In スポーツ・スポンサーシップ, スポーツ・マーケティング

急速に進化する今日のビジネス環境において、企業が競争に勝ち残るためには、革新的なマーケティング戦略を模索することがこれまで以上に重要になっている。

この包括的なブログでは、スポンサーシップが企業が飛躍的な成長を遂げるための究極のメディアである6つの説得力のある理由を掘り下げていく。 また、特にモータースポーツがスポンサーとして理想的な選択である理由についても説明する。

スポンサーシップ事業

前例のないブランド露出

スポンサーシップは、さまざまなプラットフォームを通じて何百万人もの潜在顧客にリーチし、比類ないレベルのブランド露出を提供することができる。 南カリフォルニア大学(USC)の調査によると、スポーツのスポンサーシップだけでも、世界全体で年間600億ドル以上の収益を上げている(1)。 企業はこのような露出を活用することで、強力なブランド・アソシエーションを構築し、回転率の向上に大きく貢献することができる。

例コカ・コーラは、オリンピックとの長年にわたるパートナーシップにより、飲料業界のグローバルリーダーとしての地位を確固たるものにしてきた。

ターゲット・オーディエンス

スポンサーシップによって、企業は特定のターゲット層にリーチすることができ、マーケティング活動が適切な層に響くようになる。 ニールセン・スポーツが行った調査によると、85%のスポーツファンは、そのブランドがお気に入りのチームやアスリートのスポンサーである場合、そのブランドに対してより好意的な認識を持つという(2)。 このターゲットを絞ったアプローチにより、企業はマーケティング投資を最大限に活用し、売上高とブランド・ロイヤルティを高めることができる。

例レッドブルは、エクストリームスポーツのイベントやアスリートのスポンサーとなることで、より若く、より冒険好きなオーディエンスとのつながりを深めている。

信頼性と信用の向上

スポンサーシップは、消費者の目から見たブランドの信用と信頼を大幅に高めることができる。 ハーバード・ビジネス・スクールの最近の研究によると、顧客は自分の好きなイベントや大義のスポンサーをしているブランドから購入する傾向が高いことが明らかになった(3)。 このような信頼の高まりは、顧客のブランドに対する忠誠心を高めるため、回転率の向上につながる。

例IBMはウィンブルドン・テニス選手権のスポンサーとなり、一流のテクノロジー・プロバイダーとしての評判を高めている。

比類のない投資収益率(ROI)

スポンサーシップは投資対効果に優れており、売上拡大を目指す企業にとって魅力的な選択肢となる。 マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査によると、スポンサーシップに戦略的に投資する企業は、最大300%のROIを期待できる(4)。 スポンサーシップ戦略を明確な目的と一致させることで、企業は投資の効果を最大化することができる。

例メルセデス・ベンツがF1チームと提携したことで、売上が増加し、ブランド認知度も向上した。

ネットワーキングとパートナーシップの機会

スポンサーシップは、企業にとって、他のブランドや組織とネットワークを築き、有利なパートナーシップを確立するまたとない機会となる。 こうしたコラボレーションは、価値あるクロス・プロモーション活動につながり、回転率をさらに高めることができる。

例ナイキとアップルのコラボレーションによるNike+製品ラインは、両ブランドの市場リーチを拡大し、収益を成長させた。

従業員のエンゲージメントと士気を高める

スポンサーシップは、従業員のエンゲージメントや士気を向上させる上でも重要な役割を果たす。 ジョージア大学の研究によると、自社のスポンサーシップ活動に誇りを感じている社員は、献身的で意欲的である可能性が高いことがわかった(5)。 このエンゲージメントの向上は、生産性の向上、ひいては離職率の上昇につながる。

例マイクロソフトは、さまざまなコミュニティ・イニシアチブを後援することで、前向きな職場文化を育み、その成功に貢献している。

スポンサーシップの力を拡大する

マーケティング戦略の統合: スポンサーシップ・プログラムは、企業の全体的なマーケティング戦略にシームレスに統合することができ、プロモーション活動の効果を最大化することができます。 スポンサーシップ活動をデジタル・マーケティング、ソーシャルメディア、従来の広告キャンペーンと連携させることで、企業はターゲットとする視聴者の心に響く一貫したメッセージを打ち出すことができる。 この統合的なアプローチは、売上とブランド・ロイヤルティの大幅な向上につながる。

例アメリカン・エキスプレスは、スポーツチームやイベントのスポンサーシップとデジタル・マーケティング・キャンペーンをうまく統合し、顧客エンゲージメントを促進し、売上を伸ばしている。

従業員リソース・グループと女性リーダー スポンサーシップは、職場における多様性と包摂を促進する上で重要な役割を果たすことができる。 従業員リソースグループ(ERG)を後援し、女性リーダーを支援することで、企業は優秀な人材を惹きつけ、維持する包括的な職場文化を醸成することができる。 マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査によると、多様なシニア・リーダーを擁する企業は、そうでない企業よりも財務業績で上回っている(1)。 女性やマイノリティの従業員を支援するスポンサーシップ・プログラムに投資することで、企業は貴重な洞察を得て、イノベーションを推進することができる。

プロクター・アンド・ギャンブルは、女性リーダーのエンパワーメントに焦点を当てたERGやイベントのスポンサーとなり、より多様で包括的な職場環境づくりに貢献しています。

ニッチ市場への進出 スポンサーシップは、ニッチ市場への参入や新たなオーディエンスへのリーチを目指す企業にとって、効果的なツールとなり得る。 特定のターゲット・マーケットを対象としたイベントやチーム、団体のスポンサーになることで、企業はこれまで接触することが難しかった潜在顧客とつながることができる。 このようなターゲットを絞ったアプローチは、ニッチな層における売上とブランド・ロイヤルティの向上につながる。

例GoProは、エクストリームスポーツのイベントやアスリートのスポンサーを務めることで、冒険愛好家の間でアクションカメラならGoProという地位を確立した。

ブランドイメージの向上と従業員の採用 企業のスポンサーシップ活動は、ブランドイメージの形成や優秀な人材の獲得に大きな役割を果たす。 自社の中核的価値観や事業目標に沿ったイベントやイニシアチブを後援することで、企業はプラスの影響を与えることに尽力する業界のリーダーとしての評判を高めることができる。 求職者の大多数は、キャリアを決定する際に、企業の社会的・環境的活動へのコミットメントを考慮するからだ(2)。

例グーグルはさまざまな環境保護活動のスポンサーとなることで、環境に優しい企業としてのブランドイメージを高め、持続可能性を重視する従業員を惹きつけている。

他の企業から学ぶ: スポンサーシップは、企業に他のビジネスからの貴重な洞察や学びを提供することができる。 大企業と提携したり、異業種のシニア・リーダーが一堂に会するイベントのスポンサーになったりすることで、企業は新しいアイデアやベストプラクティス、成功のための戦略を得ることができる。 こうした知識の交換がイノベーションを促進し、成長を促進する。

例業界会議や見本市のスポンサーを務める中小企業は、大企業の戦略を知ることができ、より効果的な成長と競争に役立ちます。

潜在的な落とし穴と課題への対応:

ネガティブな関係を避ける スポンサーシップは多くのメリットをもたらすが、企業はイベントや組織のスポンサーに関連する潜在的なリスクを慎重に検討することが不可欠である。 スポンサーイベントにまつわる否定的な連想や論争は、ブランドのイメージを傷つけ、顧客の信頼を失う危険性がある。 このリスクを軽減するために、企業は綿密な調査を行い、スポンサーシップ・パートナーを慎重に選ぶべきである。

機会均等の確保: 企業は、スポンサーシップ・プログラムがあらゆる層、特に女性やマイノリティの人々にとって平等な機会を促進するよう警戒しなければならない。 スポンサーシップの圧倒的多数は依然として白人男性に向けられており、女性やマイノリティ・グループに与えられる機会は少ない(3)。 多様なスポンサーシップの取り組みに積極的に投資することで、企業はより包括的な環境を育み、前向きな変化に貢献することができる。

例Visaは、意識的に女性スポーツを支援し、スポンサーシップにおける男女格差をなくす努力をしており、女性アスリートに力を与え、平等を促進している。

同業者のプレッシャーに打ち勝つ: 多くの経営幹部は、競合他社の関与や業界の常識から、イベントやチームのスポンサーになることにプレッシャーを感じているかもしれない。 企業はこのような状況に抵抗し、コミットメントを行う前に、潜在的なスポンサーシップが自社の全体的な戦略や事業目標に合致しているかを慎重に評価しなければならない。 大企業に盲目的に追随するのではなく、中小企業は特定のターゲット市場と成長目標に合致するスポンサーシップの機会を見つけることに集中すべきである。

追加トレーニングとサポートの提供: スポンサーシップ・プログラムを確実に成功させるために、企業は従業員やスポンサー・パートナーのための特別なトレーニングやリソースに投資すべきである。 このようなサポートは、スポンサーシップのメリットを最大限に生かし、企業全体の成功に貢献します。

例IBMは、ウィンブルドン・テニス・チャンピオンシップなどのスポンサー・パートナーに広範なトレーニングとサポートを提供し、テクノロジー・ソリューションの導入を成功に導いている。

結論として、スポンサーシップは効果的なマーケティングの一形態であり、ブランド露出の増加、ターゲットとするオーディエンスへのリーチ、信頼性の向上、費やした金額に対する比類なきROIなど、企業に多くのメリットをもたらす。 スポンサーシップを全体的なマーケティング戦略に戦略的に組み込むことで、企業は成長を促進し、ビジネス目標を達成することができる。 しかし、企業にとっては、スポンサーシップにまつわる潜在的な落とし穴や課題、たとえばネガティブな連想、不平等な機会、同調圧力、追加的なトレーニングやサポートの必要性などに留意することが不可欠である。 これらの課題に取り組むことで、企業は強力なマーケティングツールとしてのスポンサーシップの可能性を最大限に引き出し、売上、ブランドイメージ、従業員満足度にプラスの影響を与えることができる。

モータースポーツがスポンサーシップに最適な理由:

スポンサーシップの利点が分かったところで、特にモータースポーツがスポンサーを求める企業にとって理想的な選択である理由を探ってみよう。

グローバルなリーチ:F1やNASCARのようなモータースポーツイベントは世界中にファンを持ち、何百万人もの視聴者を惹きつけている(6)。 このような世界的な露出は、スポンサー企業にとってブランド認知度と売上高を大きく押し上げることになる。

高所得層:モータースポーツファンは一般的に高所得層であり、プレミアムブランドにとって魅力的なターゲット層である(7)。 モータースポーツのイベントやチームのスポンサーになることで、企業はこの有利な市場セグメントを開拓し、売上を伸ばすことができる。

技術革新:モータースポーツは最先端技術と革新の代名詞だ。 モータースポーツ・イベントやチームのスポンサーになることで、ブランドをその業界の先進的リーダーとして位置づけることができ、売上高の増加につなげることができる。

例アウディはモータースポーツに参加することで、その先進的なテクノロジーとエンジニアリング能力をアピールし、革新性を重視する顧客を惹きつけている。

長期的なパートナーシップモータースポーツのスポンサーシップは長期的なコミットメントを伴うことが多く、企業は選択したチームやイベントと強い関係を築くことができる。 このような永続的なパートナーシップは、多くのプロモーションの機会をもたらし、ブランドの認知度を高め、売上を増加させる。

例シェルとフェラーリのパートナーシップは50年以上続いており、モータースポーツ界における両ブランドの存在感を確固たるものにしている。

幅広いメディア露出:モータースポーツ・イベントはメディアによって幅広く取り上げられるため、スポンサーはテレビ、オンライン、印刷物などで貴重な露出をすることができる。 このように広く報道されることで、ブランドの認知度が大幅に高まり、回転率の向上に貢献することができる。

企業ホスピタリティの機会モータースポーツ・イベントは、スポンサーにユニークな企業ホスピタリティ体験を提供し、クライアントをもてなし、関係を築き、新しいビジネス取引を確保することを可能にする。 このような独占的な機会は、長続きする有益な関係と回転率の向上につながる。

このブログで紹介されている圧倒的な証拠は、特にモータースポーツの領域において、スポンサーシップの比類なき利点を浮き彫りにしている。 スポンサーシップの力を活用することで、企業はこれまでにないブランド露出を実現し、ターゲットとするオーディエンスにリーチし、信頼性を高め、卓越したROIを生み出し、価値あるパートナーシップを構築し、従業員エンゲージメントを高めることができます。

モータースポーツの世界的な広がり、高所得者層、技術革新、長期的なパートナーシップの可能性、広範囲に及ぶメディア報道、独占的な企業ホスピタリティの機会から、モータースポーツのスポンサーシップが回転率を上げるための非常に効果的なマーケティング・ツールであることは明らかである。

ハイレベルの意思決定者として、今こそスポンサーシップとモータースポーツの驚くべき可能性をつかむときだ。 あなたの会社を新たな高みへと押し上げ、並外れた成長を達成するチャンスをお見逃しなく。

 


Sources:

University of Southern California. (2020). Sports Sponsorship Revenue to Reach $60 Billion in 2020. Retrieved from https://news.usc.edu/

Nielsen Sports. (2019). How Sponsorship Affects Brand Perception. Retrieved from https://www.nielsen.com/

Harvard Business School. (2018). The Effect of Sponsorship on Customer Attitudes. Retrieved from https://www.hbs.edu/

McKinsey & Company. (2017). Maximizing Sponsorship ROI. Retrieved from https://www.mckinsey.com/

University of Georgia. (2016). Employee Engagement and Sponsorship. Retrieved from https://www.uga.edu/

Formula 1. (2021). Formula 1 Global Fan Base. Retrieved from https://www.formula1.com/

Forbes. (2020). The Wealthy Demographics of Motorsport Fans. Retrieved from https://www.forbes.com/

McKinsey & Company. (2018). Delivering through Diversity. Retrieved from https://www.mckinsey.com/

Cone Communications. (2016). Cone Communications Employee Engagement Study. Retrieved from https://www.conecomm.com/ 

Women's Sports Foundation. (2020). Chasing Equity: The Triumphs, Challenges, and Opportunities in Sports for Girls and Women. Retrieved from https://www.womenssportsfoundation.org/
最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

スポンサーシップが企業の離職率を急上昇させる究極のツールである6つの研究結果に裏打ちされた理由, RTR Sports
スポンサーシップが企業の離職率を急上昇させる究極のツールである6つの研究結果に裏打ちされた理由, RTR Sports