In スポーツ・スポンサーシップ, フォーミュラ1

F1のスポンサー料はいくら?

F1スポンサー契約の費用は、盛り込みたいマーケティング効果やスポンサーになりたいチームによって、100万ドルから7000万ドルになることもある。 例えば、グローバル・パートナーを目指すのであれば、多額の投資が見込まれる。 モンスター・エナジーやレイバンといったグローバル・パートナーは、F1チームと多額の契約を結んでおり、世界的なブランド力とF1の幅広い魅力を反映している。
単一レースのスポンサーシップは50万ドルから始めることができるが、非常に戦術的なマーケティングツールであるため、慎重に評価する必要がある。 地元企業や地域のパートナーは、F1スポンサーになるより費用対効果の高いルートを見つけることができるかもしれない。

エントリーレベルが100万ドル(約1億円)であれば、マシンの知名度はほとんどないに等しく、グリッド上位のチャレンジャーの知名度もほとんどない。 このアプローチは、公式パートナーになることを目指すブランドがよくとる方法だ。 これらのパートナーは、ソーシャルメディア・プラットフォームやその他の手段を通じて世界中のファンと関わり、知名度を高める。

一方、5,000万ドル以上には、広範で並外れたマーケティング効果がある。 クルマに描かれたロゴは一般的に非常に大きいが、アクティベーションの機会、PRスタント、ホスピタリティ・パッケージ、メディア・サポート、コミュニケーション・グラントなどが、これらの契約を真のマーケティング・パワーハウスにしている。
キャッシュアプリのような企業は、こうしたチャンスをうまく利用し、大規模なスポンサーシップを通じてF1界で確固たる存在感を築いてきた。

F1スポンサー費用


スポンサーシップ計算機

  • RTRスポーツマーケティングでは
    フォーミュラ1スポンサーシップ計算機
    フォーミュラ1でのスポンサーシップの費用について詳しく知るための、無料でエキサイティングなツールです。 誰をスポンサーにしたい? どのようなマーケティング効果が必要ですか? 四輪レースの最高峰クラスでスポンサーシップ・パッケージをオーダーメイドするプロセスを探る。 ここをクリックして フォーミュラ1スポンサーシップ計算機 をお試しください。

F1スポンサーのコストを理解する

F1チームのスポンサーになるための費用は、企業の規模や関与の度合いによって大きく異なる。

一例として、中小企業は通常100万ドル前後を支払うが、大企業はF1スポンサーとして年間数百万ドルを支援することもある。

このブログの多くの記事で、私たちは「スポンサーシップにはいくらかかるのか?

スポンサーシップにはいくらかかるのか?

“? あるいは「F1チームのスポンサーになるにはいくら必要? これらは、私たちがスポンサーシップに直面したときの重要な質問である。

スポンサーシップ

これは、企業でスポンサーシップ・プロジェクトに直面したときの重要な質問であり、スポーツ・マーケティングに最初に投げかけられる質問のひとつでもある。
マーケティング
私たちのようなスポーツ・マーケティング・エージェンシーに最初に尋ねられる質問のひとつです。

今日は、F1環境におけるスポンサーシップのコストについて扱いたい。

世界最強のスポーツ・マーケティング・コミュニケーション・プラットフォーム

F1選手権は、スポーツマーケティングを研究する人々にとって常に最も興味深い活動のひとつであり、スポンサーシップの世界でも一般的なケーススタディとなっている。 実際、近代的なスポーツ・スポンサーのコンセプトが生まれたのはF1からであり、この分野では今でも最も驚くべき進歩を見ることができる。 だからこそ、F1のスポンサー費用やF1スポンサーが投資する予算について、常に好奇の目が向けられているのだ。

MotoGPもそうだが

F1は惑星的な知名度を持つスポーツである。

F1はモバイル・コミュニケーション・プラットフォームという特別な(そして非常に珍しい)特徴を持っている。
機会
その他

一般に、競馬の最高峰は投資するのに最も高価なスポーツのひとつであると信じられている。
レースは、投資するのに最も高価なスポーツのひとつである。
.

しかし、それだけの価値はある。ニールセンによれば、F1はモータースポーツの最高峰であり、年間視聴者数は全世界で21億人(ブラジル、ドイツ、イタリア、イギリス、オランダが上位)。 全体として、テレビ視聴者の第一市場はヨーロッパ(66,7%)で、中南米(22,1%)、アジア太平洋(5,1%)、北米(3,4%)、アフリカ・中東(2,8%)と続く。 F1視聴者の平均年齢は38歳で、62%が男性、38%が女性。 プレミアリーグ(42歳、男性67%)やチャンピオンズリーグ(41歳、男性70%)のような他のメジャーシリーズと比較すれば、より若く、より多様な観客がいる。 ソーシャルメディアもまた貴重なチャンネルであり、F1組織だけでもすべてのプラットフォームで+3100万人のフォロワーがいる。 メルセデス、フェラーリ、レッドブルといったチームは、それぞれ2100万人、1400万人、1800万人という素晴らしいファンベースを持つ。

多くの人々にとってフェラーリ、メルセデス、マクラーレンは単なるスポーツチームではなく、スピード、パフォーマンス、卓越性、テクノロジーの象徴である。

F1スポンサー費用

F1チームのスポンサー費用とF1選手権のスポンサー費用

まず第一に、F1チームのスポンサーになることは、F1世界選手権全体のスポンサーになることとはまったく異なる。

トラックサイドでの視認性、アクティベーションの機会、ファンゾーンでの存在感などは、ハイネケン、アラムコ、DHLなど数多くのF1公式スポンサーが提供するメリットのほんの一部に過ぎない。 もしそのような機会を求めているのであれば、1シーズンあたり500万ユーロ(約6億円)以上の移籍金が必要になる。

前述したように、「F1スポンサーシップにはいくらかかるのか」という問いに答えるためには、まず、議論している財産と対象としている利益を定義する必要があることは言うまでもない。 というのも、結局のところ、F1スポンサーシップのコストは、スポンサーのマーケティング目標とニーズに関係しているだけだからだ。

 


行動を起こす

  • ティアワン・モータースポーツのスポンサーになりたいですか? 私たちは1995年以来、ブランドやクライアントに最高のスポンサーシップ・プランやパッケージを提供してきました。 オーダーメイド・コンサルタントをご希望の方は、下のボタンをクリックしてください。
    このリンクをクリック
    .
  • 独立系専門代理店を選ぶべき理由をお知りになりたい方は、こちらをクリックしてください、
    こちらをご覧ください
    .
  • 多ければ多いほどいいのか? 私たちの実績
    110社以上のクライアント
    .

F1パートナーシップに必要な費用:エントリーレベル

繰り返しになるがF1のスポンサー契約は100万ドル(約1億円)から始まる。 その割には、車にはほとんどブランドがない。 あなたのロゴは、チームのコミュニケーション資料やメディアに掲載されますが、それ以外の露出は限られています。 ここで購入するのは、F1スポンサーを名乗る権利と、チームの名声、イメージ、名前、ロゴをマーケティングに使用する機会である。 また、特に混雑しているビジネス・セクターでは、より高いチップを要求するチームもある。

F1スポンサーシップの上位層

インパクトのあるスポンサーシップは、知名度も高く、特典も充実しているため、500万ドルからスタートし、メインスポンサーやタイトルスポンサーは年間数千万ユーロに達するかもしれない。

レッドブル、フェラーリ、メルセデスといったトップチームのタイトルスポンサーがそうであるように、ティア1契約は2,000万ユーロから5,000万ユーロに達するかもしれない

コグニザントとアストンマーティンの契約は年間3500万ドル(約35億円)と噂されており、ペトロナスとメルセデスの年間4200万ドル(約42億円)には遠く及ばない。 Sportspro media』によると、オラクルとレッドブル・レーシングのスポンサー契約は5年間で3億ドル(約350億円)、バイビットとの契約は年間5,000万ドル(約55億円)だという。

純粋に経済的な観点から見れば、チームやドライバー、レースやシリーズのスポンサーになることは大きく異なる。 確かに、一般的に言えば、F1選手権全体のスポンサーシップは、例えばドライバーのスポンサーになるよりもコストがかかるが、ドライバーがルイス・ハミルトンで、非常に特殊でニッチな業界の地域F1スポンサーになるのであれば、そうではないかもしれない。

繰り返しになるが、F1のスポンサーシップにどれだけの費用がかかるかは一概には言えない。 いつものように、それはマーケティング効果、ブランドの目的と活性化計画、ターゲット市場、そして最終的にはチームのパフォーマンス次第である。 しかし、より重要なのは、ブランドや企業がこうしたF1のスポンサー費用からどれだけの価値を得ているかということだ。 そして、以下のリストを見てみると、ROIがかなり高いと信じるに足る理由がたくさんある…。

F1スポンサー費用

F1のスポンサーになるには

前述したように、サーカスでのチャンスはいくらでもある。 小規模な契約から7000万ドル以上の契約まで、F1スポンサーシップはあらゆるブランドのニーズ、使命、ビジョン、目的に合わせてオーダーメイドされる。

この驚くべき可能性の数々は、もちろん脅威であると同時にチャンスでもある。 オーダーメイドのF1スポンサーシップ・パッケージは、どのようなマーケティング・プロジェクトのニーズにも確実に応えてくれるが、新規参入企業や経験豊富な企業でさえ、このような多様なシナリオの中で迷ってしまうかもしれない。 どこから始める? あなたが知らなかった他のチームに、より良いチャンスや良い契約があるかどうか、どうやって知ることができますか? どのようなマーケティング権を契約に求めるべきか? このようなハイペースで複雑なスポーツと、いかに優雅かつ効率的に連絡を取り合うか。

1995年以来、RTRスポーツでは、F1(およびモータースポーツ全般)の世界での成功と華やかさを楽しみたいと願うブランドや企業にコンサルティングを提供しています。 ですから、F1スポンサーシップをお考えなら、私たちがあなたやあなたのマーケティングチームにとって最高の出発点になるかもしれません。 下のボタンをクリックするか、info@rtrsports.com までご連絡ください。

 


写真、上から下へ:

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

F1スポンサー費用:包括的な内訳, RTR Sports
motogp sponsorship - sponsorizzazione MotoGp