In フォーミュラ1, フォーミュラ1

F1マシン
F1マシン
は、スピードとパフォーマンスの限界を押し広げる驚異のエンジニアリングである。 しかし、この驚異的なマシンを操るためには、ドライバーはF1ステアリングホイールという洗練されたインターフェイスを必要とする。 このハイテク・ジュエルは、単にクルマを操るためだけのものではない。 ボタン、セレクター、ディスプレイが満載されたステアリング・ホイールは、ドライバーが驚くほど幅広い機能をコントロールすることを可能にする。 このブログポストでは、F1ステアリングホイールの世界に飛び込み、その機能性と天文学的なコストについて探る。

コントロールのシンフォニー

一見すると、F1のステアリングホイールは圧倒的で、クルマというより宇宙船のキャビンのように見えるかもしれない。 しかし、各ボタン、レバー、セレクター・スイッチには特定の目的があり、車の性能を最適化し、ドライバーにサーキットでのアドバンテージを与えるために極めて重要なのだ。 F1ステアリングホイールで制御される主な機能をいくつか紹介しよう。もちろん、ギアボックスとクラッチもステアリングホイール後部のパドルで制御される:

  • パワートレイン・コントロール:ドライバーはステアリング・ホイールを使ってエンジン設定を調整し、出力や燃料供給などの要素をコントロールできる。
  • ブレーキ配分:前輪と後輪の制動力配分を最適化し、制動力と安定性を最大化。
  • ディファレンシャル配分:ディファレンシャルは、左右の後輪間のパワー配分に影響する。 ドライバーはステアリング・ホイールを使ってこの配分を調整し、コーナリング時のハンドリングを最適化することができる。
  • エネルギー回生:最近のF1マシンはブレーキングからエネルギーを回収し、それを使って一時的にパワーをブーストする。 ドライバーはこのエネルギー回生システム(ERS)をステアリングホイールで操作する。
  • 無線通信:ドライバーはステアリングホイールのボタンを使ってピットクルーと通信し、重要な情報を送信したり、戦略的な最新情報を受け取ったりできる。
  • 水分補給システム:過酷なレース中、水分補給は非常に重要だ。 ドライバーはステアリングホイールから水分補給システムを作動させることができるため、集中力を維持しながらベストを尽くすことができる。
  • ピットレーン速度リミッター:このボタンは、ドライバーがピットレーンの速度制限を守り、ペナルティを回避するためのものです。
  • 戦略的な設定:ステアリングホイールには、ローンチコントロールや、レースの特定の局面でドライバーを有利にするための戦略的な設定をコントロールするボタンもあります。
アルピーヌF1ステアリングホイール

サーキット・オブ・ジ・アメリカズの2021年型アルピーヌ・ステアリング・ホイール

重要資料

F1のステアリングホイールもまた、軽くて 驚くほど強靭でなければならない。 F1では1グラム1グラムが重要であるため、ステアリングホイール自体にもカーボンファイバーなどの素材が多用されている。 ボタンとスイッチには、レース中に経験する極度の熱、振動、Gフォースに耐える高品質の素材を使用している。

高い技術の代償

複雑さと最先端素材の使用にはコストがかかる。 正確な価格はF1チームの秘密だが、 推定ではF1ステアリングホイールは5万ドルから10万ドル以上する。 この高コストの原因はいくつかある:

  • 先進技術:より軽量で機能的なステアリング・ホイールを作るために、常に新しい技術や素材が開発されているため、価格が上昇している。
  • カスタマイズF1ステアリング・ホイールは、各ドライバーの好みに合わせてカスタマイズされ、ボタンレイアウトやエルゴノミクスも個々のニーズに合わせて調整される。
  • 限られた生産台数:F1に参戦しているチームはほんの一握りであるため、このステアリング・ホイールの生産台数はごくわずかで、1台あたりのコストはさらに高くなる。

ドライバーとマシンの間の重要なリンク

F1のステアリングホイールは単なる高価な操舵装置ではなく、ドライバーとクルマをつなぐ重要な役割を担っている。 多くの機能を直感的にコントロールできるステアリングホイールによって、ドライバーはクルマの性能を最大限に引き出すことができる。 サーキットで卓越したパフォーマンスを発揮するために、複雑なボタンのシンフォニーを奏でる。それぞれのステアリング・ホイールは、ドライバーとマシンの特定のニーズに完璧に合うように設計された、エンジニアリングの傑作だ。

通常、通常のシーズンでは、 各ドライバーは1年間に3本から5本のステアリングホイールを使用し、万が一故障したり、不具合が見つかったりした場合に備えている。 これらはそれぞれ、ライダーのグリップ、好み、人間工学に合わせてカスタマイズされ、もちろんディスプレイに表示される内容にも無限のカスタマイズの可能性がある。

絶え間ない進化

F1ステアリングホイールの技術は常に進化しており、エンジニアやデザイナーは常に機能性、人間工学、性能の向上に取り組んでいる。 新素材、新技術、新アイデアは常に導入され、可能性の限界を押し広げている。

セナ、マンセルプロスト(さらに以前の例は言うまでもない)のような、本質的で直線的なステアリングホイールの時代はとうの昔に終わった。 セナが1988年にマクラーレンMP4/4で撮影した写真を数枚見るだけで、私たちが今日慣れ親しんでいるものとはまったく異なる物体が見えてくる。 まず形。完全に丸く、3本のスポークがあり、ギアレバーとクラッチレバーがまったくない(ギアレバーはコックピットの右側にあり、操作するにはハンドルから手を離さなければならなかった)。 そして、ラジオボタンとブーストボタン、つまり現代のDRSの前身であるターボ圧セレクターを除いて、ボタンやボタンがまったくない。

F1の世界を覗く魅惑の窓

レース・ファンにとって、F1ステアリング・ホイールは、この競争の激しいスポーツの世界を覗く魅力的な窓を提供してくれる。 これらの複雑な装置は、パイロットの技術と反応が最先端技術のパワーと精度と組み合わされる、人間と機械の交差点を象徴している。 このような理由もあってか、これらのオブジェはすべての愛好家の想像力と空想の中で常に特別な魅力を放ってきた。

今日のステアリング・ホイールは、70年代や80年代の丸いオブジェの遠い親戚のようなものだが、今やテクノロジーとカスタマイズの集大成である。 このようなオブジェのコストは必然的に高くなり、最高でも10万ドル(約1100万円)、生産量も非常に限られる。

当時と同様、今日でも、それを手にすることは、数値化することが難しい夢を象徴している。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Silvia Schweiger
Silvia Schweiger
ロンドンを拠点に25年以上モータースポーツを専門とするスポーツ・マーケティング会社、RTRスポーツ・マーケティング社のエグゼクティブ・マーケティング&コマーシャル担当アソシエイト・ディレクター。
Recent Posts

Leave a Comment

g forces f1
Ferrari