In スポーツ・スポンサーシップ, スポーツ・マーケティング, モータースポーツ

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドと 元マヒンドラ・フォーミュラEチームのボスであるディルバグ・ギルが、モータースポーツにおけるより持続可能で競争力のある未来に向けた野心的な飛躍として、FGシリーズと呼ばれる新しい電動レース・シリーズを立ち上げた。当初はACE選手権として構想されたこのプロジェクトは、競争力があり環境に優しいレース・プラットフォームを創造するという2人のビジョンを反映し、大きく進化した。

コンセプトと構造

FGシリーズは2層構造で設計されており、FG-Twinという1台の車両でエントリーカテゴリーとプロフェッショナルカテゴリーの両方に参戦し、それぞれ FG2FG1と名付けられる。 著名なデザイナー、ダニエル・サイモンが手掛けたFG-Twinは後輪駆動と4輪駆動の両方のコンフィギュレーションが可能なモジュラー・デザインが特徴である。 パワートレインは完全な電気式で、最大350kWのピークパワーを発揮し、FG1およびFG2レースのニーズに合わせた性能レベルが設定されている。

エントリーカテゴリーであるFG2は、若い才能を育成し、モータースポーツでのキャリアアップを目指すドライバーにトレーニングの場を提供することを目的としている。一方、FG 1は経験豊富なドライバーを対象としており、より高度な競技のためにパワーレベルが高く、ダウンフォースが大きく、コンフィギュレーションの自由度が高い。

fgseries-2

技術革新

FGシリーズ革新の核心は、FG-Twinの高度な設計と技術的統合にある。 この車両には、バッテリー残量やレース順位などのリアルタイムデータを観客とテレビ視聴者の両方に表示するデジタルスクリーンが搭載され、視聴体験が向上する。 このライブの「インフォテインメント」の統合は、スポーツとファンとのギャップを埋め、より魅力的で有益な体験を提供することを目的としている。

FG-Twinのデザインは、パフォーマンスだけでなく、美しさにもこだわっている。サイモンのデザイン哲学は、SFの要素と現代的な自動車のスタイリングにインスパイアされた未来的な外観をこのクルマに吹き込んだ。 このような細部へのこだわりにより、FG-Twinは高性能マシンであると同時に、ライダーとファンを魅了する視覚的なスペクタクルでもあるのだ。

コラボレーションと能力

FGシリーズは、複数の重要なパートナーの協力と経験の恩恵を受けている。フォーミュラEで豊富な経験を持つスペインのQEVテクノロジーズはFG-Twinの技術開発で重要な役割を果たす。 彼らの関与により、FGシリーズが高水準の性能と信頼性を維持しながら、最先端の電気自動車技術を活用することが保証される。

共同創設者でチーフ・スポーティング・オフィサーのニック・ハイドフェルドはF1とフォーミュラEでのキャリアから得た豊富な経験を活かしている。 FGシリーズに対する彼のビジョンは、世界中の才能がモータースポーツへの野心を追求できるプラットフォームを作ることだ。 FG-TWINの革新的な機能と美的魅力の原動力となったのは、ハイドフェルドとサイモンとのコラボレーションだった。チームマネジメントとモータースポーツ運営における豊富な経験を持つディルバグ・ギルは、ハイドフェルドのスポーツに関する専門知識を補完する存在だ。 彼らはともに、エレクトリック・レースの限界に挑戦するダイナミックなリーダーシップ・チームを形成している。

将来の展望

FGシリーズは2025年にデビューする予定で、すでに最初のレースの準備が進められている。 このシリーズは、従来のモータースポーツに代わる、持続可能で競争力のあるモータースポーツを提供することを目的としており、より環境に優しい技術を求める世界的なトレンドに沿ったものとなっている。 電気パワートレインと先進的な車両設計に焦点を当てたFGシリーズは、レースの興奮とスリルを損なうことなく持続可能性を優先する新世代のドライバーとファンを惹きつけることになるだろう。

ハイドフェルドとギルのビジョンはレースだけにとどまらない。 ドライバーの育成、チームの持続可能性、そしてファンのエンゲージメントをサポートする完全なエコシステムを構築するのが野望だ。 マシンのデザインからレース形式まで、FGシリーズの革新的なアプローチは、モータースポーツの未来に対する全体的なビジョンを反映している。

fgシリーズ

フォーミュラG:機会とリスク

プレスリリースやハイドフェルドとギルの未来的なビジョンは別として、FGシリーズ、あるいはフォーミュラGの本当の問題は、オープンホイール・レーシングに新しいシリーズを作るマーケットスペースがあるかどうかということだ。 圧倒的なパワー
フォーミュラ1
フォーミュラ1、フォーミュラ・インディのアメリカでの大成功、そしてフォーミュラEの順調な成長。
フォーミュラE
が新たなプロジェクトへの道を閉ざしそうだ。

2025年が目前に迫っているが、サイドディスプレイや複数のシリーズに対応する単一シャシーなど、いくつかのソリューションの素晴らしさにもかかわらず、結局のところフォーミュラEマシンに酷似したマシンがファンの心やスポンサーの財布を温めることができるとは考えにくい。

その意味で、FG シリーズをフォーミュラEのコンパニオンまたはオープニングシリーズとして利用し、可能であれば同じ週末に開催して、Moto3やMoto2のような存在にすることは有益かもしれない。
MotoGP
つまり、順次開催するのだ。 知的財産、回路との契約、ロジスティクスやコストの問題が、この仮説に水を差す可能性がある。

興味深いのは、持続可能性というミッションであり、グリーンなものというよりも、プロドライバーの育成に向けた経済的な道筋をつけるという金銭的なもの、そして同じ技術的基盤でさまざまな選手権に適応できる “ワンサイズ・フィット・オール “のマシンのコンセプトである。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

sponsoring euros sponsoring motorsport
sports marketing agency