In フォーミュラ1

スクーデリア・フェラーリとHPのパートナーシップ契約は、タイトルスポンサー以上のものです。スクーデリア・フェラーリとHP のパートナーシップ契約は、フェラーリが以前から慎重かつ精密に築き上げてきたマーケティング・パズルの新たなピースである。 テクノロジー界の巨人であるHPは、世界第2位のパソコンメーカーである。 マイアミGP その市場価格は公表されていないが、億万長者であることは間違いない。 当然ながら、この契約にはエスポート・チームと、F1アカデミーでマヤ・ヴォーグがドライブするマシンも含まれている。

タイトルスポンサー

スクーデリアは、歴史的なパートナーであるフィリップ・モリスがタバコのスポンサーシップ規制を(部分的にではあるが)回避するために実施したマーケティングおよびコミュニケーション・イニシアチブであるミッション・ウィノー以来、タイトルスポンサーを持っていなかった。 現在の契約により、フェラーリはこの名前でレースに参戦することになる。 スクーデリア・フェラーリHPHP」は「Hewlett-Packard(ヒューレット・パッカード)」の頭文字であると同時に、レースの世界では「Hewlett-Packard(ヒューレット・パッカード)」の略称としてより有名である。 馬力エンジンの性能を表す単位。

赤と青

以前から、フェラーリはマイアミに新しいブルーのカラーリングで参戦する意向を表明しており、ルクレール、サインツ、そしてチーム全体に、この日のために制作された美しいブルーのスーツのプレビューまで見せていた。 水色は、ここ数日出回っているいくつかのプレスノートを読む限りでは、ヴォルフガングが好んで使っていた色のひとつであるようだ。 エンツォ・フェラーリ(ドレークは過去30年間で最も多彩なカラーバリエーションを持ち、どのようなマーケティング手法も多かれ少なかれ正当化してきた)、そして1960年代に活躍したスクーデリアのヒストリカルカラーである。 サーティース、エイモン バンディーニ

しかし、悪意があるわけではないが、フェラーリとHPの提携が発表された後では、マイアミに選ばれたブルーの色は特別な意味を持つ。 フロリダのサーキットでは、マラネッロの2台がブルーのカラーリングにHPのビッグロゴを初採用する。

F1における革新、持続可能性、パートナーシップの重要性

革新、持続可能性、情熱、そして研究という言葉は、このパートナーシップを発表するプレスリリースのいたるところで使われている。 F1のようなハイテクの世界では、コンピューター・メーカーは完璧な位置にあり、代表的な存在である。 おそらく、今回の合意の焦点ではないが、HPは技術設備、ソフトウェア開発、技術革新全般においてマラネッロの重要な同盟者となるだろう。 サステイナビリティ(持続可能性)は、テクノロジーと自動車の両業界にとって非常に重要なテーマであり、両業界が強いプレッシャーを受けているテーマでもある。

しかし、はっきりさせておきたいのは、この合意の “理由 “の中に、現代のマーケティングと世界的な人気の場におけるF1の並外れた中心性を入れないわけにはいかないということだ。 サーカスは、オリンピックをはじめとする世界でも数少ない特別なコミュニケーション・プラットフォームである。 この点で、フェラーリは、レーストラック上でなくとも、少なくともマーケティングの面では、王冠の中で最も輝かしい宝石であることは確かであり、常にそうであった。

ルイスHP

最後に、ハミルトンの要素も外せない。来シーズンからシャルル・ルクレールとともに発表されたこのイギリス人は、F1で最も成功したドライバーの一人であるだけでなく、世界で最も支持されているドライバーの一人でもある。 カヴァリーノの株価を急騰させた彼のサインは、近年最も話題となっている多くの問題に対するドライバーの断固とした活動主義のおかげもあって、スポーツ的なもの以上にマーケティング的な反響を呼んでいる。 ハミルトンは間違いなく注目の的であり、スポンサーを含めたフェラーリ・ワールド全体を巻き込むことは明らかだ。 これも本当に侮れない。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

フェラーリF1、HPとタイトルスポンサー契約:ブルー、革新、明日, RTR Sports