In スポーツ・スポンサーシップ

ご存知のように、スポンサーシップは、企業が大々的に、首尾一貫した大胆で効果的なキャンペーンで世界市場を攻めようとするときに不可欠である。 もしあなたが国際的な視野を持つブランドなら、マーケティング予算を巨大で情熱的で虜になる聴衆の前に確実に配置できる分野に投資したいと考えるのはほぼ間違いない。

この文章を読んでいるあなたは、おそらく、そのための最良の方法が、次のようなものであることに気づいていることだろう。 スポーツにおける スポンサーシップと広告。 国際的な観衆が集まる重要なスポーツイベント(MotoGP、F1、チャンピオンズリーグなど)のスポンサーになることで、ブランド認知度が大幅に向上し、売上も増加する。

ここでは、世界規模で新たなファンや顧客を獲得し、長期的にブランドへの投資を維持したいのであれば、 スポーツにおける国際的なスポンサーシップが最善の方法である主な理由を概説します。

スポーツの国際性

他のどのエンターテインメント・メディアよりも、スポーツは国境を越え、言葉の壁を越え、最終的には地球規模で人々を結びつける力を持っている。 サッカーの試合やモトGPのレースを観戦している人は、スタジアムやサーキットで隣にいる他のファンと自分が異なる文化圏の出身であることや、異なる言語を話していることなど気にしない。 この一体感が、人々を何度もスポーツに引き戻すのであり、スポーツにおける国際的なスポンサーシップがブランドにとって極めて重要な分野である理由なのだ。

ロゴ、バナー、ビルボード、サイドボード、その他多くの人目を引くアクティベーションなど、スポーツにおけるスポンサーシップや広告の 視覚的な方法についても考えてみよう。

カル・クラッチロー-2019

学際的キャンペーン

スポーツの国際的なスポンサーシップにおけるソーシャルメディアやデジタルアクティベーションは、今やファンから望まれているだけでなく、期待されている。 幸運なことに、これはブランドにとって絶好のチャンスとなる。世界中どこに住んでいても、スポンサーチームの試合やレース、ゲームに参加した人をフォローアップできるのだ。 あなたのロゴを掲げた看板や、あなたの色のジャージーを着たライダーやサッカー選手から何百マイル(あるいは何千マイル)も離れた場所に住んでいるファンであっても、ストリーミングやライブ・ビデオを通じて彼らのファンとつながることができる。 Eメール、ソーシャルメディアキャンペーン、デジタルインセンティブを通じて、キャンペーンの効果を本部から直接、正確に測定することができます。

金銭的な面では、高価な屋外マーケティング・キャンペーンの必要性が減ることを意味する。 つまり、以前はアクセスできなかった地域に到達できるということだ。 そして、仕事の効果をより簡単に測定することができる。

スポーツにおけるスポンサーシップと広告:どのスポーツに投資すべきか?

スポーツにおける国際的なスポンサーシップを検討する場合、数多くの投資方法が考えられるが、私たちは サッカーのスポンサーシップと MotoGPのスポンサーシップという2つの出口をお勧めしたい。

なぜこの2つのスポーツを特に勧めるのか? サッカーのスポンサーシップは、世界的な観客動員数、ファンを熱狂させる力、途方もない規模の情熱を生み出す力、そして私たちが容易に理解できないほどの資金力など、どれをとっても文句のつけようがない。 もしあなたが懐の深い多国籍ブランドなら、サッカーのスポンサーシップは検討すべきものだ。

同様に、MotoGPのファンは信じられないほど情熱的で、ほとんどすべての大陸の19カ国でレースが開催され、何百万人もの観客が世界各地を訪れている。
MotoGPスポンサーシップ
バイクやジャージのスポンサーシップ、デジタルへの投資、あるいはB2Bの観点から企業のホスピタリティなど、さまざまな機会がもたらされる。

 

発見
スポンサーシップ・アクティベーションとは
.

サッカーのスポンサーシップ、MotoGPのスポンサーシップ、スポーツ全般のスポンサーシップや広告についてもっと知りたい方は、今すぐRTRスポーツマーケティングにご連絡ください。

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

スポーツ界における国際的スポンサーシップ:グローバル化においてスポーツが鍵となる理由, RTR Sports
スポーツ界における国際的スポンサーシップ:グローバル化においてスポーツが鍵となる理由, RTR Sports