In フォーミュラ1, フォーミュラ1


フォーミュラ1
モーターレースの最高峰として知られるF1は、その高速性、卓越した技術精度、そして激しいライバル関係で、常に世界中のファンを魅了してきた。 しかし、その環境フットプリントについては、常に厳しい目を向けられてきた。 F1にまつわる騒音、排気ガス、公害のせいで、F1は誤解に包まれている。 こうした俗説を否定し、F1が環境に与える影響の背後にある現実に光を当てることは極めて重要だ。

誤解1:F1マシンから排出される炭素が公害の主な原因である

しばしば、高速でガソリンを大量に消費するF1マシンが、二酸化炭素排出、ひいては環境汚染の主な原因であると指弾される。 これらのマシンが貢献していることは否定できないが、それが最大の原因であるとは言い難い。

実際のところ、サーキットを走るすべてのF1マシンから排出される二酸化炭素は、このスポーツの二酸化炭素排出量全体の1%にも満たない。 この数値には、テストや練習走行を含むレース週末全体の排出量が含まれている。 排出量の大部分(約45%)はロジスティクスに起因するもので、毎年世界各地で開催される20以上のレースへのチーム機材や人員、そしてF1の広大な移動サーカスの輸送に使われる。 もうひとつの大きな部分(約27.7%)は、職員の出張と宿泊によるものである。

F1は、二酸化炭素排出量を削減するため、オーストリアGPで環境に優しい独自のパドック発電所をテストしている。 2030年までにネット・カーボン・ゼロを達成するため、この発電所では水素化植物油(HVO)バイオ燃料やソーラーパネルなどの持続可能な資源を使用した。 レッドブルリンクにあるこの発電所は、パドック、ガレージ、ピットレーンにエネルギーを供給していた。 F1はこの取り組みで排出量を約90%削減することを目指しており、CO2排出量を200トンから10トンに削減できる可能性がある。 オーストリアでのトライアルは、このモデルが将来のイベントでも実施可能かどうかを判断するものであり、F1の持続可能性へのコミットメントを支援するものである。

f1スポンサー誤解2:F1は持続可能なイノベーションに貢献しない

批評家の中には、F1はそのハイテンションなスポーツ・スペクタクルで、持続可能なイノベーションという広範な領域にはほとんど貢献していないと主張する者もいる。 しかし、この視点には深い欠陥がある。

実際のところ、F1は最先端技術の温床となっており、そのなかには持続可能なモータースポーツにとって重要な意味を持つものもある。 このスポーツは、運動エネルギー回生システム(KERS)やエネルギー回生システム(ERS)といったエネルギー回生システムにおける進歩のパイオニアであり、両システムは現在、ハイブリッド車の設計に不可欠な要素となっている。 さらに、F1は軽量素材と効率的なエアロダイナミクスを開発するリーダーであり、どちらもロードカーの燃費を大幅に向上させることができる。

誤解3:F1は環境負荷を減らす努力をしていない

もうひとつの誤解は、F1がカーボンフットプリントの削減に取り組んでいないと思われていることだ。 しかし、これは真実からかけ離れたものではない。 F1は、2030年までに炭素排出量ゼロを達成するという野心的な計画を発表した。 この包括的な計画には、後方支援業務、移動、コース上での活動も含まれる。 さらに、2025年までには、すべてのF1イベントが持続可能なものとなることを目指しており、使い捨てプラスチックを排除し、すべての廃棄物が再利用、リサイクル、または堆肥化されるようにすることに重点を置いている。

サーキットでは2014年からF1マシンがハイブリッド・パワーユニットを採用し、排出ガスを大幅に削減している。 さらに、F1はバイオ燃料への移行を推進しており、2025年までに完全に持続可能な燃料を使用することを目指している。

f1スポンサー誤解4:F1はガソリンエンジンを捨て、完全電動化すべきだ

フォーミュラEの出現
フォーミュラE
完全な電気レースシリーズであるフォーミュラEの出現により、F1はガソリンエンジンを完全に放棄すべきだという声が高まっている。 しかし、この視点は課題を単純化しすぎている。

F1とフォーミュラEは目的が異なるフォーミュラEは電気自動車技術を発展させ、電気自動車の普及を促進することを目的としている。 一方、F1は動力源に関係なく、自動車技術の限界に挑戦するものだ。 2021年現在、世界の自動車の約98%が依然として内燃機関(ICE)を動力源としていることを忘れてはならない。 したがって、燃費の改善や持続可能な燃料の開発など、ICE技術の進歩は、依然として世界の排出量に即座に大きな影響を与える可能性がある。

結論

F1の世界も環境問題に対する批判は少なくないが、その多くは誤解に基づいている。 先駆的なグリーン・テクノロジーから野心的なカーボンニュートラル目標まで、スポーツが持続可能性に向けて前進していることを認識することは極めて重要だ。

ファンとして、私たちが愛するスポーツについて、情報に基づいた議論を促進することは私たちの責任だ。 こうした神話を払拭することで、私たちはトラック上での戦いだけでなく、より持続可能な未来に向けてF1が行っているトラック外での努力も評価することができる。 私たちは、このスポーツが限界に挑戦し続けることを奨励し、環境へのコミットメントを追求する責任を負うべきである。 そうして初めて、私たちはF1のスペクタクルを心から楽しむことができ、スピードのスリルが地球を犠牲にする必要はないと知ることができるのだ。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Silvia Schweiger
Silvia Schweiger
ロンドンを拠点に25年以上モータースポーツを専門とするスポーツ・マーケティング会社、RTRスポーツ・マーケティング社のエグゼクティブ・マーケティング&コマーシャル担当アソシエイト・ディレクター。
Recent Posts

Leave a Comment

神話を覆すF1と環境への影響, RTR Sports
神話を覆すF1と環境への影響, RTR Sports