In カテゴリーなし

どちらも
フォーミュラ1
もMotoGPも、大規模かつ国際的なスポンサーのポートフォリオを持っている。 これらの企業は、長年にわたって世界中の二輪車や四輪車のトップシリーズに同行し、この素晴らしいプラットフォームを利用して、世界中に認知度を高め、参加者を増やしている。 テレビでも現地でも、知名度は最も重要な資産のひとつである。数千万人の視聴者がカレンダー上のレースを追うために5大陸から宗教的に接続し、毎週末には数十万人が各サーキットに押し寄せる。

これらのパートナーが一貫して正確に受け取ることを確実にするために彼に与えられたものF1とMotoGPは、洗練された印象的なメディア制作システムを構築してきた。それは、世界中のユーザーに楽しんでもらえるよう、一貫性があり、管理された最高品質の製品を保証する、魅力的なツール、技術、手順の数々である。

モトグプ1

スポンサーと放送

大半の場合、この制度がもたらす主な利点のひとつは、「経済的」「社会的」「環境的」である。 MotoGPまたはF1世界選手権の公式スポンサー 受信は サーキットの視認性 世界中のサーキットのカーブやストレート沿いには、何メートルもの看板がカメラの前に巧みに配置され、スポンサー企業のロゴやブランドはテレビで大々的に露出される。 DHL、ティソ、 レッドブルアラムコ、モチュール、ハイネケン、その他多くのブランドは、トラックサイドでのポジショニングのおかげで、毎週末に数百秒の露出を受ける。

一見単純に見えるこの練習には、実は同じように簡単な現実的な複雑さが2つある。

まずスポンサーのロゴを表示するパネルは、選手権に同行して、各サーキットに随時設置されなければならない。 常に同じ場所にあり、サイドラインの看板を保管して次の試合で再び掲げることができるスタジアムとは異なり、サーキットではMotoGPとF1が開催されるのは年に一度だけだ。 したがって、スポンサーのブランドを表示するパネル、プラカード、メディアは、リーグの他の部分と一緒に移動し、随時配置を変えなければならない。 このような努力は見事なものだが、トラック上での露出が直接追跡され、何度も綿密に管理されることを保証している。

この問題の2つ目の核心は、テレビレベルでは、 これらのスポンサーやパートナーが適切で一貫性のある適切な露出を受けられるようにしなければならないということだ。 何百万ドルも払って、そのロゴのないセクションに惚れ込んだ監督に忘れ去られるなんて、スポンサーは望まないだろう。 このようなことが起こらないようにするため、また、各グランプリの製品、ディスプレイ、演出が常に同じ仕上がりであるようにするため、MotoGPとF1は、テレビに送られるオーディオ/ビデオ信号を独自に制作し、放送局に完成品を届けている。

モトグプ2

サーキットからリビングルームまで:究極のレースシリーズをプロデュースする

長年にわたり、MotoGPとF1は製品の平均的な生産を引き継ぐことを決定してきた。 もともと各GPの放送はクルーやディレクター、現地調達の素材に委ねられており、レースの制作や放送には大きな格差があった。 異なるカメラ、異なるレイアウト、異なる人員、異なる信号伝送技術によって、南アフリカGPの観戦は、F1とは信じられないほど異なる体験となった。 ミュンヘン によって イギリス または 日本だ。 それだけでなく、スポンサーやパートナーは、知名度の不平等やブランド露出の偏りについて不満を漏らしていた。

つまり、開催地に関係なく、同じような特徴を示し、一定の水準を保証することができる均質な製品を、国民、利害関係者、スポンサー、パートナーに提供することである。

今日、MotoGPとF1のパドックの端には、近未来的なテレビ・コンパウンドがあり、Sky、DAZN、BT、Servusなどの放送局が配信する世界中の視聴者が見る放送を作り出す技術的な心臓がある。 サーキットに沿って、同じカメラと同じカメラマンが世界選手権の各ステージでのライダーたちの活躍を撮影し、同じディレクター、音響技術者、グラフィックデザイナーが、画像1枚1枚、グラフィック1枚1枚を切り取り、つなぎ合わせ、編集する。 その努力は物流面でも資源面でも莫大なものであり、レースに参加する自動車やバイクを支える技術にも劣らない驚異的なものである。

スポーツ・マーケティングの基本ツールとしての連載

プロダクションを連続化すること–ここでいう連続化とは、競技場でのプロダクション、テレビ放送、そして全体的なマネージメントなど、広い意味での連続化である–は、このような規模、経済的範囲、そしてファン層を持つ選手権やシリーズにとって重要なポイントである。

まず第一に、シリアル化、つまりプロトコル、アクション、ツールを体系的に複製することで、非常に高いレベルの管理が可能になる。すべてのサーキットを最初に設定することで、たとえば、すべてのスポンサーやパートナーが、契約上の権利を有するサーキットでの露出を確実に受けることができる。 その代わり、テレビ番組制作における自主性とは、各スポンサーに相応の放映時間を確保すること、あるいは地域スポンサーや単発スポンサーにより多くの枠を保証できることを意味する。

第二に、連載はブランド・エクイティを構築し、視聴者やファンの忠誠心を高める上で極めて重要である。 私たちは、マーケティング・ロジックにおける反復や繰り返しの効果や、長期にわたって強固で一貫性のあるブランドを構築することがいかに重要であるかを熟知している。 これらはすべて、MotoGPやF1といったブランドの基本的な特徴である。

モトグプ3

結論として

今日の二輪と四輪のトップ選手権は、組織的、経済的、そして物流的な努力の賜物である。 サーキットで繰り広げられる自動車やバイクの活躍は、常に水面下で動いている巨大な氷山の一角にすぎず、ファンや視聴者にはしばしば無視されていると言っても間違いではない。 これらの選手権を移動させ、テレビ放映し、刻々と変わる場所や気候の中で開催するには、何千人もの高度に専門化されたオペレーター、最先端の技術、そして膨大な資金が必要となる。

チャンピオンシップ全体の管理を引き継ぎ、あらゆる面でプロダクションをシリアル化することは、今日の論理でますます中心となっているマーケティングとコミュニケーションの問題に対する解決策である。 一方では、国際的な大手スポンサーは、確実で、数学的に提供され、測定される可視性のある、保証されたスムーズな製品を要求する。 もう一方では、世界中の膨大なファンが、テレビシリーズのように、同じ撮影、同じ演出、同じ画質で、お気に入りの選手の活躍を追いかけられることを望んでいる。

この驚異的な組織マシンが実際に動いているのを見るのは、ファンでなくともこの上ないスリルを味わうことになる。 スポンサーとしてその一翼を担うことは、品質と結果を保証するものだ。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

メディア出力のコントロール:F1とMotoGPスポンサーの秘訣, RTR Sports
メディア出力のコントロール:F1とMotoGPスポンサーの秘訣, RTR Sports