In スポーツ・スポンサー, スポーツ・マーケティング, スポーツ・マーケティング

次の行では、その重要性の高まりを探る。 ソーシャルメディア そしてインフルエンサーマーケティング デジタル時代において、企業がどのようにデジタル技術を活用できるかに焦点を当てる。 効果的なマーケティングキャンペーンを行うための最高のアスリートやスポーツチームの利点とベストプラクティスを説明する。インフルエンサーマーケティング アスリートやチームをベースとし、インスタグラムやその他のソーシャルネットワークのようなプラットフォームで、そのような戦略を実行する方法を提案する。

デジタル・マーケティング

デジタルマーケティングとソーシャルメディアの時代において、従来の広告チャネルは、消費者の注目を集めるための競争の激化に直面している。 その結果、企業はターゲットオーディエンスの関心をより高めるために、別のマーケティング戦略に頼るようになった。そのような戦略の1つである「インフルエンサーマーケティング」は、その効果と信憑性により、近年飛躍的に成長している。

インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディア上でフォロワーから信頼されているパーソナリティを利用して、製品やサービスを宣伝することを基本としている。 企業はこの信頼と忠誠心を活用して、メッセージを伝えることができる。 トップアスリートやスポーツチームは、ソーシャルメディア上で大きな支持を得ていることが多く、企業が継続的なスポーツスポンサーシップの文脈で「インフルエンサーマーケティング」を活用するまたとない機会となっている。

インフルエンサー・マーケティング

アスリートやスポーツチームのインフルエンサーマーケティングのメリット

高いエンゲージメント率:スポーツ選手やスポーツチームには、フィールドの内外で彼らの活動を熱狂的に見守る熱心なファンがいることが多い。 このようなスポーツ・インフルエンサーとコラボレートすることで、企業はエンゲージメントの高いオーディエンスを開拓し、メッセージが目に留まり、シェアされる可能性を高めることができる。

信憑性:ファンは、従来の証言よりもアスリートの方が信憑性があり、自分たちに匹敵すると見る。 このような認識は、彼らが宣伝する製品やサービスに対する信頼と信用を高め、ブランド・ロイヤルティと売上を増加させることにつながる。

リーチの拡大:アスリートやスポーツチームとのコラボレーションは、企業が新たな市場や人口層にリーチするのに役立つ。 例えば、アメリカの企業がヨーロッパのパイロットと協力することで、より多くの国際的な聴衆に認知してもらうことができる。

ブランドイメージの向上:成功し賞賛されるアスリートやチームと関連づけることで、ブランドイメージを高め、消費者にとってより魅力的なものにすることができる。

アスリートやスポーツチームの「インフルエンサーマーケティング」に正しく対処するための提言

適切なインフルエンサーの選択:企業は、ブランド価値、ターゲットオーディエンス、マーケティング目標に合致するアスリートやスポーツチームを慎重に選ぶ必要がある。 考慮すべき要素は、インフルエンサーの市場性、ソーシャルメディアでのフォロワー数、長期的なパートナーシップを実施できる可能性である。

魅力的なコンテンツを作る:コラボレーションは、エンターテインメント性があり、情報量が多く、共有しやすいコンテンツに重点を置くべきである。 これには舞台裏の映像、インタビュー、独占プロモーションなどが含まれる。

複数のプラットフォームを活用する:影響力とエンゲージメントを最大化するために、企業はアスリートやチームのデジタルチャンネルに加えて、Instagram、Twitter、Tik Tok、Facebookなど複数のソーシャルメディアプラットフォームを活用すべきである。

パフォーマンスの監視と測定:企業は、エンゲージメント率、インプレッション数、コンバージョン数などの主要業績評価指標(KPI)を用いて、インフルエンサーマーケティングキャンペーンのパフォーマンスを注意深く監視する必要がある。
このデータは、現在行われていることを最適化し、将来の戦略を定義するために使用することができる。

透明性とコンプライアンスの確保:インフルエンサーマーケティングに関する法律やガイドラインは尊重されなければならない。 これには、消費者の信頼と信用を維持するための、スポンサー付きコンテンツの明確な開示も含まれる。

インスタグラムやその他のソーシャルメディアにおけるアスリートやスポーツチームのインフルエンサーマーケティングを実践するためのABC。

ハッシュタグキャンペーン:アスリートやスポーツチームと一緒にハッシュタグキャンペーンに参加するようファンに呼びかける。 この活動は、知名度と関与を高めながら、共同体感覚を生み出すことができる。

インスタグラムのストーリーと動画:インスタグラムのショートコンテンツを利用して、アスリートやスポーツチームの舞台裏を紹介したり、特別オファーや商品発売を宣伝する。

アスリートやスポーツチームと、他のインフルエンサーやブランドアンバサダーとのコラボレーションコンテンツを作成する

ライブストリーミング:Instagram Live、Facebook Live、Twitchなどのプラットフォームを活用し、アスリートやスポーツチームとファンとのリアルタイムの交流を図る。 質疑応答、製品デモ、独占発表などの機会を提供することができる。

インフルエンサーの引き継ぎ:アスリートやスポーツチームが特定の期間、御社のソーシャルメディアアカウントを「引き継ぐ」ことを許可し、彼らの視点を共有し、オーディエンスに参加してもらうためのクリエイティブなコントロールを与える。

カスタマイズされたフィルターやステッカー:Instagram、Snapchat、TikTokなどのプラットフォームで、アスリートやスポーツチームをフィーチャーしたフィルターやステッカーを開発し、ユーザー生成コンテンツを促進し、ブランドの認知度を高めます。

データ主導のターゲティングを利用する:インフルエンサーマーケティングキャンペーンで特定のオーディエンスセグメントをターゲットにするために使用するソーシャルプラットフォームの特定の広告ツールを活用する。 これにより、メッセージが適切なユーザーに確実に届き、投資対効果を最大化することができる。

強力なツール

現在のデジタル状況において、インフルエンサーマーケティングは、企業が消費者の関心を引き、ブランド・ロイヤルティを構築するための強力なツールとして浮上している。 トップ・アスリートやスポーツ・チームは、スポーツ・スポンサーシップを通じてこの傾向を利用するまたとない機会である。 ベストプラクティスに従い、インスタグラムやその他のソーシャルネットワークなどのプラットフォームの機能を活用することで、企業はターゲットオーディエンスの共感を得る、効果的で本物志向の魅力的なインフルエンサーマーケティングキャンペーンを展開することができる。

インフルエンサーマーケティング」キャンペーンから最高の結果を得るための実践的なヒント

スポーツイベントを利用する:インフルエンサーマーケティングキャンペーンを、オリンピック、ワールドカップ、F1などの主要なスポーツイベントに合わせましょう。
F1
そして
MotoGP
などの大きなスポーツイベントと連動させ、これらのイベントを取り巻く関心と注目の高まりを利用する。 これにより、ブランドの認知度を高め、企業とスポーツ界との結びつきを強めることができる。

これからの数年間、なすべきことを考えるためのいくつかのヒントがある。

インフルエンサーマーケティングとスポーツスポンサーシップの世界が進化を続ける中、将来に向けて探求し評価すべき分野がいくつかある:

  1. アスリートやスポーツチームのインフルエンサーマーケティングキャンペーンの効果に対する、バーチャルリアリティや人工知能などの新技術の影響。
  2. アスリートやスポーツチームのインフルエンサーマーケティングが、消費者行動やブランドロイヤリティに及ぼす長期的な影響について、特に従来の有名人の推薦やその他のマーケティング戦略と比較しながら考察。
  3. スポーツマーケティングとスポンサーシップ戦略の広い文脈におけるアスリートやスポーツチームのインフルエンサーマーケティングの役割を研究し、成果を最大化するためにこれらの異なるアプローチを統合するためのベストプラクティスを特定する。
  4. アスリートやスポーツチームと、ミュージシャンや俳優、コンテンツクリエイターなどのインフルエンサーとのマルチプラットフォームコラボレーションの可能性を探り、リーチを拡大し、ユニークで魅力的なマーケティングキャンペーンを展開する。

最後に、スポーツスポンサーシップの分野で、インフルエンサーマーケティングキャンペーンにアスリートやチームを利用し始めたいと考えている企業への提言で締めくくります

  • 達成可能で測定可能な明確な目標を持つ。
  • 戦略の策定:アスリートやスポーツチームを起用したインフルエンサーマーケティングキャンペーンに着手する前に、企業は目的、ターゲット層、望ましい結果など、明確な戦略を策定する必要がある。 これは、インフルエンサーの選定、コンテンツ作成、キャンペーン実施の指針となる。
  • 本物の関係を促進する:企業は、アスリートやスポーツチームを単なるマーケティングツールとして扱うのではなく、長期的な信頼関係を構築するよう努めるべきである。 これは、インフルエンサーとそのオーディエンスの双方にとって、より大きな信頼、ロイヤリティ、エンゲージメントにつながる。
  • 順応性と機敏性:ソーシャルメディアとインフルエンサーマーケティングの世界は常に進化しており、企業はそれに合わせて戦略と戦術を適応させる準備が必要である。 これには、業界のトレンド、新たなプラットフォームや新技術に関する情報を得ること、実験的な試みを受け入れること、キャンペーンのパフォーマンスデータから学ぶことなどが含まれる。
  • 多様性と包括性を受け入れる:企業は、多様なアスリートやスポーツチームと協働することで、より多くの人々にリーチし、包括性、平等性、スポーツマンシップといったポジティブな価値を促進する。 これは、より包括的で歓迎的なブランドイメージを作り出し、より幅広い消費者にアピールするのに役立つ。
  • 企業は、インフルエンサーマーケティングとスポーツスポンサーシップに関する法律、規制、ガイドラインを熟知し、キャンペーンの透明性とコンプライアンスを確保すべきである。 これにより、消費者の信頼と信用を維持し、潜在的な法的問題や風評問題を回避することができる。
最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

デジタル・スポンサーシップ」時代のインフルエンサーマーケティングとスポーツマーケティング, RTR Sports
デジタル・スポンサーシップ」時代のインフルエンサーマーケティングとスポーツマーケティング, RTR Sports