In スポーツ・スポンサー, スポーツ・マーケティング

2024年のスーパーバイク世界選手権(WSBK)は、ライダーとチームの状況に大きな変化があり、エキサイティングなものになることが約束されている。 今シーズンは、例年に比べてレース数が減少するにもかかわらず、高いレベルの技術的かつ競争的な競争が繰り広げられる。

スーパーバイク2024:グリッドはいくつ変わる?

ROKiT・BMWモトラッド・ワールドSBKチームに移籍するトプラク・ラズガトリオグルの後任として、過去10年にわたって圧倒的な強さを見せてきたジョナサン・リーがパタ・ヤマハ・プロメテオン・ワールドSBKチームに加入する。 世界チャンピオンのアルバロ・バウティスタはAruba.it Racing – Ducatiに残り、ニコロ・ブレガはボルゴ・パニガーレ・チームに加わる。

さらに、チーム・ゴーイレブンで戦うアンドレア・イアンノーネの復帰にも大きな期待が寄せられている。 限られたレース数ではあるが、WSBK2024はスリリングなレース展開とライダー、メーカー間の高い競争力を約束する。

技術および規制の変更

スーパーバイク2024では、バイクの性能とレースのダイナミクスに影響を与えるいくつかの技術革新が行われる。

主な変更点のひとつはタンク容量で、2024年から21リットルに削減される。 さらに、ライダーとバイクの合計重量が導入され、1分間の回転数に制限が設けられる。 これらの変更は、ドルナ、FIM、メーカーの代表で構成されるスーパーバイク委員会によって、バランスの取れたバイク性能を確保し、環境と安全のガイドラインを推進することを目的に制定された。

もうひとつの重要な技術革新は、燃料流量の制御に関するものだ。 2025年からは燃料流量制御システムの使用が義務付けられ、2024年には各メーカーのバイク2台に燃料流量計を取り付け、テストやレース中のデータを記録しなければならなくなる。

これらの技術的な変更は、選手権をより公平なものにし、環境ガイドラインに沿ったバイクの将来的な発展を促進することを目的としている。 これらの技術革新が、2024年のスーパーバイク世界選手権におけるバイクのパフォーマンスとレースのダイナミクスにどのような影響を与えるのか、興味深いところだ。

 

トプラク・ラズガトリオグル

スーパーバイク:2024年の新カレンダーと新ポイント

2024年の選手権では、レースの進行や競技の力学に影響を与えるようなスポーツの革新がいくつか行われる。

主な特徴のひとつは、レース数が12戦に絞られることで、そのうち11戦がヨーロッパで開催され、ヨーロッパ以外ではオーストラリアのフィリップアイランドで開催される1戦のみとなる。 このカレンダー縮小はドライバーとチームの戦略に影響を与える可能性があり、最終的な順位決定には各レースがより重要になる。

さらに、ライダーとバイクの最低重量が設定される。これは2023年にすでに計画されていたが、シーズン開幕直前に中止された。 この合計重量はまだ発表されておらず、すべての組み合わせで同じである必要はない。 この技術革新は、バイクのバランスのとれた性能を確保し、環境と安全のガイドラインを推進することを目的としている。

最後に、コンセッションポイントシステムも変更され、各ブランド間の成績のバランスを改善するため、上位5位まで拡大される。 これらのスポーツ・イノベーションは、2024年スーパーバイク世界選手権をさらにエキサイティングで予測不可能なものにするのに役立つだろう。

スーパーバイク世界選手権(WSBK)の各チームは、一連の調整と戦略を通じて、2024年の技術革新に備えている。 ライダーとバイクの合計重量、回転数の制限、タンク容量の減少など、新たな技術的規制に対応している。 これらの変更には慎重な計画が必要で、チームはマシンの性能を再調整し、変更に適応するための新たなレース戦略を立てなければならない。

さらに各チームは、2025年から義務化される燃料流量制御システムなど、必要な新技術の統合にも取り組んでいる。 このため、メーカーやチームは新規制に対応するための開発や適応作業が必要となる。

テストから新年へ

ヘレスで開催されるようなプレシーズンテストは、新しいレギュレーションのもとでマシンのパフォーマンスを評価し、シーズン開幕前に変更を加える機会をチームに提供する。 さらに、チームはドライバーと緊密に協力し、パフォーマンスを最適化し、新しいコンディションにドライビング戦略を適応させている。

要約すると、WSBK2024の各チームは、競争力と新レギュレーションへの適合性を確保するために、適応、開発、計画作業を通じて技術的な変更に対処している。

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

スーパーバイク2024:コート、レギュレーション、新戦略の変更, RTR Sports
Toprak Razgatlioglu