In スポーツ・スポンサー, スポーツ・マーケティング

さまざまなスポンサーシップがある。
スポンサーシップ
このブログの前のページですでに説明したように、スポンサーシップや パートナーシップにはさまざまな種類がある。

学術的であることを主張することなく、我々は次のように定義することができる。 テクニカルスポンサーシップとは、商品およびサービスを製造する企業がスポーツ資産(チーム、イベント、団体)と提携し、同時にその資産の主なスポーツプロジェクトの遂行に必要な商品およびサービスをその資産自体に提供することによって生じるマーケティング権の獲得である。.

お分かりのように、この定義にはいくつかの要素がある。

それらを検証してみよう。

何よりもまず、テクニカル・スポンサーとは、それ自体がスポンサーであり、経済的利益、ポジショニング、知名度などを得るために、マーケティングやコミュニケーションの権利を得ることを目的とした存在であると言わなければならない。 あらゆるタイプのスポンサーシップに共通するこの側面は基本的なものであり、あらゆるスポンサーシップ契約の背景にある中心的な理由である。

第二に、スポンサー契約と同時期に行われる商品やサービスの提供である。 テクニカル・スポンサーは、スポンサー報酬の基本的な部分として、その製品またはサービスを使用する。 一例を挙げれば、試合のユニフォームを製造するアパレル企業が、スポンサー契約を通じて、チームがピッチで着用するユニフォームも供給することで、チームのテクニカル・スポンサーとなる。

テクニカル・スポンサー

これは、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、ACミラン、ラツィオのテクニカル・スポンサーであるナイキ、アディダス、プーママクロンといった大手スポーツウェア・ブランドの典型的なケースである。 MotoGPの ドゥカティ・モーターバイクのチェーンを製造するD.I.D.や、 スクーデリア・フェラーリにブレーキを供給するブレンボ、ロジャー・フェデラーが握るラケットを製造するウィルソンも同様だ。

しかし、ここで重要なのは、定義の中の「その施設の主要なスポーツ事業の実施に必要な」という部分を区別し、明確にすることである。 チームやアスリートに商品(またはサービス)を提供するすべての企業がテクニカル・パートナーと定義できるわけではない。 ユニフォームを着てサッカーをしたり、ラケットを持ってテニスをしたりするのに規定があるように、自動車やバイクのレースをする人にはブレーキとタイヤが必要だ。 逆に、パスタや石油生産者、あるいはホスピタリティやオフィス施設を提供するゼネコン企業は、技術的なパートナーとは見なされにくい。

報酬、商品、サービス

最後に、この種のスポンサー契約の 報酬については何も語られていない。もし、伝統的に
メインスポンサー
の報酬がほぼ基本的に金銭であるとすれば、上述のような貴重な財やサービスが危機に瀕している場合、問題はより複雑になる。 技術的なスポンサーシップの場合、それぞれのケースについて、関連する要素を考慮しながら個別に検討しなければならないというのは、不正確な表現ではない。 単に資材を提供するだけで、契約の対価として十分な場合もあれば、金銭的な対価を商品に付随させる必要がある場合もある。

最近の例では、ナイキとマンチェスター・シティの契約がある。 スウッシュブランドは、選手とスタッフにすべての用具を提供することに加え、イングランドのクラブに年間4500万ポンドという高額な小切手を支払う。 同様に、同じアメリカ企業が、NBAバスケットボール・チャンピオンシップの全試合の供給契約に約10億ドルを支払った。天文学的な金額と言われるかもしれないが、その 通りだろう。

テクニカル・スポンサーの定義

効果とリターン

現実には、テクニカル・スポンサーは最も効果的で、 最も即効性のあるリターンのひとつである。 このような契約によって伝えられるのは、たとえ話を脱線させるなら、「私の製品は、世界最高のアスリートが使用するほど優れている。私の製品は、世界最高のアスリートが使用するほど優れている あるスポーツのファン、特にそれをプレーする人々は、スーパースターが競技場で使用している製品の選択に大きな関心を払い、自分のパフォーマンスを向上させることを期待して、同じ用具を買うことをためらわない。

日曜のコートで、メッシや ロナウドと同じシューズを履いた子供たちや、 モー・ファラーと同じメガネをかけたランナーナダルの バボラ・ピュア・エアロを履くために犠牲を払っているテニス愛好家を見かけることは珍しくない。

それは単なるファッションではなく(これは明らかに無視できない要素ではあるが)、製品の本質的な資質を即座に理解するユーザー/利用者によって明確に認識される、真の価値の通過点なのだ。

テクニカルスポンサー

テクニカル・スポンサーの価値は?

近年、他のスポーツとの差は劇的に縮まっているが、最大かつ最も過酷なテクニカルスポンサーシップは、主にサッカーの世界で見られる。

とはいえ、世界で最も重要なスポーツ施設にとって、テクニカル・スポンサーの経済的価値とは何だろうか? そして何よりも、このタイプのスポンサーシップを採用している最も有名なブランドはどこか?

いくつか例を挙げよう:

2017-2018シーズンの開幕と同時に、アメリカのブランドであるナイキは、アメリカのバスケットボールリーグの主催者である
NBA
. さまざまな情報筋が、当事者間の契約は約10億ドル相当だと証言している。

サッカーの世界では、バルセロナとナイキ、レアル・マドリードとアディダスがこの特別なランキングをリードしている。 ブラウグラナと口ひげは2018年に年俸1億7800万 ドルの10年契約を結び、ブランコスとドイツのブランドはここ数カ月で1億6900万ドルの契約を結んだ。 いわば、クリスティアーノ・ロナウドが所属するユベントスだけが、アディダスの必要不可欠な商品とサービスを1シーズンあたり5100万円で享受しているのだ。

世界で最も稼いだスポーツ選手のランキングを独占しているのは、ナイキから約1,800万ドルを受け取っているオールドレディーのポルトガル代表エースだ。 アディダスから 700万ドルを受け取っているリオネル・メッシや、アメリカのリーボックと500万ドルで結ばれているUFCファイターのコナー・マクレガーなど、他のスポーツ界のスターと比較すると、明らかに巨額である。

男子テニスの世界では、スイスのマルチ・チャンピオン、ロジャー・フェデラーが米国のラケット&バッグ・サプライヤー、ウィルソンと 年間200万ドルの生涯契約を結んだ。 女子の分野では、日本のテニスプレーヤー、大坂なおみが若干23歳で、有名な『フォーブス』誌によると、ナイキから毎年受け取る850万ドルのおかげで、より有名なセリーナ・ウィリアムズや マリア・シャラポワを抜いて、史上最高の女性アスリートとなっている。

最後に、バーチャルスポーツ競技における技術スポンサーシップの急激な成長を強調することも重要である。 アメリカ最大のケーブル事業者ComcastのXfinityとドイツの多国籍企業T-Mobileは、eスポーツをサポートする接続ツールとデジタルプラットフォームを提供している。
eスポーツ
をサポートする接続ツールやデジタル・プラットフォームを提供してきた。

エンジンについて話そう

最も効果的な例は、やはりモータースポーツの世界からだろう。 バイクを頻繁に、情熱的に(そして何よりも慎重に)使用する人たちは、一流の防護服の重要性をよく知っており、新しいバックプロテクター、グローブ、ヘルメットパッド入りジャケットを買うのにユーロを気にしない。 ダイネーゼ、アルパインスターズ、AGVAraiなどのブランドは(もちろん他のブランドも)、スポーツコミュニケーションとスポンサーシップを主要なマーケティング資産としている。

その一方で、バレンティーノ・ロッシがAGVを信頼しているのなら、ルイジ氏が通勤にAGVを使うべきではないだろうか?

したがって、テクニカルスポンサーシップは、コミュニケーションや商業面で重要な結果をもたらす効果的なツールであることを証明できるだけでなく、2027年までアディダスが販売するロナウドのレプリカジャージの数を考えてみよう。 https://www.gazzetta.it/Calcio/Serie-A/Juventus/21-12-2018/juventus-che-accordo-adidas-bianconeri-top-club-d-europa-cristiano-ronaldo-3101453722619.shtml?refresh_ce-cp しかし、スポーツ用品に多量に使用される素材の場合もある、 サプライヤー企業にとっては、テクニカル・スポンサー契約の一部を金銭ではなく自社製品で支払うことができるため、非常に便利である。.

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
A graduate in Public, Social and Political Communication from the University of Bologna, he has always been passionate about marketing, design and sport. Even before finishing his studies, he started working in sports marketing and discovered the importance of everything outside the playing field. Since 2012 he has been with RTR Sports, where he is now Head of Communication and Marketing Officer for projects related to Formula 1, MotoGP and the best of other two- and four-wheel motor sports.
Recent Posts

Leave a Comment

テクニカル・スポンサーとは?, RTR Sports
テクニカル・スポンサーとは?, RTR Sports