In MotoGP, カテゴリーなし, スポーツ・スポンサー

モータースポーツでは、観客の注目はコースや車やバイクにとどまらず、ドライバーのヘルメットのバイザーのような最も小さく、最も戦術的な角度にまで及ぶ。 これらの小さなスペースは、見た目はごくわずかだが、スポンサーにとっては格別な財産であることが証明された。スポンサーは、無数に存在するブランドの中で、時には無秩序に目立つために、これまで以上に革新的な方法を発見しようと躍起になっていた。

スターに接続する

近年、パイロットへのブランド表示を好むスポンサーの重要性が著しく高まっている。 ヘルメット、スーツ、さらにはバイザーの隅々まで、ロゴを挿入するための宝庫と化した。 ヒーローに物理的に近いことから、このオプションは、野心的な知名度目標を持ち、おそらく投資額が少ないスポンサーシップ・プロジェクトに取り組む際に、最初に検討すべきもののひとつとなる。

レース後、インタビュー後、表彰台後……こうした小さいながらも戦術的なスペースは、スポンサーに長期にわたる比類ない可視性を提供する。 F1 または MotoGP.

可視性と特権的地位

特にバイザーは 特権的なポジションを提供し、ライダーがフロントカメラで撮影されるたびに、スポンサーのロゴが常に見えるようにする。 デジタルメディアがドライバーやチームのイメージを発信する上で重要な役割を果たす時代において、バイザーの重要性、そしてバイザー上に存在する可能性は極めて重要である。

特にSNSでは、そのほとんどが電話経由で利用されるため、画面が小さく、主人公のタイトなショットが支配的だ。

アンブレーキ・グレッシーニ

ドライバースペースとチームスペースの違い

レーシングカーやチーム用品の大きなスペースとは異なり、バイザーはドライバー専用のユニークなスペースである。 この区別は、スポンサーにチームだけでなく、ドライバーの個人的なイメージやカリスマ性ともリンクさせるユニークな機会を提供し、大衆への感情的な影響を強める。

いくつかの例:アンブレーキレンズとガリレオレンズ

この戦略の顕著な例は、アンブレーキとアレックス・マルケスアンドレア・ドヴィツィオーゾとレンティガリレオといったドライバーとブランドのコラボレーションに見られる。 これらの提携は、バイザーの目立つ位置にあることによる視認性から恩恵を受けているだけでなく、以下のようなメリットもある。 魅力的なストーリーテリングを生み出している モータースポーツの世界で確固たる地位を築いた人たちは、一言で言えば、創造性と戦略によって、小さな物理的空間を強力なマーケティング・ツールに変えることができる。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ ガリレオ・モトGPスポンサーシップ

歴史について

F1におけるヘルメットのスポンサーシップは 1960年代に始まった
それ以前には、ファン・マヌエル・ファンジオ、ニーノ・ファリーナ、ジャック・ブラバムといった伝説的なドライバーたちがスポンサーなしでレースに参戦していた。
1968年FIAはドライバーとシングルシーターにスポンサーシップを誇示する自由を認め、このスポーツの本質を決定的に変えた。

photo_2024-03-30_14-24-31このヘルメットは? 魅力的な物語だ。
ドイツのレーシングドライバー、ヨッヘン・リントは、ヘルメットに広告スペースを表示した最初のドライバーの一人であり、今日のドライバーの前例となった。
リントは、死後に授与された唯一のF1ワールドチャンピオンとして悲劇的に知られているが、彼のマネージャーは他でもないバーニー・エクレストンだった。 後者は戦略的頭脳の持ち主で、この要求をヘルメットに掲げることで、一夜にしてスポーツ・マーケティングに革命を起こした。

この部門がどれほど進歩したかを振り返ると、驚かされる。
レーシングレッドはイタリア、ブルー・ド・フランスはフランス、レーシンググリーンはイギリスである。

なぜスポンサーエージェンシーなのか

モータースポーツにおけるスポンサーシップ戦略の進化は、以下のような専門エージェンシーを方程式に含めることの根本的な重要性を浮き彫りにしている。
専門エージェンシー
. これらのエージェンシーは、その専門知識と業界知識により、最も有利な機会を発掘し、スポンサーの知名度と影響力を最大化するためのスペースや条件を交渉することができる。 このような状況において、 スポーツ・スポンサーシップ・エージェンシーの役割は、パドックや裏方の複雑な生態系をうまくナビゲートするために 不可欠であることが証明されている。

結論

ヘルメットのバイザーは、モータースポーツにおいて重要な価値を持つ広告スペースとして登場し、 スポンサーに直接的かつ特徴的な可視性を提供する。 細部までが重要視されるこの領域では、一見地味だが効果的なこのスペースへの投資を決断することで、ブランドのポジショニングが大きく変わる可能性がある。この可能性を最大限に生かすには、有能なスポンサーシップ・エージェンシーとの協力が不可欠だ。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

バイザーにスポンサー:小さなステッカー、効果は絶大, RTR Sports