In スポーツ・スポンサーシップ, スポーツ・マーケティング, フォーミュラ1, フォーミュラ1


フォーミュラ・ワン
モータースポーツの最高峰であるF1は、近年、驚異的な経済成長を遂げている。 この記事では、この比類なき成功とF1が数十億ドル規模の産業へと変貌を遂げた要因について掘り下げていく。 人気の高まりから革新的な技術の進歩に至るまで、このスポーツは新たな高みに到達し、収益を高め、スポンサーを惹きつけ、世界中の観客を魅了している。

高騰するF1人気

F1の人気は空前のレベルにまで急上昇しているが、これにはさまざまな要因がある。 2022年だけで、このスポーツは25億7000万ドルという驚異的な収益を上げたが、これは記録的な観客動員数と視聴率によるところが大きい。 オースティン、マイアミラスベガスといった都市でレースが開催され、アメリカ経済に大きく貢献している。

F1チームの前代未聞の経済成長:急成長の要因を探る, RTR Sports

スポンサーシップF1チームの屋台骨

F1チームの主な収入源のひとつは スポンサーシップによるもので、これは近年急激に伸びている。 2010年から2018年まで、
F1スポンサーが投資した金額は178億ドルにのぼる。
そのうち11.8%をフェラーリが占めている。 スポンサー契約は、チームのブランド力やトラックでのパフォーマンスに応じて、年間6桁台前半からタイトルスポンサーになると6,000万ドル以上にもなる。 このようなスポンサーシップの流入は、チームの経済的安定を促進するだけでなく、サーキットでの競争も激化させている*1

セレブリティへの投資とその影響

F1の人気上昇と有望な将来性は、影響力のあるセレブリティの注目を集め、F1への多額の投資につながっている。 ライアン・レイノルズや マイケル・B・ジョーダンのような著名人がF1への関心と関与を示し、潜在的な成長を示唆するとともに、F1へのさらなる注目を集めた。 このようなセレブリティの投資は、資金的な裏付けを提供するだけでなく、このスポーツの世界的な魅力とリーチを増幅させた。

予算キャップによる財政の持続可能性

近年、予算上限が導入されたことで、F1の財政状況は新たな局面を迎えている。 これらのキャップは、チームの財政的な持続可能性を確保し、責任ある支出を奨励し、より公平な競技場を育成する上で重要な役割を果たしてきた。

収入の増加により、2023年の予算上限は1億3,500万米ドルとなり、各チームはその恩恵を享受している。
その結果、F1チームの平均価値は驚異的な伸びを見せた。

F1スポンサー費用

F1チーム評価の急上昇

最新の数字によると、F1チームの平均価値は2019年以降276%増の 18億8000万米ドルという 驚異的な伸びを記録している。 これは単に印象的というだけでなく、まさに驚くべきことであり、このスポーツの人気の高まりとビジネスの確かな可能性を物語っている。

フェラーリとメルセデスはそれぞれ39億ドルと38億ドルという途方もないバリュエーションで並んでいる。 メルセデスは、2023年の収益予測でフェラーリに7億米ドルの差をつけている

他の選手はどうなんだ? 小さなチームは存在しない!

レッドブルと マクラーレンは、それぞれ20億ドル(約2,000億円)以上の評価を得ている。 2023年の収益はそれぞれ5億1,000万米ドルと 4億9,000万米ドルに達する予定である。 アストンマーティン、アルピーヌアルファタウリもこの10億ドルクラブに名を連ねている
アルファロメオハースウィリアムズのような下位のチームでさえ、それぞれ数億ドルの価値を持つ

戦略的株式取得のインパクト

F1の経済成長を語る上で、戦略的な株式取得は欠かせない。アウディによる ザウバーの75%株式取得という画期的な動きは、この加速する成長に拍車をかけ、以前のオファーをほぼ倍増させ、F1の財務取引における新たな基準を打ち立てた。

高まるメディア権とその重要性:バリュエーション向上の起爆剤

何がこのような高騰を引き起こしているのだろうか? それを加速させる重要な要因のひとつが、世界的な視聴者数の増加である。 2022年には、1レースあたり平均7000万人がスクリーンに釘付けになる。 一例を挙げると、主要なターゲット市場であるアメリカでも大きな成果を上げており、視聴者数は前年比36%増の2022年には1レース平均120万人に達する1*。

つまり、メディア放映権の普及がF1の財政的成長に大きく寄与しているのだ。 メディア放映権の価値は、2029年までに14億ドルに達すると予測されている。F1とLive Nationのコラボレーションは、その収益源をさらに強化し、関係者双方にとってWin-Winの状況を作り出している。 この提携はラスベガス・グランプリで新たなピークを迎えようとしており、チケット販売とホスピタリティ関連の収益予測では、約5億米ドルを巻き上げる可能性があるという。 F1コンテンツへの需要の高まりとスポーツの魅惑的な性質により、メディア放映権はビジネスにおいてさらに有利な側面となっている。

F1スケジュールの拡大と多様化

その上昇軌道を維持するため、 F1は スケジュールの拡大と多様化のための戦略的なステップを踏んできた。 6つのスプリントレースの導入、ラスベガスでのナイトレース開催、女性だけの育成カテゴリーの立ち上げといったイニシアチブは、視聴率を向上させ、より幅広い観客層を惹きつけることを目的としている。 これらの取り組みにより、2023年シーズン中に20のブランドパートナーから3億6,050万ドルのスポンサー収入が得られると予測されている。

技術的進歩が成長を牽引

1950年のF1創設から現在の数十億ドル規模の地位まで、F1の歩みは絶え間ない技術の進歩に支えられてきた。 エアロダイナミクスとエレクトロニクスの革新は、自動車の性能を向上させただけでなく、より広範な技術の進歩を促し、社会全体に恩恵をもたらした。 F1の競争力へのコミットメントは、メーカーやエンジニアを技術革新の限界に挑戦させ、レーストラックをはるかに超える画期的な進歩をもたらした。

F1経済成長の波及効果

F1のエコシステムの繁栄は、チームやモータースポーツ業界に恩恵をもたらすだけでなく、さまざまな分野に波及効果をもたらす。 このスポーツの経済成長は、熟練したエンジニアからサポートスタッフまで、サーキットの内外で数多くの雇用機会を生み出してきた。 さらに、F1レースには世界中から何千人もの観客が集まり、観光業を後押しし、地域経済を活性化させる。ホスピタリティ、交通、エンターテインメント産業はすべて、F1イベントから報酬を得ている。

結論

結論として、近年のF1チームの前代未聞の経済成長は、さまざまな要因が絶妙にブレンドされた結果だと言える。 記録的な観客動員数と視聴率に後押しされたF1人気の高まりは、特にアメリカ市場における収益源の拡大に道を開いた。スポンサーシップはF1チームの主要な財政的バックボーンとして台頭し、多額の投資を呼び込むとともに、サーキットでの熾烈な競争を促進している。

バジェット・キャップの導入はF1の財政的な持続可能性をさらに強固なものにし、チーム価値の著しい上昇をもたらした。 F1の魅惑的なコンテンツが世界中の観客を魅了し続けているため、メディア権の価値も急激に伸びている。 F1の拡大やスケジュールの多様化は、絶え間ない技術革新と相まって、2024年以降、毎年24のスリリングなレースを開催する数十億ドル規模の産業としての地位を維持するのに役立っている。

F1の経済成長の波及効果は広範囲に及び、雇用機会を提供し、観光を刺激し、スポーツに関連するさまざまな産業に利益をもたらしている。 ビジネスセンス、革新性、そして魅惑的なレースアクションの適切なミックスによって、F1は比類なき成功への道筋を描き、世界的なスポーツ大国、そして経済大国としての地位を確固たるものにしてきた。

ブラッド・ピットがF1を題材にした新作映画を待ち望み、その映画が世界の観客に与えるであろう人気という意味での影響に興味を抱きつつ、ベルトを締める

*https://www.forbes.com/sites/mikeozanian/2023/07/19/formula-1s-most-valuable-teams-2023/?sh=3e79da4f2adb

 

 

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

F1チームの前代未聞の経済成長:急成長の要因を探る, RTR Sports
F1チームの前代未聞の経済成長:急成長の要因を探る, RTR Sports