In スポーツ・スポンサーシップ

この記事のタイトルは少し挑発的に聞こえるかもしれないが、そうではない。 スポンサーになることを決めた動機 特定の 特定のスポーツ決断を下す人は、その種目やイベントのファンであり、価値の一貫性や知名度に関係なく、何が何でもスポンサーになろうとするかもしれない。 同じように、かつて練習していたスポーツにまだ片足を突っ込んでいたいという考え方もあるだろう。

もしあなたが良識ある企業で、プラスのリターンを得ることを求めているのであれば、スポーツイベントが健全かどうかを常にチェックすべきだ。 それは、チケット売り場の最近の売り上げデータをチェックすることだ。

華やかなパフォーマンスと感動を提供できるスポーツは、常に完売している。 多くのテレビ視聴者がいるにもかかわらず、チケットが売れないような宣伝効果の高い種目は、考える材料になるか、あるいはあまり外交的ではないが、重要な警鐘を鳴らすべきだろう。

避けられない行列や駐車の難しさを乗り越えてまで足を運ぼうと思わせるほど、観客に訴えかけることができるイベントだけが、実際に観客のモチベーションを高め、その種目のポジティブな価値をブランドに伝え、売上にインパクトを与えることができるのだ。 なぜですか? なぜなら、これらのイベントはマジックだからだ。 彼らは個性的で、観客はそれを実際に見てみたいと思っている。 エキサイティングで魅力的だ。 ワールドカップの決勝戦マイク・タイソンとのボクシングの試合、モナコでのF1レースなど、観客が喜んで参加するイベント、観客を喜ばせるハプニング、記憶に残るユニークな瞬間、観客に「私はそこにいた」と誇れるようなイベントである。

もし、あなたが考えているスポーツが魔法を失い、スタンドやテラスを埋め尽くせず、テレビで観戦した方がいいのだとしたら、それは間違った方向に進んでいると言わざるを得ない。 健康的なスポーツとは、主催者があらゆるレベルで競争力を生み出すことができるスポーツであり、結果はまったく当然のものではなく、ひねりもごく普通のことである。 あるいは、男子の才能が前人未到のパフォーマンスを生み出すスポーツである。 フェデラー ナダルと ジョコビッチ、またはその最後の周回 ロッシストーナーロレンソマルケス ドヴィツィオーゾはここ数年、私たちを楽しませ、ソファから飛び出させてくれた。

観客にアピールでき、自分たちの利益にもなるような番組だ。 知名度を与え、記憶に残るという点で、非常に強力なコミュニケーション戦略である。 退屈なイベントや、結論が決まっているイベントは極力避けるべきだ。

だから、あなたが買おうとしているスポーツ施設のチケット売り場の傾向を聞くことを忘れないでください:これはあなたが応援しようとしているイベント/ハプニングの最高の健康指標です。

もちろん、実際の傾向を把握するためには、この作業は少なくとも3年から5年の期間にわたって行う必要がある。 降雨量、政治選挙、ガソリンスタンドのストライキなど、さまざまな要因に影響される可能性があるからだ(私自身、長年にわたってこれらの要因を実験する機会があったため、このような言及をしている)。

スポンサーシップについてもっと知りたい方は、以下をお読みください。
スポンサーシップ・アクティベーションとは
.

このトピックについてお話がある場合は、遠慮なく以下のメールアドレスまでご連絡ください:
info@rtrsports.com
.

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

あなたがスポンサーになろうとするスポーツは健康ですか? それを知る簡単な方法がある!, RTR Sports
あなたがスポンサーになろうとするスポーツは健康ですか? それを知る簡単な方法がある!, RTR Sports