In スポーツ・スポンサーシップ

これは大きなジレンマだ。自分の直感に従うべきか、それとも数字を調べるべきか。 数字はウソをつかない。 だが、その前に提案したいのは、楽しくて魅力的なものを選ぶことだ。 ファンがソファに飛び乗り、もっと見たいと切望するようなものを。

スポーツはエンターテインメントであり、つまらないショーとブランドを結びつける余裕はない。 映画館で消化不良の映画を観たことがあるだろうか? その後、友人たちに観に行こうとは言わなかったはずだ。 もしあなたが満足していないのであれば、あなたは人々に行くことを勧めないだけでなく、実際には友人を気遣うあまり、人々に行くことを思いとどまらせることになる。

スポーツでも同じことが起こり、スポンサーシップ・プログラムの潜在的な成果を削いでしまう可能性がある。

だから、あなたが望む最後のことは、楽しませてくれないショーに関わることであり、悲しいことに、私はこれまでで最も好きなスポーツのひとつと言わなければならない、 F1, 最も重要なドライバーの何人かが、自分たちも退屈していると公言するほどだ。

最近読んだF1に関する記事の一部を添付する。

http://www.espn.com/f1/story/_/id/23623208/lewis-hamilton-monaco-grand-prix-was-most-boring-race-my-life

http://www.dailymail.co.uk/sport/formulaone/article-5544407/Max-Verstappen-blasts-boring-completely-worthless-F1-Australian-Grand-Prix.html

https://www.crash.net/f1/news/898122/1/raikkonen-expectations-canadian-gp-meant-it-was-boring

スポンサーになるスポーツはどのように選べばよいですか? クイックガイド, RTR Sports

選び方

しかし、スポーツが企業にとって素晴らしいツールとなるためには、どのような特徴が必要なのだろうか?

  1. 魅力的で楽しい
  2. 最近の注目度は昔より短くなっている
  3. 国際的(特に複数の国で事業を展開する場合)
  4. 大々的なテレビ中継(多くの観客が視聴し、できれば一部または大半のイベントは有料テレビだけでなく、一般のテレビでも放映されることが望ましい)
  5. ソーシャルメディアでの強い存在感
    ソーシャルメディア
  6. 番組視聴のための代替デジタルプラットフォーム– ストリーミング
  7. クリーン(特定の種目はドーピングの影響が少ないか、まったくない)
  8. 持続可能一部のスポーツは、二酸化炭素排出量を相殺する戦略を実施したり、電気自動車を導入したりしている。

これは、スポーツを選択する際に探すべき基本であり、これらのボックスのほとんどを満たすことができれば、どんなスポーツでもよい。 このような特徴を持つスポーツを絞り込んだら、次のステップはその種目の価値とリンクしている。

同時に、商業的、マーケティング的な目標についても考えなければならない。 最後に予算だ。 年間の活動実施に十分な予算を確保しなければならない。

モトGP-2018

コミュニケーション、プロモーション、コンペティション

最後に、私たちは、このような問題を測定するためのすべてのツールのセットアップについて考えなければならない。 ROI。 今、あなたはすべての適切な機能を備えた魅力的なスポーツを選択し、プログラムに付属するすべての機会を最大限に活用するためにスポンサーシッププランを構築するための適切な位置にあります。 一般的な例を網羅したスキームをご希望の場合は、こちらのリンクをご参照ください:スポンサーシップ・プランとは

F1とMotoGPの比較を見てみよう。

http://www.gq-magazine.co.uk/article/why-motogp-is-better-than-formula-1

https://www.motorsportmagazine.com/opinion/motogp/motogp-bigger-formula-1

https://www.eurosport.co.uk/formula-1/lauda-motogp-is-better-than-f1-which-is-just-too-easy_sto4860816/story.shtml

スポンサーシップに関するお問い合わせは、info@rtrsports.comまでご連絡ください。

 

 

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

1995年以来、私たちはあらゆる業界の企業が最高のスポンサーシップ契約を結ぶお手伝いをし、国際モータースポーツの最高峰とブランドを結びつけてきました。下のボタンをクリックして、スポンサーシップ・スペシャリストにお問い合わせください。

お問い合わせ

Riccardo Tafà
Riccardo Tafà
Riccardo was born in Giulianova, graduated in law at the University of Bologna and decided to do something else. After a stint at ISFORP (public relations training institute) in Milan, he moved to England. He began his career in London in PR, first at MSP Communication and then at Counsel Limited. Then, following his unhealthy passion for sport, he moved to Jean Paul Libert's SDC and started working in two and four-wheelers, this was in 1991/1992. A brief move to Monaco followed, where he worked alongside the owner of Pro COM, a sports marketing agency founded by Nelson Piquet. He returned to Italy and started working in the first person as RTR, first a consulting firm and then a sports marketing company. 
Back in 2001 RTR won the ESCA award for the best sports MKTG project in Italy in the year 2000. Among other things, RTR obtained the highest score among all categories and represented Italy in the ESCA European Contest. From that moment on, RTR will no longer participate in other national or international awards. Over the years he takes some satisfaction and swallows a lot of toads. But he is still here, writing in a disenchanted and simple manner, with the aim of giving practical (unsolicited) advice and food for thought.
Recent Posts

Leave a Comment

スポンサーになるスポーツはどのように選べばよいですか? クイックガイド, RTR Sports
スポンサーになるスポーツはどのように選べばよいですか? クイックガイド, RTR Sports