 ファンがチームとブランドの提携を意識するようになると、無意識のうちに、これらのブランドとサーカス全体の名声、そして個々のチームのパフォーマンスや成功を結びつけるようになる。

ファンの感情的な投資

F1は単なるスポーツではない。 ファンは自分の好きなチームやドライバーを応援するために、時間、お金、感情的な関わりを投資する。 スポンサーは、彼らの製品やサービスを買うことが彼らの情熱の延長線上にあることをファンにさりげなく納得させることで、このつながりを利用する。

可視化の力

2023年にサーキットに足を運んだ約300万人に加え、毎レース数百万人が観戦するF1サーカスは絶大な知名度を誇る。 スポンサーのロゴが入った車がカメラの前を通るたびに、ブランド・メモリーが強化される。 繰り返し露出されることで、視聴者の頭の中にブランドが定着し、自分が楽しいと感じる瞬間を連想することで、日常生活でもそのブランドを選ぶ可能性が高くなる。

フォーミュラ1ファン

独占性と熱望的マーケティング

F1は、エンジニアリングとドライビングスキルの頂点を極めるエリートスポーツと考えられている。 F1に関連するブランドは、自動的に排他的な雰囲気を獲得する。このような熱狂的なマーケティングは、壮大なものの一部になりたいというファンの願望に訴えかけ、この一流のイメージに沿った製品やサービスの購入を促す。

マーチャンダイジングの役割

キャップからTシャツまで、F1のマーチャンダイジングは盛況だ。 チームのウェアを着ているファンは、単に応援していることを示すだけでなく、会う人会う人に間接的にブランドを宣伝しているのだ。 スポンサーは、マーチャンダイジングが提供する広告の可能性を理解している。実際、好きなチームのカラーを誇らしげに身につけるファンは、全員がチームの証言者となり、チームウェアを着用するたびにパートナーブランドの露出機会を増やしている。

ソーシャルメディアとファン・エンゲージメント

今日のデジタル時代において、スポンサーシップはレース場をはるかに超えて広がっている。 チームやドライバーはソーシャルメディアでファンと交流し、スポンサーはブランドを宣伝するための新たなプラットフォームを提供する。 このようなデジタル交流は、ファン、チーム、スポンサーの間に深い絆を生み出す。
以前の記事
以前の記事
では、これらのチャンネルを活用するために欠かせないポイントを紹介した。

勝利の心理的インパクト

F1チームが勝利したとき、栄光を浴びるのはチームとドライバーだけではない。 スポンサーは、それに関連して勝利を享受する。 勝利に酔いしれたファンは、スポンサーを成功や功績と結びつけ、好意的な感情を抱くようになる。 一般的に、勝利やスポーツのプレパフォーマンスは、スポンサーシップ提案の主要なセールスポイントのひとつにすべきではないと私は考えるが、良いパフォーマンスがスポンサーシップの利益を大幅に増加させることは否定できない。

舞台裏へのアクセスの魅力

スポンサーはしばしば、ガレージ訪問やドライバーとのミーティングなど、舞台裏へのアクセスや独占コンテンツをファンに提供する。 このような体験は、ファンがブランドと感じる絆を強め、F1の世界以外でもブランドと関わる可能性を高める。 こうしたブランドこそが、彼らのパラダイスへの扉を開くのだ。

F1におけるスポンサーシップの未来

ファンの行動や消費パターンが進化すれば、F1スポンサーシップの力学も進化する。 新たなテクノロジーやプラットフォームによって、スポンサーはファンとつながる革新的な方法を見つけ、その戦略の背後にある心理がこれまでと同様に適切であることを保証する。 VR、AR(拡張現実)、APP(アプリケーション)など、消費者ファンとの関係を現在よりも高度で「親密」なレベルにまで高め、パーソナライズすることを可能にするあらゆるツールを駆使した新たなインタラクション・モードを期待しよう。

結論

F1とスポンサーの間の複雑なダンスは、単にマシンにロゴをつけるだけではない。 人間心理を深く掘り下げ、ファンの行動を理解し、感情的なつながりを利用する。 企業がF1スポンサーシップに多額の投資をするのは、ブランド認知のためだけでなく、F1というスポーツの価値、感情、名声に賛同するためでもある。 時が経つにつれてブランドに定着する価値観は、企業にとって必要であれば、ブランドを豊かにしたり、置き換えたりする。

ファンである私たちの連想や忠誠心は、こうした戦略的な動きによって絶えず形作られていく。 F1スポンサーシップの世界は、心理学的マーケティングのマスタークラスであり、賭け金の高いレースの世界では、マインド・ゲームはコース上の戦略だけにとどまらないことを示している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

F1におけるスポンサーシップの心理:ファンの行動, RTR Sports
Ferrari Hamilton