In MotoGP, カテゴリーなし

MotoGPのローダウンはバイクの地上からの高さを調整する機械的な装置で、レースの特定の段階でグリップとパフォーマンスを向上させる。

MotoGPローダウンシステム:誕生

MotoGPのローダウンシステムは、2019年にドゥカティが、プロトタイプの電子制御開発を事実上妨げる規制上の義務から、GP19に初めてリアサスペンションに影響を与える機械装置を搭載し、最低地上高を下げてトラクションを向上させることで誕生した。

ドゥカティは当初、このローダウン装置をレースのスタートに役立つ装置として考えていた。より低くコンパクトになり、ウイリーする可能性が少なくなることで、バイクはスタート時にすべてのパワーを地面に伝えることができ、より効果的にスタートできる。 この機構は、グリッド上のライダーがハンドルの近くに設置されたコントロールを使って手動で操作する。ロワリング装置(ホールショット)はすぐに大きな音を立て、MotoGPのレギュレーションに適合していると判断される。

MotoGPローラー

ホールショットの成功とその後の進化

当初から、ボルゴ・パニガーレが導入した策略に対する意見は分かれていた。革新的なブランドによる新たな天才的な一撃として、この車高降下装置を評価する人々と、一方で、危険を増大させ、スペクタクルに何の足しにもならない、無駄で不自然な飾りだと考える人々だ。 議論が進むにつれ、他のハウスも同じシステムを採用し、その進化に貢献している。

ホールショットの自然な発展は、スタート時だけでなく、加速が決定的でトラクションがより重要になるレースステージでもホールショットを使うことだ。 常にライダーが手動で操作するこのローダウン装置は、エンジンのパワーをフルに発揮させることが重要なストレートでも、またカーブを曲がるときにバイクが上方に振られるのを防ぐために登場する。

2022年末、ドゥカティは再び、今度はフロントホイールに接続されたローダウン装置をサーキットに持ち込む。ボルゴ・パニガーレがプロトタイプにもたらしたもうひとつの革新であり、多数のエアロダイナミクス・ウィング、リアホイール前の「スプーン」に続くものである。 無謀すぎると判断された “ロッサ “の進化には多くの不満があったが、今回のレギュレーションはその批判が正しいことを証明した。 2023年以降、フロント・ローダウン装置、および前輪の高さに作用するその他の装置、すなわち車高装置は禁止される。

今日のローラーと2027年のレギュレーション

リア・ローワーは、遅かれ早かれドゥカティが持ち込んだアイデアを採用したグリッド上の全チームが採用している。 しかし、これらの装置は短命に終わる運命にある。 2027年に施行されるMotoGPの新レギュレーションでは、コストを抑え、競争力を高め、プロトタイプが日常的に使用されるバイクとの差を縮めるために、プロトタイプの使用を明確に禁止している。

後者については、強調するに値する茨の道である。 その可否はまだ決まっていない。
MotoGP
がスペクタクルのみに特化した選手権なのか、それとも開発のための最も極端な場であり、各メーカー間の技術競争の究極の場なのかを決定する必要がある。 ドライバーの間でも、より本物らしく、より技術的でないバトルを望む者と、その代わりにプロトタイプの純粋なコンセプトを賞賛する者という法理がある。これも要するに、決断しなければならないことなのだ。

 

最高のスポンサー契約を結ぶお手伝いができますか?

Emanuele Venturoli
Emanuele Venturoli
ボローニャ大学で公共・社会・政治コミュニケーションを学び、マーケティング、デザイン、スポーツに情熱を注いできた。
Recent Posts

Leave a Comment

Motogp regulations 2027
MotoGPローダウンシステム:その概要と仕組み, RTR Sports