In スポーツ・スポンサーシップ, スポーツ・マーケティング, フォーミュラ1, フォーミュラ1

モータースポーツのスポンサーシップ
モータースポーツのスポンサーシップ
は、マーケティングの専門家にとって重要な仕事である。 常に変化し続ける業界の状況について貴重な洞察を提供し、意思決定プロセスの指針となる。モータースポーツにおけるスポンサーシップ契約は重要な投資であり、その動向はチーム/リーグとスポンサーブランドの双方の戦略プランニングに深く影響する。 要するに、こうした傾向を理解することは、投資収益率を最適化するだけでなく、マーケティング・キャンペーンの効果を高めることにもつながる。

長期契約から短期契約へ

モータースポーツのスポンサーシップにおける重要な傾向のひとつに、契約期間の短縮化がある。 従来、ブランドは5年以上の契約を結び、長期的なパートナーシップを確保していた。 しかし、契約期間は1~2年の短期契約へとシフトしている。これによってブランドは、変化する市場力学やファンの嗜好に適応し、対応するための柔軟性が高まった。 しかし、常に新しいパートナーシップを模索しなければならないチームやリーグにとっては、不安定な要素をもたらす。

より短い契約は、ブランドがより機敏に予算を振り向けることを可能にするが、資金調達が不透明な場合、チームが数年先の計画を立てることは難しくなる。

アストンマーティンF1

デジタルのすべて

モータースポーツにおけるハイテク/デジタルブランドの台頭は 、もうひとつの重要なトレンドである。 テクノロジーは私たちの生活のあらゆる面に影響を及ぼしており、デジタル・ブランドはモータースポーツを含む新たなマーケティング領域に進出している。 このトレンドは、データやデジタル・エンゲージメントの力を活用するなどの新たな機会をもたらす一方で、従来のスポンサーにとっては競争の激化をもたらす。 メルセデス・ベンツとドルビーラボラトリーズとのドルビーアトモス技術のコラボレーションのように、モータースポーツにテクノロジーが注入されることは、この傾向を明確に示している。

モータースポーツがAI、VRビッグデータ解析のような先進技術を取り入れることで、新しい技術パートナーのためのスペースが生まれる一方で、適応できないブランドは取り残される。

アクティベーション対ブランド露出

単なるブランド露出からアクティベーションへのシフトは、モータースポーツのスポンサーシップにおいて極めて重要な進化である。 今日、ブランドはソーシャルメディア、体験型マーケティング、コンテンツ制作を通じて、より深いファンとの関わりを求めている。 もはやロゴの存在感だけでなく、ファンとの有意義なつながりを生み出すことに焦点が当てられている。 例えば、2023年に成功するスポンサーシップ契約は、単なる知名度にとどまらず、企業とターゲットオーディエンスのつながりを促進することを優先している。 このトレンドは、ブランドが製品をクリエイティブに紹介し、顧客を惹きつけるためのプラットフォームを提供する。

持続可能性

環境の持続可能性が重視されるようになっている。
環境の持続可能性
も、スポンサー契約に影響を与える傾向のひとつである。 モータースポーツ、特にフォーミュラEのようなシリーズは、環境に優しい取り組みに積極的に投資している。 スポンサーシップ契約もこれを反映して進化しており、持続可能なモータースポーツに賛同するブランドが増え、こうしたパートナーシップを活用して自社のグリーン・イニシアチブをアピールしている。 気候変動への関心が世界的に高まるなか、スポンサーはレース契約を通じて環境に配慮した慣習を強調し、環境意識の高いファンとの接点を持ちたいと考えている。

F1スポンサーコスト上昇

モータースポーツのスポンサーシップ、特にF1におけるコスト
フォーミュラ・ワン
は指数関数的に上昇している。 世界のモータースポーツ市場は2028年までに74億7000万ドルに達すると予想されており、賭け金は大きい。

トップ契約のコスト増は、スポンサーシップの状況に大きな影響を与えており、このようなプレミアム・パートナーシップを確保できるのは、最も成功しているグローバルブランドだけである。 例えば、オラクルは最近、レッドブル・レーシングと5億ドルを超える5年契約を結んだ。 価格が高騰するにつれ、多くのブランドがトップセールから値崩れしている。

F1などさまざまなモータースポーツシリーズを例に挙げる、
MotoGP
フォーミュラEWEC インディカーなど、さまざまなモータースポーツシリーズを例にとると、前述の傾向が明らかになる。 F1での契約は、アマゾンウェブサービスのような大きなテクノロジーパートナーがグリッドに加わるというシフトを反映している。MotoGPの契約は、モンスター・エナジーのキッズゾーン活性化のように、コンテンツ制作とファン体験への欲求を強調している。フォーミュラEのパートナーシップは、環境価値を促進する持続可能性への取り組みを示している。 トップシリーズ全体において、コストは上昇しており、ブランドによる価値の活性化がより求められている。

結論として

これらのトレンドは、ブランドやチーム・リーグにとって広範囲に影響を及ぼす。 ブランドにとって、アクティベーションと短期契約へのシフトは、よりダイナミックでレスポンシブなマーケティング戦略を必要とする。 ブランドは、ロゴだけでなく、コンテンツや体験を通じて、説得力のあるナラティブや有意義なファンとの関わりを生み出すことに注力しなければならない。 また、予算を振り向ける柔軟性も組み込まなければならない。 チーム/リーグにとって、このような状況に適応することは、デジタル機能を取り入れ、サステナビリティの進捗状況を示し、ブランドに多様なアクティベーションの機会を提供することを意味する。 コストが上昇する中、権利者はブランド露出以上の具体的な価値を明確に示す必要がある。

結局のところ、モータースポーツにおけるパートナーシップの成功には、スポンサー、チーム、そして最も重要なファンなど、すべてのステークホルダーに価値を生み出すことが必要なのだ。 今日の状況では、ブランドは認知だけでなく、コンテンツや体験を通じてオーディエンスを惹きつけることを意味する。 つまり、データ、デジタル・プラットフォーム、サステナビリティ・イニシアチブを活用し、パートナーを惹きつけるチームということだ。 そしてそれは、ファンをすべての活動の中心に据えることを意味する。 モータースポーツのスポンサーシップにおけるこのような進化する傾向を理解し、それに応じてパートナーシップを調整するブランドは、スポーツを前進させながらROIを最大化するために最適な立場になるだろう。

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
ボローニャ大学法学部卒業。ロンドンでPRのキャリアをスタートさせ、その後、二輪車と四輪車の仕事を始めた。その後、イタリアに戻る前にモナコに短期間移り住んだ。そこで彼はRTRを設立し、最初はコンサルティング会社、次にスポーツ・マーケティング会社を立ち上げ、最終的にはロンドンに戻った。
Recent Posts

Leave a Comment

モータースポーツのスポンサーシップにおける2023年のトレンドを分析:アクティベーション戦略とブランド目標, RTR Sports
モータースポーツのスポンサーシップにおける2023年のトレンドを分析:アクティベーション戦略とブランド目標, RTR Sports