In カテゴリーなし

 

2022年のMotoGPシーズンはすでに開幕しており、世界最長の歴史を誇るモータースポーツ選手権に参加する主要チームのスポンサーとパートナーを紹介する、最新かつ包括的なガイドをお届けします。

 

なぜそうしたのか

私たちの目標は、MotoGP 2022におけるスポーツスポンサーシップの最先端、ひいては2輪レースの最高峰クラスに投資する企業の代表となることです。 この結果は、各チームのウェブサイトや企業自体の情報を検索し、徹底的なリサーチを行った結果である。

これは完全に独立した調査であり、現在までの市場のスナップショットであることを強調しておきたい。

各表に付随して、各チームの歴史、過去および現在のシーズン成績に関する具体的な調査に基づく詳細な説明が掲載されている。 各スポンサーについて、各社が事業展開している製品セクターを示した。 これは、この特定のスポーツ分野に関わる製品分野のパノラマがいかに幅広く、多様であるかを示す、指摘すべき重要な特徴であると考える。 大企業、中堅企業、中小企業、国内企業、国際企業が共存し、戦略的なマーケティングおよびコミュニケーションツールとしてMotoGPのスポーツ・スポンサーシップに投資し、活用していることにお気づきだろう。

 

MotoGP:ビッグマーケット・アグリゲーター

問題の核心に入る前に前置きがある。

すべてのチームが投資企業に明確な肩書き(「タイトルスポンサー」「公式スポンサー」「パートナー」など)を与えているわけではない。 このため、各スポンサー契約書に記載されている正式名称ではなく、(いずれにせよ、各チームが示す順番に従って)各企業を独自に分類している。

すべてのスポンサーシップ・プログラムを合わせると、エントリー数は270を超える(正確には276)。 アクラポヴィッチミシュランベータなど、1つのブランドが複数のチームに所属している場合があるからだ。

このうち、57件がエンターテインメント/飲食料品/衣料品部門に属し、スポンサーシップ全体の約21%を占めている。 さらに、一般サービス(公共および企業向け)とされる78社がモータースポーツへの投資を決定し、29%を占めた。 137のエンジニアリング企業(部品サプライヤーからオイル販売業者まで)が、世界で最も過激でアドレナリン分泌が促進されるスポーツの1つに投資しており、各チームの現在有効なスポンサー枠の50%を占めている。

このガイドでは、MotoGPが国際的な大企業と中小企業の両方、あるいは自国の領域にしか興味のない企業にとって、いかに理想的なコミュニケーション・プラットフォームとなり得るかを示している。 多くのスポンサーシップの機会がある。パッケージは柔軟で、各企業のさまざまなニーズに合わせてオファーを組み立て、適応させることができる。

 

スポーツスポンサーシップを今すぐ開始

MotoGPの数字は、知名度(ピーク時には全世界で472,000人の観客**)、ビジネス(B2Bの機会)、名声(クローズドな企業サークル)という点で、この土地の「良さ」を証明している。 チームのスポンサーになったり、パートナーになったりすることで、企業は多くのマーケティング権を獲得し、あらゆるコミュニケーション活動でそれを活用することができる。 つまり、チーム(私たちの場合はパイロット)があなたのビジネス・アイデアに機能的な活動を行えるようにすることだ。 また、(アクティベーションの世界を切り開く)スポンサーシップのコストとそのメリットを、同じ状況下での古典的な広告キャンペーンと比較して、(実際の価格で)実際的な比較を行うことも可能になる。

国際的に認められ、エリートの一員になりたいですか? お客様のニーズに合わせたオーダーメイドのアドバイスならRTRスポーツマーケティングにお任せください。 25年以上この分野で経験を積んできた代理店ほど、この一見落とし穴のない道をアドバイスし、指示し、伴走してくれる人はいないだろう。

info@rtrsports.comまでお気軽にお問い合わせください。

 

 

アプリリア・レーシング

ライダー部門とメーカー部門を合わせると、アプリリアのスポーツ部門は、さまざまなモーターサイクルの専門分野で56の世界タイトルを獲得している。 2021年はアレイクス・エスパルガロとロレンソ・サバドリが加入してシーズンが始まったが、8月にはマーベリック・ビニャーレスが加入。 同月29日、シルバーストン・サーキットでエスパルガロは3位入賞を果たし、チームにトップシリーズ初表彰台をもたらした。 コンストラクターズ選手権6位でシーズンを終えた。 チーム・グレシーニとのコラボレーションが終わり、2022年はアルゼンチンでポールポジションと、エスパルガロとアプリリアのMotoGP初勝利で幕を開けた。

 

ドゥカティ・レノボ・チーム

ドゥカティは創業以来、1988年から地球上で最も重要な2輪シリーズに参戦し、2019年まで23回の世界タイトルのうち17回を獲得している。 ライダー・ランキングでは、ドゥカティ・ブランドの車両を使用したライダーが、14回以上もの好成績を収めている(なかでも4つのタイトルを獲得した “キング “カール・フォガティ)。 フランチェスコ・バグナイアとジャック・ミラーを擁する2021年は、グリッド上で最高のマシンとコンストラクターズタイトルを獲得し、プラマックがライダーとコンストラクターの両方で独立系マシンを独占したにもかかわらず、期待された結果をもたらすことはできなかった。 2022年、ボルゴ・パニガーレのエンジニアリングは、グレッシーニとVR46チーム、そしてドゥカティとプラマックに提供される。

 

グレシーニ・レーシングMotoGP

グレシーニ・レーシングは、1997年にファウスト・グレシーニによって設立されたイタリアのバイクチーム。 2021年は、ファエンツァに本拠を置くチームとMotoGPパドック全体にとって、ゆっくりとした平常運転に戻ることになる。 すべてのカテゴリーに参戦し、トップシリーズで好成績を収め、Moto2でもヘレスでのディ・ジャンナントニオの見事な走りのおかげで、ローズの5年後に勝利を取り戻した。 またMoto3ではジェレミー・アルコバとガブリエル・ロドリゴが表彰台を獲得し、MotoEではマッテオ・フェラーリが世界選手権3位に入った。 エネア・バスティアニーニとファビオ・ディ・ジャンナントニオがチームに加わった2022年への楽観論。

 

LCRホンダ

チームLCR(ルーチョ・チェッキネロ・レーシング)は、1996年にルーチョが自身のチームを設立することを決意したときに誕生した。 たった2人のメカニックと1台のバンからスタートしたLCRチームは、長い年月をかけて複雑かつ高度に組織化された体制へと成長を続けてきた。 125ccクラスで9年、250ccクラスで5年を過ごした後、LCRは現在(2006年から)2人のライダーと13カ国から集まった46人の優秀な従業員とともにMotoGPクラスに参戦している。 結果に恵まれなかった2021年から一転、2022年はアレックス・マルケスと中上貴晶の加入が確定し、好調なスタートを切った。

 

モンスターエナジー・ヤマハMotoGP

ヤマハ・レーシングは、ヤマハ発動機のモーターサイクル・スポーツ部門である。 ヤマハは第3回大会で優勝した誕生年からレースに参戦している。 昨年はファビオ・クワルタラーロにとって勝利の年だった。22歳のクワルタラーロは、MotoGPのトップクラスに参戦して3年目のシーズンでワールドチャンピオンに輝いた。 2022年、新たなフランス人ウィナーとフランコ・モルビデッリが指揮を執る中、彼らは同じことを繰り返すことができるのだろうか?

 

ムーニーVR46レーシングチーム

パトロン」であるバレンティーノ・ロッシは、MotoGPを含むいくつかのMotoGPクラスで、ムーニーVR46レーシングチームの代役を務めている。 2014年から2021年までスカイ・レーシング・チームVR46として名を馳せた後、チーム・アヴィンティアと契約を結び、ライダーのルカ・マリーニに与えられるドゥカティ・エンジンを手に入れた。 デビューシーズンはかなり未熟だったが、ドライバーズランキングとコンストラクターズランキングの両方で順位を上げることが目標だ。

 

プラマック・レーシング

2002年は当時プラマック・ホンダ・レーシングのデビューイヤーだった。 2021年に達成した素晴らしい結果を確認するため、チームは公式テストウィーク中に2022年のMotoGP世界選手権に参戦するバイク(ドゥカティ製)を発表した。 ヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンは昨シーズン、それぞれ4回の表彰台を獲得した。

 

レッドブルKTMファクトリー・レーシング

2輪の最高峰クラスとKTMは、オーストリアのメーカーがすでに慣れ親しんだ最高の技術的ノウハウで作られたKTM RC16で、2017年に初めて契約を結ぶ。 スタート直後から、上位陣との差を縮め、あらゆる面で競争力を発揮することに主眼を置いていた。 ブラッド・ビンダーが362.4km/hという歴代最高速度を記録したのを皮切りに、ミゲル・オリベイラがカタルーニャで、チームメイトがスピルバーグで優勝するなど、2021年は素晴らしい結果をもたらした。 したがって、2022年シーズンへのアプローチは、レッドブル・チーム(公式タイトルスポンサー)にとって最高のものとなるに違いない。

 

レプソル・ホンダ・チーム

ホンダ・レーシング・コーポレーション(HRC)としても知られるレプソル・ホンダ・チームは、1954年に設立されたにもかかわらず、1982年に独立を果たした。 現在も本田技研工業が所有し、マルク・マルケスをチームに擁している。 彼とチームメイトのポル・エスパルガロは2021年に期待を下回る結果を残したが、2022年は昨シーズンのコンストラクターズ選手権4位を上回ることを目標としている。

 

チーム・エクスター・スズキ

ジョアン・ミールがライダーズ・クラシフィケーションのトップ3に入るという素晴らしい結果を残した2021年を経て、チーム・スズキ・エクスターはまたエキサイティングなシーズンに向けて準備を進めている。 GSX-RRには多くの新機能とアップデートが施され、見た目だけでなくフェアリングの下も競争力のあるバイクとなっている。 2022年シーズンにおける日本チームの目標には、ライダー(アレックス・リンスがスペイン人ライダーと並ぶ)の確認と、各レースで最高ポイントを獲得し続けることの両方が含まれている。

 

テック3 KTMファクトリー・レーシング

トップバイククラスにおけるフランスチームの誇り高き歴史は、1989年に始まった。 テック3・KTMファクトリー・レーシング・チームは、2度の世界チャンピオンに輝いたダニロ・ペトルッチと才能豊かなスペイン人ライダー、イケル・ルクオナの活躍により、非常に満足のいく2021年を過ごした。 オーストリアのメーカー、KTMとの2022年のコラボレーションでは、両マシンのサドルが入れ替わる。新たにMoto2世界チャンピオンに輝いたレミー・ガードナーと、同カテゴリー2位のラウル・フェルナンデスが、その飛躍を求められる。

 

WithUヤマハRNF MotoGPチーム

マレーシアのチームは2019年にMotoGPデビューを果たし、2021年まではセパン・レーシングとして知られ、ヤマハYZR-M1にはフランコ・モルビデリとファビオ・クワルタラーロが乗る。 昨シーズンは少なからぬ困難に見舞われたが、それでもこのスポーツを象徴するライダー、バレンティーノ・ロッシにとっては最高峰クラスでの最後のシーズンとして記憶されるだろう。 アンドレア・ドヴィツィオーゾとダレン・ビンダーの加入により、2022年の日本車は大きく変わる。

 

 

 

*すべてのアイテムを合計すると、上記の276に対して272になります。 これは、各チームの公式スポンサーリストに記載されているにもかかわらず、製品カテゴリーや参照サイトが定義されていないスポンサーがあるためである。

**モータースポーツ中継 – “Live MotoGP peaks with 472,000 viewers on ITV as broadaster enters new deal” –https://motorsportbroadcasting.com/2021/08/31/live-motogp-peaks-with-472000-viewers-on-itv-as-broadcaster-enters-new-deal/amp/)

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Silvia Schweiger
Silvia Schweiger
ロンドンを拠点に25年以上モータースポーツを専門とするスポーツ・マーケティング会社、RTRスポーツ・マーケティング社のエグゼクティブ・マーケティング&コマーシャル担当アソシエイト・ディレクター。
Recent Posts

Leave a Comment

MotoGP2022スポンサー一覧, RTR Sports
MotoGP2022スポンサー一覧, RTR Sports