In スポーツ・スポンサーシップ, スポーツ・マーケティング

WEC(世界耐久選手権)はスポーツカーレースの究極のテスト場であり、2023年シーズンには多くのメーカーが復帰する予定で、このスポーツは急速に成長している。 では、世界有数の自動車メーカーがWECに復帰した理由は何だろうか?

世界耐久選手権は、F1やMotoGPのような他のスポーツとは明らかに異なる、モータースポーツの中でもユニークなシリーズである。 WECに参戦するのは特定のスポーツカーだけだからだ。 その上、レース時間もかなり長い。 選手権のヘッドラインイベント ル・マン24時間レースル・マン24時間レースは、最も長い距離を走ることを目標とする24時間レースである。 これらの特徴は、とりわけWECに異なるダイナミズムを与えている。 しかし、最も重要なことは、出場チームにとって「ロード・レバレント」が重要な目標であるということだ。 メーカー各社は、このレースを新車や新技術の研究開発の機会として活用し、それをロードカーに搭載している。 WECは、競争がイノベーションを促進するという勝利の混合物を持っている。

WECレギュレーションの変更

2023年シーズンからWECには大きな変更が加えられる。 ハイパーカー・クラス、ル・マン・ハイパーカー・クラス(LMH)、ル・マン・デイトナ・ハイブリッド(LMDh)である。 LMHはWECのトップクラスであり、プロトタイプとロードカーベースのマシンが対象で、合計出力は671bhp、最低重量は1030kgである。
LMDhはLMHの次のステップとみなすことができ、モータースポーツプログラム全体に資金を提供したくないメーカーにとって、WECへの安価なルートを提供する。 LMDh車は、ボッシュ(インバーター)、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング(モーター)、エクストラック(ギアボックス)が開発した4つのシャーシと仕様からメーカーが選択できるため、柔軟性が低い。[ii] とはいえ、LMHとLMDhはWecハイパーカー・カテゴリーと総称され、サーキットでは互いに競争することが予想される。

メーカーにとって、LMHのレギュレーションに合わせてクルマを作るメリットは、実質的にゼロからクルマを作ることができるということだ。 その結果、彼らはより多くの新機能をテストする(そして披露する)ことができる。 ハイパーカーをLMHのレギュレーションで製造するフェラーリは、『トータル・フェラーリ』なクルマを作りたいと明言しており、クルマのデザインをより自由にコントロールできる魅力を強調している。[iii]

しかしその一方で、LMDh規制は世界のトップ自動車メーカーを惹きつけている。 ポルシェ、キャデラック、ランボルギーニだ。ポルシェと キャデラックは長年参戦していなかったが、WECに復帰することになり、ランボルギーニはWEC初参戦となる。 このトップメーカーの流入は、WECの非常にエキサイティングな未来を指し示すものであり、モータースポーツにおける次の大きな出来事となる!
最も魅力的な展開のひとつは、アストンマーティンがWECに復帰したことで、世界選手権における GTレースの未来に興奮を与えている。 トヨタや フェラーリといった有力メーカーに加え、これらのメーカーも最新鋭のレーシングカーを投入し、爽快なシーズンを演出する。

より適切な研究開発の機会

WECの最も魅力的な側面は、メーカーに新しいクルマの機能を研究開発する機会を与えることである。 この種の研究は、すべてのモータースポーツで一般的になりつつある。F1やMotoGPは、将来的に一般車両に使用できるようにすることを視野に入れ、持続可能な燃料を車両でテストしている。 このような取り組みが見られるのは素晴らしいことだが、このような先進的な考え方は、WECが発足した当初からの定番であることに注意する必要がある。

WECは自動車メーカーにとって常にテストの場であり、一般的な自動車に近い車両が参加するスポーツであるため、レースで成功した機能がほどなくして公道で見られるようになることが多い。 WECと他のモータースポーツとの間にある “公道との関連性 “の格差は、ドライバーのアンソニー・デビッドソンに最もよく言い当てられている。『24時間のハードなレースをわずかな不具合もなく走り抜けるために、複雑な現代のハイブリッド・レーシングカーを作るのは不可能なことのように思えるが、それこそがル・マンで勝利を得るために必要なことなのだ』。[iv] これは信頼性を重視するためで、WECマシンの特徴はロードカーに近い。 一方、F1マシンはもっぱらスピードに重点を置く。

耐久レースで開発されたクルマの特徴は? WECのレースは長丁場であり、それに伴って天候も変化するため、ワイパーのテストが行われた。 さらに、初期のWECレースでロレーヌ・ディートリッヒがフォグランプを導入した[v]WECが他のモータースポーツとともに気候変動との戦いに挑むなか、開発されているより現代的な機能には、 バッテリーエンジン・パワートレインが含まれる。

WECスポンサーシップへの参加方法

WECの性質上、新しいモータースポーツファンには少し刺激が少ないかもしれないが、その重要性は否定できないし、その意義はこのスポーツの何百万というファンによって認識されている。 スポンサーはWECがF1のようなブームになるとは期待していないが、トップメーカーの復帰はこのスポーツがよりエキサイティングなものになることを意味する。 フェラーリのようなメーカーの競争力は、競争しているチームが革新を迫られ、あるいは取り残される危険を冒すことで、変化を促進するのに役立つはずだ。 この新しい環境は、より興味深い機能が試され、テストされることで、レースをよりエキサイティングなものにするはずだ。

2023年シーズンが目前に迫り、2024年シーズンに向けてさらに多くのメーカーが参加する今こそ、WECのスポンサーシップに参加する絶好の機会である。 イノベーションと、より持続可能な世界への移行に焦点を当てた時代に突入した今、これ以上ふさわしいスポーツはないだろう。 自動車の技術革新の拠点に貴社のロゴを掲載することは、非常に意味のあることです。 また、北米、ヨーロッパ、アジア、中東で開催される、まさにグローバルなスポーツでもある。 そうすることで、あなたのブランドは最大限の可視性を確保し、あなたとWECファンとの間に関係を築くことができる。

停滞期を経て、WECは急成長している……今すぐ私たちに連絡を取り、あなたとあなたのブランドが台頭の一翼を担えるようにしましょう。

 

 

 


[i] https://www.evo.co.uk/racing/21388/wecs-le-mans-hypercar-and-lmdh-ready-to-do-battle-in-2023

[ii]https://www.autosport.com/wec/news/who-will-race-in-wec-and-imsa-with-lmdh-lmh-cars-in-2023/10375254/

[iii] https://www.autosport.com/wec/news/who-will-race-in-wec-and-imsa-with-lmdh-lmh-cars-in-2023/10375254/

[iv] https://www.nytimes.com/2017/06/16/sports/autoracing/le-mans-is-also-24-hours-of-research-and-development.html

[v] https://www.nytimes.com/2017/06/16/sports/autoracing/le-mans-is-also-24-hours-of-research-and-development.html

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Recent Posts

Leave a Comment

自動車メーカーがWECに復帰する理由とは?, RTR Sports
自動車メーカーがWECに復帰する理由とは?, RTR Sports